【2021年最新版】環境大臣”小泉進次郎”の迷言語録まとめ記事

政治

みなさま初めまして、現在「Re」と言う名前でゲーム実況をしている者です。

読み方は「り」って呼んだり「れ」って呼ばれたりしますが公式では「り」推奨です。(不安定)

Re:【やり込み系ゲーム実況者】
まったりと動画投稿していく予定です。 更新頻度に関してはそんな期待しないでね( ;∀;)

本日のブログ記事は・・・

『【2021年最新版】環境大臣”小泉進次郎”の迷言語録まとめ記事』

といった内容で書いていきます。

もはやネットのおもちゃになりつつある”小泉進次郎”

皆さまは”小泉進次郎”をご存知でしょうか?

現在、日本の環境大臣を務めている”小泉進次郎”ですが、親が元内閣総理大臣の”小泉純一郎”なのは有名な話かと思います。

直近だとレジ袋有料化を義務化したり、プラスチックスプーンの有料化や住宅の太陽光義務化の検討をしていたりと、話題の絶えない人物でもありますが・・・

ここ最近、小泉進次郎氏の迷言・ポエムチックな発言が何かとネタにされています笑

そこで今回は、そんな小泉進次郎氏の迷言語録をまとめてきたので紹介していきます。

迷言語録①今のままではいけないと思います。だからこそ日本は今のままではいけない。

国連気候行動サミットにて発言された迷言。

とりあえず日本は今のままではいけない事を必死で伝えようとしているんだと思いますが・・・

何が「だからこそ」なのか、接続詞の使い方を深く考えたら負けだと思っている今日この頃。

迷言語録②30年後の自分は何歳かなと、あの発災直後から考えていました。

2045年までに福島県にある『中間除染施設』を県外に写す件について、具体策を求められ時の発言。

質問者『具体的に今しようと思っていらっしゃることは?』

小泉進次郎氏『私のなかで30年後ということを考えた時に、30年後の自分は何歳かなと、あの発災直後から考えていました。だからこそ、私は健康でいられれば、その30年後の約束を守れるかどうかの節目を見届けることができる可能性がある政治家だと思います。だからこそ、果たせる責任もあると思うので。』

具体策な質問の回答をせず、30年後も生きて見届ける事ができるというビジョンを語るというこちらも中々の迷言っぷりですね。

筆者含め、この記事を読んでる皆さまも、最低限会話のキャッチボールが成立できるように気をつけて行きたい所存。

迷言語録③この問題をいかにクールに解決するか、ハッピーにセクシーに

2019年9月の国連の環境会合において、どうやって環境問題に取り組むべきかという質問に対しての回答。

国連の環境会合という多数の国が参加している重要な議会での発言だった事も拍車にかかり、ユーモアを通り越してシュールな印象に。

とりあえず「セクシー」、「ハッピー」、「クール」と横文字を並べておけば今日から簡単に小泉進次郎になれます。

迷言語録④・・・。

先ほどと同じく、国連の環境会合のワンシーンにて。

質問者「今後半年や1年間で石炭火力発電をどうやって減らしていく?」

小泉進次郎氏「削減します。」

質問者「どうやって?」

小泉進次郎氏「・・・」

「ヤバい…」という雰囲気を醸し出しながら沈黙してしまったために、ネタにされてしまったワンシーン。

ここまで来ると、進次郎氏は沈黙すらも笑いに変えてくれます。

迷言語録⑤あー、福島のどぐろとれるんですか。私のどぐろ大好きなんですよね。

9月20日、記者会見で福島第一原発から出た汚染処理水の海洋放出について聞かれた際の発言。

記者「被災地に対する風評被害を助長することになりかねないと私は思いますけれども、そこに対する大臣の受け止めをお願いします。

小泉進次郎氏「福島の皆様の約8年間の乗り越えられてきたことを、決して忘れてはいけないと思っています。この前私は小名浜で地元の組合長とお会いをしましたが、今試験操業で何が取れますかと聞いたら「最近のどぐろが取れるんだ」と、「あー、福島のどぐろとれるんですか。私のどぐろ大好きなんですよね。」って言って。じゃあ今度一緒に食べよう 環境大臣室に是非お越しください!と一緒にのどぐろ食べましょうよと言った時の、あのね「いいんですか!?」っていう喜んだ顔!嬉しかったですね!なので、決してそういったみなさんが再び傷つけられることがあってはならない。その思いで、こういった問題にもしっかり向き合っていきたいと思っています。」

記者「どう取り組んでいくかを伺ったんですけど、私はのどぐろの話を聞いているつもりはないんですよ。」

  • 福島で処理水の海洋汚染に対して国際社会も反応している
  • 被災地に対して風評被害の懸念があるが?

これらの質問に対して、返ってきた回答は「のどぐろ食べましょう。」のエピソード

「結局どうやって取り組むのか」という具体策を語ることはありませんでした。

迷言語録⑥反省しているんです。

小泉進次郎氏「反省しているんです。ただ、これは私の問題だと思うが、反省をしていると言いながら、反省をしている色が見えない。というご指摘は、私自身の問題だと反省をしている」

新型コロナウイルス感染症対策本部の会合を欠席し、講演会の新年会に参加したことをつっこまれた際の発言。

とりあえずめちゃくちゃ反省している模様。

総括

今回は小泉進次郎氏の迷言語録をまとめてみました。

このブログではこういった政治面の強い記事はあまり出しませんが、好評であれば何かしら記事にしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました