【宗教?】SNSの在り方が今まさに変わろうとしている件について

YouTuber

みなさま初めまして、現在「Re」と言う名前でゲーム実況をしている者です。

読み方は「り」って呼んだり「れ」って呼ばれたりしますが公式では「り」推奨です。(不安定)

Re:【やり込み系ゲーム実況者】
まったりと動画投稿していく予定です。 更新頻度に関してはそんな期待しないでね( ;∀;)

本日のブログ記事は・・・

『【宗教?】SNSの在り方が今まさに変わろうとしている件について』

といった内容で書いて行きます。

どこの界隈も”宗教化”が進んでいるってお話。

筆者はリサイクルショップで働きながらブログを書いたり、ユーチューブで動画投稿をしている者です。

最近はブログのネタだったり、動画のトーク内容を広げるために色んな界隈の話をSNSやらYouTubeやらで情報収集をしている毎日なんですが、最近ふと思ったことがあります。

筆者「Re:」
筆者「Re:」

なんか最近宗教じみた団体多くね?????

これを読んでいる方も心当たりがあるかもしれませんね。

特に”ビジネス系ユーチューバー”はその傾向が強いように思います。

今回はそんな宗教じみた団体がネット上で各地に出来上がった背景を記事に書き起こしてみます。

【まずはじめに】宗教自体は悪く無いってお話。

まず大前提として頂きたいのが”宗教自体は決して悪い物では無い”というお話です。

宗教にあまり馴染みのない日本なので、”宗教”と聞くと「怪しい・・・」って思ったり「近づきたくない・・・」って思う人は少なからず居るはずです。

日本がこうなった背景としては、筆者なりの推測ではあるんですが”オウム真理教”の存在が大きいと思います。話すと長くなるのでここでは割愛しますが、気になる方は『麻原彰晃』とでも検索してみて下さいな。

何はともあれ、これを読んで居る人はおそらく宗教は怪しくて野蛮なイメージが根付いてるかもしれませんが、”一種のコミュニケーション”として捉えるとそんなに悪い物ではないと筆者は思っています。

”何か一つの物を崇めて崇拝している”ってのが宗教のイメージですが、”崇める”とか”崇拝”って言葉が胡散臭くて、表現を変えると”みんなで一つの物に熱中している”状態を宗教と呼べるのではないでしょうか?

表現一つ変えるだけで怪しさが無くなってマシになったと思いません???

SNSにおけるコミュニケーション文化が劇的に変化したってお話。

さて、”宗教”における表現を変えると幾分マシに見えてきたところで本題に入ります。

最近のSNS界隈はどうも”宗教要素の強いコミュニティ”がかなり増えたと感じます。

言い方を変えるならば”閉鎖的なコミュニティ”でしょうか。

直近で話題になっているのは”えんとつ町のプペル”なんかがそうではないでしょうか?

筆者は人混みが大の苦手なので映画館なんて以ての外ではありますので作品の感想は書けませんが、”えんとつ町のプペル”の脚本、原作を務める「西野 亮廣」氏の周りを囲ってる人たちの情熱が強すぎて、周りから宗教だの何だの言われてるイメージがあります。

あとはYouTube界隈の話になると「マコなり社長」氏が手がけた新サービス”UNCOMMON”が一部では「情弱なファンから金を搾取している!!」と指を指されたり、他のビジネス系ユーチューバーもYouTubeのサービス”メンバーシップ”の導入で叩かれたりと、昨今の日本は閉鎖的なコミュニティが立ち上がる度に寄ってたかって叩く傾向が強いです、

しかし、筆者が思うに「これが新時代のコミュニケーションの答え」のような気がします。

今後も閉鎖的なコミュニティが増えるよねってお話。

さて、これまでのSNSにおける歴史を振り返ると、今までは『とにかく四方八方に誰でもお構いなくリーチする』のがSNSのやり方でした。

しかし、四方八方に誰でもお構いなくリーチを掛けると、好意的な印象を持ってくれた人だけじゃなく、嫌悪感を抱く人もそのコミュニティに入ってしまいます。

そして、ファンとアンチがごった煮になったSNSはどこが窮屈さを感じてしまうコミュニケーションになっていったような気がします。

その結果が、宗教チックなコミュニケーションの増加であり、今まさにコミュニケーションの在り方が変わろうとしている瞬間です。

今後もこの動きは、SNS全体を見ても加速的に増えるでしょうね。そしてまだしばらくは閉鎖的なコミュニティはどんどん作られていって、その度に叩かれるでしょうね。

それでも世間の声は御構い無しに作られる事でしょう。

だって閉鎖的なコミュニティの方が幸せですもの。

まとめ

今回はSNSにおけるコミュニケーションの変化として”宗教”を軸にお話してみました。

筆者的にはこれが新時代のコミュニケーションの答えだと思っていますが、みなさまはどのように感じて居るでしょうか?ぜひご意見お待ちしています。

この時代の流れ・変化を知る事で、ビジネスをする上での大きなヒントになるかと思います。

もし何か新しいビジネスをする時に、この記事が役立てば嬉しいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました