【2021年最新版初心者向け】これからデュエマを始めるならこれだけは買っておけ!(多色レア編)

デュエル・マスターズ

みなさま初めまして、現在「Re」と言う名前でゲーム実況をしている者です。

読み方は「り」って呼んだり「れ」って呼ばれたりしますが公式では「り」推奨です。(不安定)

Re:【やり込み系ゲーム実況者】
まったりと動画投稿していく予定です。 更新頻度に関してはそんな期待しないでね( ;∀;)

本日のブログ記事は・・・

『【2021年最新版初心者向け】これからデュエマを始めるならこれだけは買っておけ!(多色レア編)』

といった内容で書いて行きます。

まずはじめに自己紹介を。

冒頭で筆者はゲーム実況をしていると書きましたが、実は中の人はTCGショップの店員を5年ほど務めています。

このブログでも”TCGショップ店員歴5年”というちょっと珍しい肩書きを活かしてTCG業界について話したり、TCG業界のトレンドを解説しています。

現在筆者はプレイヤーを引退しており、昔のカードをコレクションしながらTCG店員らしく最新情報を追っかけていたり、環境を考察したりしています。

最近バイラスとダクマ1面にしました。

なので今回はそんなTCG店員歴5年の筆者が”今から始める人はこれだけは買っておけ!”ってカードを各文明をレアリティ別で紹介していこうかなと思います。

紹介するカードの選考基準。

今回はあくまでも”今から始める人はこれだけは買っておけ!”を掲げていますので具体的な選考基準としましては・・・。

  1. なるべく色んなデッキに入る可能性のあるカード。
  2. ”特定のデッキタイプのみ採用される”カードは極力避ける。
  3. 値段はできるだけリーズナブルなカード。

この3点を重点においてこれから紹介していきます。

では、本日の記事は”多色、レアカード編”というわけで早速紹介していきます!

多色・レアカードでのおすすめカード集

おすすめカード①テック団の波壊Go!!

相手のコスト5以下のカードを全てバウンスか、コスト6以上のクリーチャーを一体破壊できるSトリガー持ち呪文です。

他の除去札と違い、前者の方はカード指定なので、コスト5以下のドラグハート・フォートレスやD2フィールドも処理できるのが特徴。

どちらも腐りにくい効果のため、実用性も高いので様々なデッキで受け札として採用されている一枚です。

ベガスで打てるのもポイント高いですね。

おすすめカード②襲来、鬼札王国!

相手のコスト8以下のクリーチャーを一体破壊するか、コスト8以下の自分のクリーチャーを蘇生するかを選んで発動するSトリガー持ち呪文。

さらに『鬼タイム』能力で自分と相手のシールドが一枚以下ならどちらも使う事ができる強力な一枚。

蘇生効果(リアニメイト)はデュエマにおいて貴重な効果なのでぜひ覚えておきたいカードです。

おすすめカード③超次元ガード・ホール

クリーチャーを一体シールドに送りつつ、闇か光のコスト10以下のサイキックコマンドクリーチャーを超次元ゾーンから出す事ができます。

このシールド送りは味方に対しても撃つ事ができ、シールド増強として運用する事ができます。

そして、超次元ゾーンからは『時空の支配者ディアボロスZZ』『勝利のガイアール・カイザー』などの申し分ないスペックのサイキックを出す事もできるため、フィニッシャーとしても受け札としても運用する事ができます。

主に”コントロール系統”などで採用を検討できる一枚かと思います。

おすすめカード④フェアリー・シャワー

山札の上から2枚見て、マナと手札それぞれ一枚ずつ増やす事ができます。

手札を減らさずにマナブーストできるので大変便利。

マナを増やして大型を出していく”ビッグマナ系統”で繋ぎ役として採用されている事が多いです。

便利なカードではありますが、”ビッグマナ系統”以外ではカードパワー不足感が否めないのでほどほどに。

おすすめカード⑤月の死神 ベル・ヘル・デ・スカル

Sトリガー持ちのクリーチャーで、出た時にマナゾーンか墓地からカードを一枚手札に戻す事ができます。

カードタイプを指定されてない上に、墓地かマナゾーンという比較的広範囲な場所から回収が行えるのが特徴。

種族もデーモンコマンドとビーストフォークなので、サポートに恵まれているのも特徴。

”ネクラ”と呼ばれる光、闇、自然の3色から成り立つデッキタイプや”グッドスタッフ”タイプのデッキで採用を検討される一枚です。

おすすめカード⑥蒼龍の大地

自分のマナゾーンにあるカード枚数より小さいコストを持つ、非進化クリーチャーをマナゾーンから出す事ができます。

さらに出したクリーチャーが火か自然のクリーチャーだった場合、そのクリーチャーと相手クリーチャーを指定してバトルを行えます。

マナを伸ばして、マナから踏み倒しとして使ったり、Sトリガー持ちなのでマナは減りますが受け札として使う場面もあります。

このカードを主軸にした”5c蒼龍”として使われるのはもちろんのこと、”ビッグマナ系統”のようなマナを伸ばすデッキでは採用が検討できる優秀なカードです。

総括

今回の記事で多色・レアカードのおすすめカードをまとめてみました。

これらのカードは何かと使う機会が多いカード達なので初心者の内はこれらを集めておけば、なんとかなると思います。

値段もなるべく手頃なものを厳選したので参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました