青緑のジョーカーズは超耐久!『MAX-Gジョラゴン』を採用した『青緑ジョーカーズ』を紹介!

【デュエマ】デッキ解説記事

こんにちは!『Re:(り)』です!

リアルでは所謂”カードショップ店員”として生活しつつ、個人的な趣味で『Re:blog』を運営しています。

当ブログ『Re:blog』では、TCG関連の最新情報や、大会で使われているデッキや安くて長く遊べるデッキを紹介するデッキ解説記事などを投稿しています。

前述した通り、筆者は”カードショップ店員”というわけで、そのキャリアを存分に活かして深い情報を提供できるブログを目指して、日々精進しています。

皆さまのお役に立てるような情報を提供できれば幸いです。

Re
Re

主にデッキ解説記事と高騰情報をまとめた記事を投稿しています!

デッキを作る際や、手持ちのカードを整理する際に参考になれば幸いです!

今回記事で解説するデッキは、最新弾の目玉カードである『MAX-Gジョラゴン』を採用した”青緑ジョーカーズ”です!

MAX-Gジョラゴン』 KGM 自然文明[ジョーカーズ] (6)
S-MAX進化クリーチャー:マスター・ドラゴン/ジョーカーズ/レクスターズ 11000
S-MAX進化:自分がゲームに負ける時、かわりにこのクリーチャーを破壊するか、自分の手札から《MAX-Gジョラゴン》を1枚捨てる。(このクリーチャーは進化元を必要としない。自分のS-MAX進化クリーチャーが2体以上あれば、そのうちの1体を残し、残りをすべて手札に戻す)
W・ブレイカー
このクリーチャーが召喚によって出た時、または自分のターンのはじめに、カードを1枚引き、その後、自分の手札を1枚マナゾーンに置く。こうしてマナゾーンに置いたカードが、ジョーカーズまたはレクスターズの、クリーチャーまたはタマシードなら、次の相手のターンの終わりまで、その置いたカードが持つ能力をすべて、このクリーチャーに与える。

MAX-Gジョラゴン』を使ったデッキは過去にも紹介しましたが、今回紹介するデッキはこれとは真逆で耐久に特化した構築になっています。

MAX-Gジョラゴン』はこのクリーチャーが召喚によって出た時、または自分のターンのはじめに、カードを1枚引き、その後、自分の手札を1枚マナゾーンに置き、マナに置いたカードがジョーカーズまたはレクスターズの、クリーチャーまたはタマシードだった場合、その置いたカードが持つ全ての能力をコピーするというものです。

この効果は唯一無二であり、無限の可能性を秘めた最新弾らしい能力でしょう!

今回はこの効果を悪用し、耐久に特化した”ジョーカーズ”を紹介します!

MAX-Gジョラゴン”はこんなデッキ!

①『MAX-Gジョラゴン』はなんと言っても強力なコピー効果が魅力的!

②召喚によって場に出た時、自分のターン開始時のタイミングでカードを1枚引き、手札から1枚マナゾーンに置き、そのマナゾーンに置いたカードがジョーカーズまたはレクスターズの、クリーチャーまたはタマシードならば、その効果を全て得るというもの。

③コピーするための条件が比較的ゆるいので、今後も研究次第では化ける可能性を秘めた今弾の目玉カード!

MAX-Gジョラゴン”はこんな方におすすめ!

①最新弾のカードを使ってみたい方!

②比較的安価でデッキを組みたい方!

③自分流のアレンジをがんがん加えたい方!

当ブログでは、初心者向けに記事を書いていますので、TCG専門用語や、一般的にわかりにくいと思われる呼称などを捕捉しながら進めていきます。

ある程度TCGに精通している中級者・上級者の方からすると読みにくい・長い記事になっていると思います。予めご了承下さい。

デッキレシピ公開

カード名枚数
フェアリー・ギフト
フェアリー・Re:ライフ
地龍神の魔陣
裏斬隠 カクシ・レシピ
【マニフェスト】チームウェイブを救いたい【聞け】
ウマキン☆プロジェクト
裏斬隠蒼頭龍 バジリスク
MAX-Gジョラゴン
ドンジャングルS7
切札ジョー&ジョラゴン -自由の物語-
自然の四君子 ガイアハザード

※このデッキレシピは筆者の脳内構築なので欠陥がある場合がございます。

「こんなアイディアがあるんだー」程度で見ていただけると幸いです。

デッキ解説

まずは大まかなデッキの動かし方を解説し、各カードの採用理由などを後述していきます。

このデッキの核となる動きは『MAX-Gジョラゴン』を出し、『切札ジョー&ジョラゴン -自由の物語-』の能力をコピーして手札を増やしながら盤面を制圧していくというものです。

切札ジョー&ジョラゴン -自由の物語-』の能力は”パワード・ブレイカー”、”スピード・アタッカー”を持っているので『MAX-Gジョラゴン』の打点を補強しつつすぐさま攻撃することが可能です。自身のパワーを上げる効果も持っているので素のパワーが高い『MAX-Gジョラゴン』がコピーすると”パワード・ブレイカー”の恩恵を大きく受けることができます。

切札ジョー&ジョラゴン -自由の物語-』 DSR 無色[ジョーカーズ] (9)
クリーチャー:ジョーカーズ/マスター・ドラゴン/ヒューマノイド 5000+
スピードアタッカー
パワード・ブレイカー
自分のマナゾーンにある文明1つにつき、このクリーチャーのパワーを+5000する。
このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から2枚を表向きにする。その後、バトルゾーンにある相手のカードを、コストの合計がその2枚のコストの合計より少なくなるよう、好きな数選ぶ。相手はそれらを好きな順序で山札の下に置く。その後、自分は、こうして表向きにした2枚を手札に加える。

これだけだとちょっと地味なのですが、今回紹介しているデッキには『裏斬隠 カクシ・レシピ』『裏斬隠蒼頭龍 バジリスク』といった強力なシノビを複数枚採用しています。

切札ジョー&ジョラゴン -自由の物語-』をコピーした『MAX-Gジョラゴン』の攻撃時、山札2枚を表向きにしてそれらのコストを合計したコスト分だけ好きなように除去を飛ばすことができるので、これらのカードを回収することができれば、一気に戦況をひっくり返すことが可能というわけです。

裏斬隠 カクシ・レシピ』 C 水文明 (4)
クリーチャー:スプラッシュ・クイーン/シノビ 3000
ニンジャ・ストライク2(相手のクリーチャーが攻撃またはブロックした時、自分のマナゾーンにカードが2枚以上あり、その攻撃中に「ニンジャ・ストライク」能力を使っていなければ、このシノビをコストを支払わずに召喚してもよい。そのターンの終わりに、このシノビを山札の一番下に置く)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選ぶ。次の自分のターンのはじめまで、そのクリーチャーは攻撃もブロックもできない。
裏斬隠蒼頭龍 バジリスク』 SR 水文明 (6)
クリーチャー:シノビ・ドラゴン/オリジン 6000
ニンジャ・ストライク8(相手のクリーチャーが攻撃またはブロックした時、自分のマナゾーンにカードが8枚以上あり、その攻撃中に「ニンジャ・ストライク」能力を使っていなければ、このシノビをコストを支払わずに召喚してもよい。そのターンの終わりに、このシノビを山札の一番下に置く)
ブロッカー
W・ブレイカー
自分のシノビがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選ぶ。次のターンのはじめまで、そのクリーチャーは攻撃もブロックもできない。

これらのシノビを回収しつつ、盤面をひっくり返すことができたら後は『ドンジャングルS7』や『自然の四君子 ガイアハザード』の能力をコピーしながら攻撃して制圧していきます。状況次第ではこちらを先にコピーするのも良いでしょう。

どちらも相手のクリーチャーが攻撃する時に、可能ならば自身に攻撃させる効果を持っているので『MAX-Gジョラゴン』がコピーすればパワー11000以下のクリーチャーは全て無力化させることができます!

この効果を上記の『切札ジョー&ジョラゴン -自由の物語-』+シノビの組み合わせと一緒に使うことで高い耐久力を維持しながら攻撃することができるというわけです!

ドンジャングルS7』 SR 自然文明[ジョーカーズ] (8)
クリーチャー:ジョーカーズ 8000+
マッハファイター
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、パワー7000以下のクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出してもよい。
バトル中、このクリーチャーのパワーを+6000する。
相手のクリーチャーが攻撃する時、可能ならこのクリーチャーを攻撃する。
自然の四君子 ガイアハザード』 SR 自然文明 (11)
クリーチャー:グランセクト/レクスターズ 12000+
マッハファイター
パワード・ブレイカー
相手のクリーチャーが出る時、自分のマナゾーンのカードが相手のより多ければ、相手はかわりにそのクリーチャーをマナゾーンに置く。
自分のマナゾーンにあるカード1枚につき、このクリーチャーのパワーを+1000する。
相手のクリーチャーが攻撃する時、可能ならこのクリーチャーを攻撃する。

各カードの採用理由

それでは各カードの採用理由を役割別で紹介していきます。

採用カード①メイン

このデッキのメインになっているのは『MAX-Gジョラゴン』です。何が何でも引きたいカードなので4枚確定です。

あとは『MAX-Gジョラゴン』のコピー先である『切札ジョー&ジョラゴン -自由の物語-』『ドンジャングルS7』『自然の四君子 ガイアハザード』も確定枠になっています。

ですが、枚数に関しては人によって増減していることが多いのでコピー先の枚数配分は人によって変わってくるところかなと思います。『切札ジョー&ジョラゴン -自由の物語-』が2枚のレシピもちらちら見かけましたのでここは調整枠かなっといった感じです。

終盤に『ドンジャングルS7』を普通に出してマナゾーンから『切札ジョー&ジョラゴン -自由の物語-』を出して…って動きも可能なのでここは本当に人によって評価や枚数配分が変わってくるところかと思います。

そして、これらのカードをワンチャン強力に運用できる『フェアリー・ギフト』は採用しておいた方が良いかと思います。

4ターン目に『フェアリー・ギフト』→『MAX-Gジョラゴン』と動くことができれば多くのデッキに対して有利に試合を展開することができます。

フェアリー・ギフト』 UC 自然文明 (1)
呪文
このターン、次に召喚する自分のクリーチャー1体のコストを最大3少なくしてもよい。ただしコストは0以下にはならない。

採用カード②マナブースト枠

MAX-Gジョラゴン』のコストが6なので、2→4→6を意識して以下のカードを採用しました。

代用が効く枠ではありますが、他のカードに差し替えて減らしすぎるとデッキの動きに支障が出るため、調整する際は2コストブーストが8枚、4コストブーストも8枚のままの方が望ましいです。

フェアリー・Re:ライフ』 C 自然文明 (2)
呪文
G・ストライク(この呪文を自分のシールドゾーンから手札に加える時、相手に見せ、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。このターン、そのクリーチャーは攻撃できない)
自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。
地龍神の魔陣』 UC 水/自然文明 (2)
呪文
G・ストライク(この呪文を自分のシールドゾーンから手札に加える時、相手に見せ、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。このターン、そのクリーチャーは攻撃できない)
自分の山札の上から3枚を見る。そのうちの1枚を手札に加えるかマナゾーンに置き、残りを好きな順序で山札の下に置く。
【マニフェスト】チームウェイブを救いたい【聞け】 』P 自然文明 (4)
呪文:チームウェイブ
<バズレンダ>[無色(2)](この呪文のコストを支払う時、追加で[無色(2)]を好きな回数支払ってもよい。そのBR能力を1回と、追加で[無色(2)]支払った回数、使う)
BR-自分の山札の上から2枚をタップしてマナゾーンに置く。その後、カードを1枚、自分のマナゾーンから手札に戻す。
ウマキン☆プロジェクト』 SR 水/自然文明 (4)
クリーチャー:トリックス/サイバー・コマンド/チームウェイブ 0000+
<バズレンダ>[無色(2)](このクリーチャーのコストを支払う時、追加で[無色(2)]を好きな回数支払ってもよい。このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのBR能力を1回と、追加で[無色(2)]支払った回数、使う)
BR-自分の山札の上から2枚を見る。そのうちの1枚を手札に加え、もう1枚をタップしてマナゾーンに置く。
パワード・ブレイカー(このクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする)
自分のマナゾーンにあるカード1枚につき、このクリーチャーのパワーを+1000する。

採用カード③受け札、その他

切札ジョー&ジョラゴン -自由の物語-』の効果を最大限に活かすために『裏斬隠 カクシ・レシピ』『裏斬隠蒼頭龍 バジリスク』といったシノビを受け札として採用しました。

ここの枚数は調整枠になりますので、枚数配分に関しては各々で調整していただければと思います。

Re
Re

最後までお読みいただきありがとうございました!

今後もデュエマ、遊戯王を中心にデッキ解説記事、カードの高騰情報をまとめた記事を投稿していきますのでよろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました