【デュエマ】”タマシード”の登場で超強化!『神羅ケンジ・キングダム』を使ったデッキを紹介!

【デュエマ】デッキ解説記事

こんにちは!『Re:(り)』です!

リアルでは所謂”カードショップ店員”として生活しつつ、個人的な趣味で『Re:blog』を運営しています。

当ブログ『Re:blog』では、TCG関連の最新情報や、大会で使われているデッキや安くて長く遊べるデッキを紹介するデッキ解説記事などを投稿しています。

前述した通り、筆者は”カードショップ店員”というわけで、そのキャリアを存分に活かして深い情報を提供できるブログを目指して、日々精進しています。

皆さまのお役に立てるような情報を提供できれば幸いです。

Re
Re

主にデッキ解説記事と高騰情報をまとめた記事を投稿しています!

デッキを作る際や、手持ちのカードを整理する際に参考になれば幸いです!

今回記事で解説するデッキは、『神羅ケンジ・キングダム』を使った踏み倒しデッキです!

神羅ケンジ・キングダム』は進化クリーチャーの上に重ねることで召喚することができる”究極進化”を持ったクリーチャーですが、”タマシード”の登場により陽の目を浴びた一枚です!

神羅ケンジ・キングダム』 P 闇/自然文明 (4)
進化クリーチャー:デーモン・コマンド/ドリームメイト/ルナティック・エンペラー 6000
このクリーチャーを自分の墓地から召喚してもよい。
究極進化:進化クリーチャー1体の上に置く。
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から3枚を墓地に置く。その後、その3枚の中からクリーチャーを1体出す。

先日、『神羅ケンジ・キングダム』を軸にしたデッキがCS入賞を果たしたことで、現在注目されているデッキタイプです!

今期から登場した新カード”タマシード”の登場と、軽量進化クリーチャーが増えたことにより『神羅ケンジ・キングダム』が持つ”究極進化”もかなり使いやすくなりました!

使い方も非常にシンプルでわかりやすいので、初心者の方でも回せるデッキタイプだと思います!

今回はそんな『神羅ケンジ・キングダム』を使った踏み倒しデッキの紹介です!

神羅ケンジ・キングダム”はこんなデッキ!

①”タマシード”の登場により陽の目を浴びた一枚!

②軽量進化クリーチャーが増えたことにより更に出しやすい!

③使い方も非常にシンプルでわかりやすい!

神羅ケンジ・キングダム”はこんな方におすすめ!

①大型獣を踏み倒す踏み倒しデッキが好きな方!

②あまり難しいデッキを回したくない方!

③周りのプレイヤーと変わったデッキを組みたい方!

当ブログでは、初心者向けに記事を書いていますので、TCG専門用語や、一般的にわかりにくいと思われる呼称などを捕捉しながら進めていきます。

ある程度TCGに精通している中級者・上級者の方からすると読みにくい・長い記事になっていると思います。予めご了承下さい。

デッキレシピ公開

カード名枚数
ヘルコプ太の心絵
ツクっちょ <メイ様.Star>
ジェニーの黒像
ジャスミンの地版
晴舞龍 ズンドコ・モモキング
エボリューション・エッグ
神羅ケンジ・キングダム
超神羅ギュンター・ペガサス
生命と大地と轟破の決断
地封龍 ギャイア
完全不明
The邪悪 寄成ギョウ
零獄接続王 ロマノグリラ0世

※このデッキレシピは筆者の脳内構築なので欠陥がある場合がございます。

「こんなアイディアがあるんだー」程度で見ていただけると幸いです。

デッキ解説

まずは大まかなデッキの動かし方を解説し、各カードの採用理由などを後述していきます。

動かし方は非常にシンプルで、”タマシード”と軽量進化クリーチャーを出して、その上に『神羅ケンジ・キングダム』を重ねるのが目標です。

神羅ケンジ・キングダム』は場に出た時に、山札の上から3枚を墓地に置き、その中からクリーチャーをなんでも踏み倒せる効果を持っています。

この効果を使って、大型獣を踏み倒していくのがこのデッキの特徴です。

まず序盤は軽量”タマシード”を展開していきます。

今回採用しているのは『ヘルコプ太の心絵』と『ジェニーの黒像』と『ジャスミンの地版』の3種類ですが、どの”タマシード”も序盤に使って腐る場面はほとんどないので、引いたらガンガン展開していきましょう。

ただ、手札にも寄りますが『神羅ケンジ・キングダム』や進化クリーチャーを引けてない場合は、それらを探しに行ける『ヘルコプ太の心絵』を優先的にプレイしていきたいところです。

ヘルコプ太の心絵』 C 自然文明 (1)
タマシード:ジョーカーズ/レクスターズ
シンカライズ:このタマシードがクリーチャーであるかのように、この上に進化クリーチャーを置いてもよい。
このタマシードが出た時、自分の山札の上から4枚を見る。その中から進化クリーチャーを1体相手に見せ、手札に加えてもよい。残りを好きな順序で山札の下に置く。
ジェニーの黒像』 C 闇文明 (2)
タマシード:デスパペット/レクスターズ
シンカライズ:このタマシードがクリーチャーであるかのように、この上に進化クリーチャーを置いてもよい。
このタマシードが出た時、相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。
ジャスミンの地版』 C 自然文明 (2)
タマシード:スノーフェアリー/レクスターズ
シンカライズ:このタマシードがクリーチャーであるかのように、この上に進化クリーチャーを置いてもよい。
このタマシードが出た時、自分の山札の上から1枚目をタップしてマナゾーンに置く。

タマシード”を展開することができたら、その上に軽量進化クリーチャーを重ねて『神羅ケンジ・キングダム』へ繋げていきましょう!

今回採用したのは『晴舞龍 ズンドコ・モモキング』と『ツクっちょ <メイ様.Star>』の2種類です。

晴舞龍 ズンドコ・モモキング』はマナブーストとマナ回収、『ツクっちょ <メイ様.Star>』は”マッハファイター”によるメタクリーチャーの除去と、それぞれ違った役割を担っています。

ちなみに『晴舞龍 ズンドコ・モモキング』はマナブースト効果を利用することで1ターン目に『ヘルコプ太の心絵』、2ターン目『晴舞龍 ズンドコ・モモキング』を出してマナブーストをすれば、3ターン目に『神羅ケンジ・キングダム』を着地させることができます。

ツクっちょ <メイ様.Star>』も2ターン目に『ジャスミンの地版』→マナブーストしたマナで『ツクっちょ <メイ様.Star>』に進化すればこちらも3ターン目に『神羅ケンジ・キングダム』を着地させることができます。

どちらもかなり強力なムーヴなので覚えておきましょう。

晴舞龍 ズンドコ・モモキング』 UC 自然文明 (2)
スター進化クリーチャー:ジョーカーズ/レクスターズ 5000
スター進化:レクスターズまたは自然のクリーチャー1体の上に置く。(このクリーチャーが離れる時、かわりに一番上のカードが離れる)
このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。
このカードが離れた時、カードを1枚、自分のマナゾーンから手札に戻す。
ツクっちょ <メイ様.Star> 』C 自然文明 (1)
スター進化クリーチャー:グランセクト/ドリームメイト/レクスターズ 5000
スター進化:レクスターズまたは自然のクリーチャー1体の上に置く。(このクリーチャーが離れる時、かわりに一番上のカードが離れる)
マッハファイター(このクリーチャーは、出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)

これら一連の動きで『神羅ケンジ・キングダム』を出すことができたら、あとは捲れたクリーチャーで一気に制圧していきましょう!

今回の構築では序盤から出されるときつい制限をかけられる大型クリーチャーを多く採用していますのでどれが捲れても相手からすればきついこと間違いなしです!

地封龍 ギャイア』 SR 自然文明 (9)
クリーチャー:ガイア・コマンド・ドラゴン/暴拳王国 18000
Q・ブレイカー
相手の「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる能力を持つクリーチャーがバトルゾーンに出る時、相手はかわりにそのクリーチャーをマナゾーンに置く。
自分のターン中、クリーチャーを1体、自分のマナゾーンから召喚してもよい。
完全不明』 SR 水文明 (11)
クリーチャー:??? 16000
T・ブレイカー
相手のターン中、相手がマナゾーンにカードを置いた時またはカードを使った時、相手はターンの残りをとばす。
相手のクリーチャーが攻撃する時、その攻撃の後、相手はターンの残りをとばす。
The邪悪 寄成ギョウ』 SR 水/闇/自然文明 (11)
クリーチャー:ジュラシック・コマンド・ドラゴン 12000
T・ブレイカー
相手のクリーチャーが出て、その能力がトリガーする時、かわりに自分がその能力を使う。
相手のターンのはじめに、クリーチャーを1体、相手の墓地から選んでもよい。そうしたら、相手はそれをタップして出す。
created by Rinker
¥2,020 (2022/08/16 18:31:35時点 楽天市場調べ-詳細)
【中古】 [SR] The邪悪 奇成ギョウ (EX15-09/虹)

各カードの採用理由

それでは各カードの採用理由を役割別で紹介していきます。

採用カード①”タマシード”

序盤からガンガン使っても腐る場面がほとんどない”タマシード”を採用しました。

今後のカードプール次第では色々変わっていきそうではありますが、現段階だとこの3種類が一番安泰な気がします。

採用カード②進化クリーチャー

今回のメインである『神羅ケンジ・キングダム』と、その進化元である『晴舞龍 ズンドコ・モモキング』と『ツクっちょ <メイ様.Star>』をそれぞれ4枚ずつ採用しています。

基本的には『神羅ケンジ・キングダム』は4枚固定、進化元になるカードたちも基本的には4枚ずつ採用するのが良いかと思います。

採用カード③踏み倒し先

踏み倒し先として採用したカードは『地封龍 ギャイア』と『完全不明』と『The邪悪 寄成ギョウ』の3種類です。

選定基準としては序盤に出されるときついカードベスト3といった感じです。

相手のデッキと状況次第でどれが一番効くかは変わってきますので、ここらへんの感覚は実際に回してみると良いかと思います。

この枠は各々好きなカードに差し替えてしまって良い枠なので、周りの環境に合わせて入れ替えるのも良いですね。

そして、これらのカードとは少し系統が違いますが、『超神羅ギュンター・ペガサス』と『零獄接続王 ロマノグリラ0世』もフィニッシャー枠として採用しています。

超神羅ギュンター・ペガサス』は『神羅ケンジ・キングダム』の更に上に重ねることで出すことができる”究極進化MAX”を持っていますが、『神羅ケンジ・キングダム』の効果で捲れた際に、『神羅ケンジ・キングダム』が進化元になるので問題なく出すことができます。

超神羅ギュンター・ペガサス』の効果は、マナゾーンから好きな数バトルゾーンに踏み倒すという豪快な効果なので、この効果で上記のフィニッシャーを多面展開することが可能です!

零獄接続王 ロマノグリラ0世』は上記のクリーチャーたちと違って、相手に制限をかける効果は持っていませんが、マナブースト、踏み倒し、遅延と一枚で多くの仕事をこなせるため、フィニッシャーとして採用しています。

これらの枠も調整枠になってくると思いますので、各々で差し替えてしまって問題ないです。

超神羅ギュンター・ペガサス』 P 自然文明 (5)
進化クリーチャー:ドリームメイト/ルナーズ・サンガイザー 17000
このクリーチャーを自分のマナゾーンから召喚してもよい。
究極進化MAX:究極進化クリーチャー1体の上に置く。
T・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から3枚までマナゾーンに置く。その後、クリーチャーを好きな数、自分のマナゾーンから出す。これらのクリーチャーが出ることによって起こる効果はすべて無視する。
零獄接続王 ロマノグリラ0世』 KGM 光/闇/自然 (11)
クリーチャー:ディスペクター/ダークロード/ガーディアン/ナイト 17000
EXライフ
マッハファイター
T・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から3枚を見てもよい。そうしたら、その中から1枚を墓地に置き、残りをマナゾーンに置く。
このクリーチャーが攻撃する時、コストの合計が、自分のマナゾーンにあるカードの枚数以下になるよう、自分のマナゾーンと墓地からクリーチャーを最大1体ずつ選び、出す。
このクリーチャーがタップしていれば、自分は攻撃されない。

採用カード④その他

それ以外の枠は『エボリューション・エッグ』と『生命と大地と轟破の決断』といった上記の動きをサポートできるカードを採用しました。

あくまでサポートなので「これがないとコンボが成立しない!」ってこともないのでここも完全に調整枠でしょう。各々で差し替えてしまっても問題ない枠です。

ただし、『生命と大地と轟破の決断』に関してはカードパワーが高すぎるので、優先的に採用を検討したいカードではあります。

エボリューション・エッグ』 UC 自然文明 (2)
呪文
S・トリガー
自分の山札を見る。その中から進化クリーチャーを1体選び、相手に見せてから自分の手札に加える。その後、山札をシャッフルする。
生命と大地と轟破の決断』 SR 自然文明 (5)
呪文
この呪文を自分のマナゾーンから唱えてもよい。そうしたら、唱えた後、墓地に置くかわりに自分の山札の一番下に置く。
次の中から2回選ぶ。(同じものを選んでもよい)
►自分の山札の上から1枚目を、タップしてマナゾーンに置く。
►コスト5以下のクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出す。
►このターン、自分のクリーチャー1体はパワー+3000され、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる。

デッキ改造案

さて、”神羅ケンジ・キングダム”を一通り紹介し終えましたが、最後にちょっとした改造案などを紹介して終わりにしたいと思います。

デッキ改造案①『大樹王 ギガンディダノス』

踏み倒し先として今回採用したカード以外でおすすめなのは『大樹王 ギガンディダノス』です。

主に”速攻”や”ビートダウン”に対して無類の強さを発揮します!

神羅ケンジ・キングダム』は墓地肥やし効果も兼ね備えているので”フシギバース”を狙える点もポイントです。

大樹王 ギガンディダノス』 KGM 闇/自然 (12)
クリーチャー:ジャイアント・ドラゴン/不死樹王国 50000
ワールド・ブレイカー(このクリーチャーは相手のシールドをすべてブレイクする)
このクリーチャーが出た時、相手は自身の手札をすべてマナゾーンに置く。
自分は、このクリーチャーよりパワーが小さいクリーチャーに攻撃されない。
<フシギバース>[闇/自然(14)](自分のクリーチャーを1体タップしてマナゾーンに置き、[闇/自然(14)]からそのクリーチャーのコストを引いた数のコストを支払って、このクリーチャーを自分の墓地から召喚してもよい。ただし、コストは[闇/自然(2)]より小さくならない)

デッキ改造案②『超神羅ギャラクシー・デスティニー』

こちらも踏み倒し先としての採用になりますが、『超神羅ギャラクシー・デスティニー』もおすすめです!

こちらのカードも『超神羅ギュンター・ペガサス』と同じく”究極進化MAX”持ちなので、基本的には『神羅ケンジ・キングダム』で捲れた際に出すことになるかと思いますが、フィニッシャー2体を山札から踏み倒せるのはかなり魅力的です!

再録のない絶版カードなので、入手難易度が高めということで今回は採用せずにここでの紹介で留めておきました。

超神羅ギャラクシー・デスティニー』 VR 自然文明 (7)
進化クリーチャー:ガイア・コマンド/ルナーズ・サンガイザー 17000
究極進化MAX−自分の究極進化クリーチャー1体の上に置く。
このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札を見る。その中からクリーチャーを2体まで選び、バトルゾーンに出してもよい。その後、山札をシャッフルする。
T・ブレイカー
Re
Re

最後までお読みいただきありがとうございました!

今後もデュエマ、遊戯王を中心にデッキ解説記事、カードの高騰情報をまとめた記事を投稿していきますのでよろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました