殿堂解除で超強化!『プラチナ・ワルスラS』を採用した”赤青バスター”を紹介!

【デュエマ】デッキ解説記事

こんにちは!『Re:(り)』です!

リアルでは所謂”カードショップ店員”として生活しつつ、個人的な趣味で『Re:blog』を運営しています。

当ブログ『Re:blog』では、TCG関連の最新情報や、大会で使われているデッキや安くて長く遊べるデッキを紹介するデッキ解説記事などを投稿しています。

前述した通り、筆者は”カードショップ店員”というわけで、そのキャリアを存分に活かして深い情報を提供できるブログを目指して、日々精進しています。

皆さまのお役に立てるような情報を提供できれば幸いです。

Re
Re

主にデッキ解説記事と高騰情報をまとめた記事を投稿しています!

デッキを作る際や、手持ちのカードを整理する際に参考になれば幸いです!

今回記事で解説するデッキは、『プラチナ・ワルスラS』を採用した”赤青バスター”です!

プラチナ・ワルスラS』 VR 水文明 (3)
進化クリーチャー:マジック・コマンド/イニシャルズ 6000
進化:自分の水のクリーチャー1体の上に置く。
W・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃する時、カードを3枚引いてもよい。そうしたら、自分の手札を1枚捨てる。

プラチナ・ワルスラS』は先日発表された殿堂解除選手権でみごと4枚採用が認められたカードですね!

殿堂入りする前は今回紹介するような”赤青バスター”などで大活躍していましたが、デッキのメインであった『蒼き団長 ドギラゴン剣』が殿堂入りしたことにより、『プラチナ・ワルスラS』の殿堂解除が認められたのでしょう。

蒼き団長 ドギラゴン剣』 LEG 火/自然文明 (8)
クリーチャー:メガ・コマンド・ドラゴン/革命軍/ハムカツ団 13000
革命チェンジ:火または自然のコスト5以上のドラゴン
T・ブレイカー
自分の多色クリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。
ファイナル革命:このクリーチャーが「革命チェンジ」によって出た時、そのターン中に他の「ファイナル革命」をまだ使っていなければ、コストの合計が6以下になるよう、進化ではない多色クリーチャーを好きな数、自分のマナゾーンまたは手札から選び、出す。

蒼き団長 ドギラゴン剣』は殿堂入りしたままですが、『プラチナ・ワルスラS』が殿堂入りしている間にも様々なカードが登場していたので、今回はこれらを使った”赤青バスター”のリペア構築を紹介します!

プラチナ・ワルスラS”はこんなカード!

①『プラチナ・ワルスラS』は先日発表された殿堂解除選手権でみごと4枚採用が認められたカード!

②殿堂入りする前は今回紹介するような”赤青バスター”などで大活躍!

③デッキのメインであった『蒼き団長 ドギラゴン剣』が殿堂入りしたことにより、『プラチナ・ワルスラS』の殿堂解除が認められて晴れて4枚使用可能に!

”赤青バスター”はこんな方におすすめ!

①”赤青バスター”を愛用していた方!

②比較的低価格でデッキを組みたい方!

③ガンガン攻撃していくデッキタイプが好きな方!

当ブログでは、初心者向けに記事を書いていますので、TCG専門用語や、一般的にわかりにくいと思われる呼称などを捕捉しながら進めていきます。

ある程度TCGに精通している中級者・上級者の方からすると読みにくい・長い記事になっていると思います。予めご了承下さい。

デッキレシピ公開

カード名枚数
異端流し オニカマス
飛ベル津バサ「曲通風」
熱湯グレンニャー
カチコミ入道 <バトライ.鬼>
瞬閃と疾駆と双撃の決断
プラチナ・ワルスラS
麗泳者 マツバメモノ
“龍装”チュリス
龍装者 バルチュリス
ボルシャック・サイバーエクス
蒼き守護神 ドギラゴン閃
蒼き団長 ドギラゴン剣

※このデッキレシピは筆者の脳内構築なので欠陥がある場合がございます。

「こんなアイディアがあるんだー」程度で見ていただけると幸いです。

デッキ解説

まずは大まかなデッキの動かし方を解説し、各カードの採用理由などを後述していきます。

このデッキの勝ち筋としては、攻撃できるクリーチャーを2体並べて攻撃し、『龍装者 バルチュリス』の宣言→革命チェンジです。

これら一連の動きで勝ちを狙いにいきます。

龍装者 バルチュリス』 UC 火文明 (5)
クリーチャー:ドラゴンギルド/ビートジョッキー 4000
自分のクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーが自分の手札にあり、その攻撃がこのターン2度目のクリーチャーによる攻撃で、このターン自分の《龍装者 バルチュリス》が出ていなければ、攻撃の後、このクリーチャーを出してもよい。
スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)

上記の動きを実現する際に重要になってくるのが小型クリーチャーを並べることと、枯渇しがちな手札を補給することです。

今回採用した小型クリーチャーは、いわゆるメタクリーチャーを採用しており、序盤はこれらで牽制してバトルゾーンにクリーチャーを並べていきましょう。

異端流し オニカマス』 UC 水文明 (2)
クリーチャー:ムートピア 2000
このクリーチャーは、相手に選ばれない。(ただし、このクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい)
相手のターン中に、相手が召喚以外の方法でクリーチャーを出した時、そのクリーチャーを持ち主の手札に戻してもよい。
飛ベル津バサ「曲通風」』UC 水文明 (2)
クリーチャー:アダムユニット/デモニオ/鬼レクスターズ 2000
G・ストライク(このクリーチャーを自分のシールドゾーンから手札に加える時、相手に見せ、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。このターン、そのクリーチャーは攻撃できない)
ジャストダイバー(このクリーチャーが出た時、次の自分のターンのはじめまで、このクリーチャーは相手に選ばれず、攻撃されない)
相手が自身の山札を1枚以上見る時または表向きにする時、かわりに相手の山札の上から1枚目を表向きにする。

クリーチャーを並べたあとは、手札を補充しながら攻撃することができる『プラチナ・ワルスラS』や『麗泳者 マツバメモノ』をプレイして攻撃していきましょう。

このタイミングで『龍装者 バルチュリス』がプレイできそうならプレイしてそのまま殴りかってしまいましょう!

麗泳者 マツバメモノ』 C 水/火文明 (3)
クリーチャー:ムートピア/美孔麗王国 3000
スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)
このクリーチャーが攻撃する時、カードを1枚引く。

また、『龍装者 バルチュリス』宣言を狙うために別ルートとして『瞬閃と疾駆と双撃の決断』を採用しました。

使い方は色々ありますが、『瞬閃と疾駆と双撃の決断』で2回攻撃を付与させることでクリーチャー1体からでも『龍装者 バルチュリス』宣言を狙っていくことができます。

特にこのデッキのメインである『プラチナ・ワルスラS』に対して2回攻撃付与を与えるとドバドバ手札を増やしつつ攻撃できるのでかなり強力です!

瞬閃と疾駆と双撃の決断』 VR 火文明 (3)
呪文
次の中から2回選ぶ。(同じものを選んでもよい)
►コスト3以下のクリーチャーを1体、自分の手札から出す。
►このターン、自分のクリーチャー1体に「スピードアタッカー」を与える。
►自分のクリーチャーを1体選ぶ。このターン、そのクリーチャーの最初の攻撃の終わりに、そのクリーチャーをアンタップする。

各カードの採用理由

それでは各カードの採用理由を役割別で紹介していきます。

採用カード①2コストクリーチャー

基本的には並べて攻撃して勝つことを目的にしているため、2コストクリーチャーを多めに採用してます。

特定のデッキに対して強い『異端流し オニカマス』や『飛ベル津バサ「曲通風」』、手札を増やしながら頭数になれる『熱湯グレンニャー』がここを担っています。

熱湯グレンニャー』 C 水/火文明 (2)
クリーチャー:フレイム・モンスター/ブルー・モンスター 1000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引いてもよい。

採用カード②3コストカード

主に上記のカードから繋げるカードになってきます。

プラチナ・ワルスラS』や『麗泳者 マツバメモノ』は攻撃しながら手札を増やせるのでなるべく4枚づつ採用しておきたいカードです。

また、『瞬閃と疾駆と双撃の決断』も汎用性の高いカードであり、『龍装者 バルチュリス』宣言以外にも色々と応用が効くため4枚採用しておきたいカードですね。

あとは『龍装者 バルチュリス』以外の革命チェンジ元として『カチコミ入道 <バトライ.鬼>』と『“龍装”チュリス』も採用しています。状況次第ではこれらから入って革命チェンジを狙っていきます。

ただし、『カチコミ入道 <バトライ.鬼>』は一部の革命チェンジに対応していない点には注意が必要です。ここは調整枠といったところでしょうか。

カチコミ入道 <バトライ.鬼>』 C 火文明 (3)
スター進化クリーチャー:アーマード・ドラゴン/フレイム・コマンド/鬼レクスターズ 6000
スター進化:レクスターズまたは火のクリーチャー1体の上に置く。(このクリーチャーが離れる時、かわりに一番上のカードが離れる)
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
このクリーチャーが出た時、タマシードから進化していれば、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その選んだクリーチャーとこのクリーチャーをバトルさせる。
“龍装”チュリス』 R 火文明 (5)
クリーチャー:ドラゴンギルド/ビートジョッキー 5000
B・A・D2(このクリーチャーを、コストを2少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりにこのクリーチャーを破壊する)
スピードアタッカー

採用カード③革命チェンジ

勝ち筋になるギミックとして革命チェンジを採用しました。

革命チェンジ元である『龍装者 バルチュリス』は、手札を増やしながら攻撃できる『プラチナ・ワルスラS』と相性が良く、『プラチナ・ワルスラS』が4枚採用できるようになってからさらに使いやすくなった印象です。

採用した革命チェンジ先は、防御よりも攻撃寄りなカードを採用しました。

条件が緩いので『龍装者 バルチュリス』以外からも革命チェンジを狙える『ボルシャック・サイバーエクス』、頭数を増やしつつ攻撃することができる『蒼き守護神 ドギラゴン閃』、『蒼き団長 ドギラゴン剣』といった感じです。

状況に応じてこれらのカードを使い分けていきましょう。

ボルシャック・サイバーエクス』 P(VR) 水/火文明 (6)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/サイバー・コマンド 7000
革命チェンジ:水または火のコスト3以上のドラゴン(自分の水または火のコスト3以上のドラゴンが攻撃する時、そのクリーチャーと手札にあるこのクリーチャーを入れ替えてもよい)
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、次のうちいずれか1つを選ぶ。
▶︎相手は自身のパワーが一番小さいクリーチャーを1体選び、破壊する。
▶︎相手のクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻す。
蒼き守護神 ドギラゴン閃』 LEG 光/火文明 (8)
クリーチャー:メガ・コマンド・ドラゴン/革命軍/ハムカツ団 13000
革命チェンジ:光または火のコスト5以上のドラゴン
ブロッカー
T・ブレイカー
自分のターンの終わりに、自分の多色クリーチャーをすべてアンタップする。
ファイナル革命:このクリーチャーが「革命チェンジ」によって出た時、そのターン中に他の「ファイナル革命」をまだ使っていなければ、自分の山札の上から4枚を表向きにする。その中から進化ではない多色クリーチャーを、コストの合計が6以下になるように好きな数選び、出す。残りを好きな順序で山札の下に置く。
蒼き団長 ドギラゴン剣』 LEG 火/自然文明 (8)
クリーチャー:メガ・コマンド・ドラゴン/革命軍/ハムカツ団 13000
革命チェンジ:火または自然のコスト5以上のドラゴン
T・ブレイカー
自分の多色クリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。
ファイナル革命:このクリーチャーが「革命チェンジ」によって出た時、そのターン中に他の「ファイナル革命」をまだ使っていなければ、コストの合計が6以下になるよう、進化ではない多色クリーチャーを好きな数、自分のマナゾーンまたは手札から選び、出す。
Re
Re

最後までお読みいただきありがとうございました!

今後もデュエマ、遊戯王を中心にデッキ解説記事、カードの高騰情報をまとめた記事を投稿していきますのでよろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました