【デュエマ】最速3ターン目に降臨!『超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン』を使った”赤緑アポロヌス”を紹介!

【デュエマ】デッキ解説記事

こんにちは!『Re:(り)』です!

リアルでは所謂”カードショップ店員”として生活しつつ、個人的な趣味で『Re:blog』を運営しています。

当ブログ『Re:blog』では、TCG関連の最新情報や、大会で使われているデッキや安くて長く遊べるデッキを紹介するデッキ解説記事などを投稿しています。

前述した通り、筆者は”カードショップ店員”というわけで、そのキャリアを存分に活かして深い情報を提供できるブログを目指して、日々精進しています。

皆さまのお役に立てるような情報を提供できれば幸いです。

Re
Re

主にデッキ解説記事と高騰情報をまとめた記事を投稿しています!

デッキを作る際や、手持ちのカードを整理する際に参考になれば幸いです!

今回記事で解説するデッキは、『超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン』を使った”赤緑アポロヌス”です!

既に有名なデッキタイプではありますが、当ブログで紹介してなかったので今回記事を書くことにしました。(決してネタ切れではないぞ…!)

超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン』 SR 火文明 (6)
進化クリーチャー:フェニックス 15000
究極進化:進化クリーチャー1体の上に置く。
侵略:火の進化ドラゴン(自分の火の進化ドラゴンが攻撃する時、自分の手札にあるこのクリーチャーをその上に重ねてもよい)
T・ブレイカー
相手がこのクリーチャーを選んだ時、カードを2枚相手のマナゾーンから選び、持ち主の墓地に置く。
メテオバーン:このクリーチャーが出た時、このクリーチャーの下にあるカードを3枚墓地に置いてもよい。そうしたら、このクリーチャーは相手のシールドをすべてブレイクする。

超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン』は発売当時からちょこちょこ使われたカードではありますが、今期になって進化クリーチャーをサポートする”タマシード”が登場したことによって、環境デッキレベルにまで成り上がりました!

ヘルコプ太の心絵』 C 自然文明 (1)
タマシード:ジョーカーズ/レクスターズ
シンカライズ:このタマシードがクリーチャーであるかのように、この上に進化クリーチャーを置いてもよい。
このタマシードが出た時、自分の山札の上から4枚を見る。その中から進化クリーチャーを1体相手に見せ、手札に加えてもよい。残りを好きな順序で山札の下に置く。
ジャスミンの地版』 C 自然文明 (2)
タマシード:スノーフェアリー/レクスターズ
シンカライズ:このタマシードがクリーチャーであるかのように、この上に進化クリーチャーを置いてもよい。
このタマシードが出た時、自分の山札の上から1枚目をタップしてマナゾーンに置く。

進化クリーチャーをサポートする”タマシード”と、『超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン』が持つ”侵略”ギミックをうまく使うことで、最速3ターン目には『超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン』を着地させることが可能になりました!

この最速3ターン目に『超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン』を着地させることに特化させたのが今回紹介する”赤緑アポロヌス”です!

非常に強力なデッキかつ、今後も環境で見かけることになるデッキタイプだと思いますので、特にガチ勢の方は必見です!

”赤緑アポロヌス”はこんなデッキ!

①進化クリーチャーをサポートする”タマシード”が登場したことによって、環境デッキレベルに!

②”タマシード”と”侵略”ギミックをうまく使うことで、最速3ターン目には『超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン』を着地させることが可能!

③非常に強力なデッキかつ、今後も環境で見かけることになるデッキタイプ!

”赤緑アポロヌス”はこんな方におすすめ!

①最新弾のカードをふんだんに使いたい方!

②大会に参加してみたい方!

③勝ちにこだわったガチデッキを組んでみたい方!

当ブログでは、初心者向けに記事を書いていますので、TCG専門用語や、一般的にわかりにくいと思われる呼称などを捕捉しながら進めていきます。

ある程度TCGに精通している中級者・上級者の方からすると読みにくい・長い記事になっていると思います。予めご了承下さい。

デッキレシピ公開

カード名枚数
ストリエ雷鬼の巻
ヘルコプ太の心絵
冒険妖精ポレコ
オンソク童子 <ターボ.鬼>
ジャスミンの地版
晴舞龍 ズンドコ・モモキング
進化設計図
カチコミ入道 <バトライ.鬼>
超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン
轟く侵略 レッドゾーン

※このデッキレシピは筆者の脳内構築なので欠陥がある場合がございます。

「こんなアイディアがあるんだー」程度で見ていただけると幸いです。

デッキ解説

まずは大まかなデッキの動かし方を解説し、各カードの採用理由などを後述していきます。

前述した通り、この”赤緑アポロヌス”は3ターン目に『超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン』が持つ”侵略”ギミックを使って出すことを勝ち筋にしています。

まずは1ターン目、採用されている1コストカードを何でもいいのでプレイしておきます。

”タマシード”かつデッキの動きをサポートする『ストリエ雷鬼の巻』と『ヘルコプ太の心絵』、1コストクリーチャーの『冒険妖精ポレコ』が該当しますね。

これらは進化元として使っていきます。

ストリエ雷鬼の巻』 C 火文明 (1)
タマシード:デモニオ/鬼レクスターズ
シンカライズ:このタマシードがクリーチャーであるかのように、この上に進化クリーチャーを置いてもよい。
このタマシードが出た時、自分の手札を1枚山札の下に置き、その後、カードを1枚引く。
冒険妖精ポレコ』 C 自然文明 (1)
クリーチャー:スノーフェアリー/レクスターズ 2000
自分のターンの終わりに、このターン、このクリーチャーがシールドをブレイクしていたら、このクリーチャーを手札に戻す。
created by Rinker
¥110 (2022/08/17 03:21:51時点 楽天市場調べ-詳細)

2ターン目から選択肢が増えてきます。

相手のデッキタイプや状況によって変わってきますが、優先度が高いのは『進化設計図』です。

進化クリーチャーを手札に抱え込むことができるので、3ターン目からの動きが安定します。

進化設計図』を引いてない場合は『晴舞龍 ズンドコ・モモキング』を1ターン目に出したクリーチャーを進化元にして出すことが多いです。

とりあえず2ターン目は何かしら動いていれば問題ないです。

進化設計図』 R 自然文明 (2)
呪文
S・トリガー
自分の山札の上から6枚を表向きにする。その中から進化クリーチャーをすべて自分の手札に加え、それ以外のカードを好きな順で自分の山札の一番下に戻す。
晴舞龍 ズンドコ・モモキング』 UC 自然文明 (2)
スター進化クリーチャー:ジョーカーズ/レクスターズ 5000
スター進化:レクスターズまたは自然のクリーチャー1体の上に置く。(このクリーチャーが離れる時、かわりに一番上のカードが離れる)
このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。
このカードが離れた時、カードを1枚、自分のマナゾーンから手札に戻す。

そして、3ターン目にプレイしたいのが『カチコミ入道 <バトライ.鬼>』です。

カチコミ入道 <バトライ.鬼>』はコマンドかつドラゴンなので、『轟く侵略 レッドゾーン』と『超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン』の”侵略”条件を達成できているクリーチャーです!

カチコミ入道 <バトライ.鬼>』で攻撃し、手札から『轟く侵略 レッドゾーン』と『超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン』の”侵略”を宣言、『カチコミ入道 <バトライ.鬼>』『轟く侵略 レッドゾーン』『超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン』と重ねることで進化元が3枚ある『超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン』が無事に着地することができます!

すぐさま『超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン』の”メテオバーン”を使うこともできるので、この一連の動きだけでほぼほぼ勝てるところまで攻撃することができます!

超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン』は選ばれるとマナ破壊を行う破壊耐性も持っているので、相手からすれば非常に戦いにくいデッキでしょう!

カチコミ入道 <バトライ.鬼>』 C 火文明 (3)
スター進化クリーチャー:アーマード・ドラゴン/フレイム・コマンド/鬼レクスターズ 6000
スター進化:レクスターズまたは火のクリーチャー1体の上に置く。(このクリーチャーが離れる時、かわりに一番上のカードが離れる)
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
このクリーチャーが出た時、タマシードから進化していれば、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その選んだクリーチャーとこのクリーチャーをバトルさせる。
轟く侵略 レッドゾーン』 LEG 火文明 (6)
進化クリーチャー:ソニック・コマンド/侵略者 12000
進化:火のクリーチャー1体の上に置く。
侵略:火のコマンド
T・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、一番パワーが大きい相手のクリーチャーをすべて破壊する。

各カードの採用理由

それでは各カードの採用理由を役割別で紹介していきます。

採用カード①フィニッシャー

カチコミ入道 <バトライ.鬼>』→『轟く侵略 レッドゾーン』→『超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン』と動くのがこのデッキの勝ち筋になりますので、ここらへんは4枚ずつ採用しておきたいカードたちです。

採用カード②1コスト

なるべく早く上記の動きへ繋げたいので1ターン目から進化元を展開できるように、進化元になれる1コストカードを多めに採用しています。

ストリエ雷鬼の巻』と『ヘルコプ太の心絵』は安定性を底上げできるのでなるべく4枚採用しておきたいカードです。

逆に『冒険妖精ポレコ』は、進化元になれるカードでしたら代用が効く枠です。

また、メタカードを採用する際は『冒険妖精ポレコ』の枠を差し替えるといい感じになるかと思います。

採用カード③2コスト

ここの役割は主に中継役といった感じです。

2ターン目に何かしらアクションを起こすことで、勝ち筋に近づけるカードを多く採用しています。

進化設計図』は進化クリーチャーを大量に採用している関係上ほぼほぼ4枚採用が安定、他の枠は環境に合わせて差し替えてしまっても問題ない枠かなと思います。

オンソク童子 <ターボ.鬼> C 火文明 (2)
スター進化クリーチャー:ソニック・コマンド/鬼レクスターズ 4000
スター進化:レクスターズまたは火のクリーチャー1体の上に置く。(このクリーチャーが離れる時、かわりに一番上のカードが離れる)
このクリーチャーが出た時、自分の手札を1枚捨て、その後、カードを1枚引く。このクリーチャーがタマシードから進化していれば、カードをもう1枚引く。

デッキ改造案

さて、”赤緑アポロヌス”を一通り紹介し終えましたが、最後にちょっとした改造案などを紹介して終わりにしたいと思います。

デッキ改造案①『ベイB セガーレ』

1ターン目からがんがん動いていくデッキなので、1ターン目からメタを貼ることができる『ベイB セガーレ』を採用している方も多いです。

序盤はメタとして展開し、機能しなかったら『晴舞龍 ズンドコ・モモキング』の進化元として仕事をすることが多いです。

ベイB セガーレ』 UC 自然文明 (1)
クリーチャー:ミルクボーイ 6000
このクリーチャーは攻撃できない。
相手が、自身のマナゾーンのカードの枚数よりコストが大きいクリーチャーを出す時、相手はそれをかわりにマナゾーンに置き、その後、自分はこのクリーチャーをマナゾーンに置く。

デッキ改造案②『禁断の轟速 レッドゾーンX』

もっと色んなデッキに対しての対応策を設けたい場合は『禁断の轟速 レッドゾーンX』を2〜3枚ほど採用しておくと良いかと思います。

”S級侵略[轟速]”の条件が火のコマンドなので、比較的簡単に条件を満たすことができ、”封印”をばら撒くことができるのでおすすめです!

禁断の轟速 レッドゾーンX』 SR 闇/火文明 (6)
進化クリーチャー:ソニック・コマンド/S級侵略者/イニシャルズ 8000
進化:闇または火のクリーチャー1体の上に置く。
S級侵略[轟速]:闇または火のコマンド(自分の闇または火のコマンドが攻撃する時、自分の手札か墓地、またはバトルゾーンにあるこのクリーチャーをその上に重ねてもよい)
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、相手のクリーチャーを1体選び、相手はそれに封印をひとつ付ける。
(カードを封印するには、自分の山札の上から1枚目を裏向きのままそのカードの上に置く。コマンドが出た時、その持ち主はそのコマンドと同じ文明を持つ自身のカードから封印を1つ、墓地に置く。クリーチャーが封印されている間、両プレイヤーはそのクリーチャーを無視する)
Re
Re

最後までお読みいただきありがとうございました!

今後もデュエマ、遊戯王を中心にデッキ解説記事、カードの高騰情報をまとめた記事を投稿していきますのでよろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました