”忍者”をデッキレシピ付きで紹介!トリッキーな動きで相手を翻弄!

【遊戯王】デッキ解説記事

こんにちは!『Re:(り)』です!

リアルでは所謂”カードショップ店員”として生活しつつ、個人的な趣味で『Re:blog』を運営しています。

当ブログ『Re:blog』では、TCG関連の最新情報や、大会で使われているデッキや安くて長く遊べるデッキを紹介するデッキ解説記事などを投稿しています。

前述した通り、筆者は”カードショップ店員”というわけで、そのキャリアを存分に活かして深い情報を提供できるブログを目指して、日々精進しています。

皆さまのお役に立てるような情報を提供できれば幸いです。

Re
Re

主にデッキ解説記事と高騰情報をまとめた記事を投稿しています!

デッキを作る際や、手持ちのカードを整理する際に参考になれば幸いです!

今回記事で解説するデッキは、”忍者”です!

”忍者”は新規カードが登場したことにより、強力になった昔から存在しているテーマの一つです。

特に”忍者”の融合モンスターである『戎の忍者-冥禪』が強力であり、相手の効果に反応して、デッキから”忍者”モンスターを展開することができます!

この効果は裏側守備表示で特殊召喚することができるのですが、”忍者”にはリバース効果持ちのモンスターも多数存在するため、相手にすると非常に厄介と言えるでしょう!

今回はそんな”忍者”をデッキレシピ付きで解説していきます!

”忍者”はこんなデッキ!

①新規カードが登場したことにより、強力になった昔から存在しているテーマの一つ!

②『戎の忍者-冥禪』が強力であり、相手の効果に反応して、デッキから”忍者”モンスターを展開することが可能!

③”忍者”にはリバース効果持ちのモンスターも多数存在するため、相手にすると非常!

”忍者”はこんな方におすすめ!

①トリッキーが動きをするデッキが好きな方!

②低価格でデッキを組みたい方!

③複雑な動きをするデッキが好きな方!

当ブログでは、初心者向けに記事を書いていますので、TCG専門用語や、一般的にわかりにくいと思われる呼称などを捕捉しながら進めていきます。

ある程度TCGに精通している中級者・上級者の方からすると読みにくい・長い記事になっていると思います。予めご了承下さい。

デッキレシピ公開

デッキ解説

”忍者”の軸になるカードは『忍者マスター HANZO』です。

忍者マスター HANZO』は召喚に成功した時は”忍法”を、特殊召喚に成功した時は”忍者”名称のモンスターをサーチすることができます。

”忍者”には『成金忍者』のような”忍者”を特殊召喚する効果を持っているモンスターが多数存在するため、どちらの効果も腐りにくいと言えるでしょう!

成金忍者』を使って『忍者マスター HANZO』を出した場合、後続の”忍者”モンスターを確保しつつ『忍者マスター SAIZO』へ繋げることができます。

忍者マスター SAIZO』はデッキから”忍法”魔法・罠カードを直接セットすることができるので、妨害を構えながら戦況を維持させることができます。

また、直近で登場した”忍者”テーマの新規カードも、癖は強いものの、以前までの”忍者”に足りなかった展開力を補ってくれているので、だいぶ戦いやすくなったでしょう。

新規カードの”忍者”は昆虫族や獣族といった、色んな種族の”忍者”が登場したので戦いの幅が広がっています。

フィニッシャーである『戎の忍者-冥禪』は種族が異なる”忍者”モンスター2体を素材にするため、『蟲の忍者-蜜』や『獣の忍者-獏』のような”忍者”名称の昆虫族や獣族が重要になってきます。

created by Rinker
¥40 (2022/10/05 02:58:37時点 楽天市場調べ-詳細)

フィニッシャーである『戎の忍者-冥禪』を出す際は、前述した『忍者マスター HANZO』が重要になってきます。

忍者マスター HANZO』の効果で『異譚の忍法帖』や『忍法 分身の術』をサーチして、相手のターンに展開し、そのまま『戎の忍者-冥禪』へ繋げる動きが非常に強力です。

手札:『忍者マスター HANZO』、『異譚の忍法帖』or『忍法 分身の術

①『忍者マスター HANZO』召喚。手札にない『異譚の忍法帖』か『忍法 分身の術』をサーチして揃える。

②『異譚の忍法帖』と『忍法 分身の術』をセットして相手にターンを渡す。

③相手ターン中、『忍法 分身の術』を発動。『忍者マスター HANZO』をリリースして『宙の忍者-鳥帷』と『獣の忍者-獏』を特殊召喚。

④『宙の忍者-鳥帷』の③効果起動。『宙の忍者-鳥帷』と『獣の忍者-獏』を素材にして『戎の忍者-冥禪』を融合召喚!

上記の一連の動きで相手ターン中に『異譚の忍法帖』と『戎の忍者-冥禪』を構えることができます。

異譚の忍法帖』は相手フィールドにカードが存在する場合に発動することができるので、相手が何かしらのアクションを取った場合、更なる妨害と展開を行うことができます。

戎の忍者-冥禪』も相手の効果に反応してデッキから”忍者”を特殊召喚する効果を持っているので、相手からすると非常に動きにくい厄介なムーヴと言えるでしょう!

Re
Re

最後までお読みいただきありがとうございました!

今後もデュエマ、遊戯王を中心にデッキ解説記事、カードの高騰情報をまとめた記事を投稿していきますのでよろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました