CSで結果を残してるガチデッキを解説!『アナカラー墓地退化』

【デュエマ】デッキ解説記事

こんにちは!『Re:(り)』です!

リアルでは所謂”カードショップ店員”として生活しつつ、個人的な趣味で『Re:blog』を運営しています。

当ブログ『Re:blog』では、TCG関連の最新情報や、大会で使われているデッキや安くて長く遊べるデッキを紹介するデッキ解説記事などを投稿しています。

前述した通り、筆者は”カードショップ店員”というわけで、そのキャリアを存分に活かして深い情報を提供できるブログを目指して、日々精進しています。

皆さまのお役に立てるような情報を提供できれば幸いです。

Re
Re

主にデッキ解説記事と高騰情報をまとめた記事を投稿しています!

デッキを作る際や、手持ちのカードを整理する際に参考になれば幸いです!

今回記事で解説するデッキは、CSで結果を残している強力なデッキタイプの一つである”アナカラー墓地退化”です!

墓地退化”のギミック自体は昔から存在していましたが、『竜魔神王バルカディア・NEX』が再録された辺りから各地で使われはじめ、現在の地位まで上り詰めた印象です。(諸説有り)

竜魔神王バルカディア・NEX』 P(SR) 光/闇/火文明 (15)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド/デーモン・コマンド/アーマード・ドラゴン 25000
進化GV:エンジェル・コマンド、デーモン・コマンド、アーマード・ドラゴンのいずれか3体を重ねた上に置く。
ワールド・ブレイカー(このクリーチャーは相手のシールドをすべてブレイクする)
相手は呪文を唱えることができない。
このクリーチャーが攻撃する時、相手のクリーチャーを1体破壊し、自分の山札を見る。その中からドラゴンまたはコマンドを1体選び、出してもよい。その後、山札をシャッフルする。

再録された直後は1枚1000円を切っていたカードですが、”墓地退化”が流行りはじめてからじわじわと値段が上がりはじめましたね…笑

墓地退化”は『竜魔神王バルカディア・NEX』をはじめとする強力なフィニッシャーを相手によって使い分けるプレイングが重要になってくるので、相手のデッキを観察・戦術を立てるのが好きな方にはうってつけです!

デッキの動かし方自体も、覚えてしまえばそこまで難しいこともないため、初心者の方でもおすすめできるデッキタイプと言えます!

墓地退化”が環境に台頭し始めた頃は、”青黒墓地退”が主流でしたが、研究が進むにつれて他デッキの”退化”ギミックを妨害できる”アナカラー墓地退化”がじわじわとシェアを獲得していった印象です。

ロイヤル・ドリアン』の存在が極めて大きいですね。

ロイヤル・ドリアン』 R 自然文明 (5)
クリーチャー:ワイルド・べジーズ 1000
S・トリガー
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにあるすべての進化クリーチャーの一番上のカードを、持ち主のマナゾーンに置く。

今回はこの『ロイヤル・ドリアン』の強さに触れつつ、”アナカラー墓地退化”を紹介していきます!

墓地退化”はこんなデッキ!

①”墓地退化”のギミック自体は昔から存在してたが、構築の敷居が下がったことや、環境の変化によって注目され始めたデッキタイプ!

②『竜魔神王バルカディア・NEX』をはじめとする強力なフィニッシャーを相手によって使い分けるプレイングが重要!

③デッキの動かし方自体も、覚えてしまえばそこまで難しいこともないため、初心者の方でもおすすめ!

墓地退化”はこんな方におすすめ!

①かっこいいクリーチャーを使いこなしたい方!

②相手のデッキを観察・戦術を立てるのが好きな方!

③大会に参加してみたい初心者の方!

当ブログでは、初心者向けに記事を書いていますので、TCG専門用語や、一般的にわかりにくいと思われる呼称などを捕捉しながら進めていきます。

ある程度TCGに精通している中級者・上級者の方からすると読みにくい・長い記事になっていると思います。予めご了承下さい。

デッキレシピ公開

デッキ解説

まずは大まかなデッキの動かし方を解説し、各カードの採用理由などを後述していきます。

墓地退化”はいわゆる”コンボデッキ”と呼ばれるタイプのデッキであり、特定のカード同士を組み合わせることを目的としたデッキタイプです。

コンボパーツになっているのは”墓地進化”を持っている『死神術士デスマーチ』と、特殊な除去効果を持っている『龍脈術 落城の計』の2種類です。

死神術士デスマーチ』 UC 闇文明 (1)
進化クリーチャー:デスパペット 1000
ブロッカー
墓地進化:闇のクリーチャーを1体自分の墓地から選び、このクリーチャーをその上に重ねつつ出す。
このクリーチャーがバトルする時、そのバトルの終わりまで、バトルしている相手クリーチャーのパワーを-4000する。
龍脈術 落城の計』 C 水文明 (3)
呪文
S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
バトルゾーンにあるコスト6以下のカードを1枚選び、持ち主の手札に戻す。

竜魔神王バルカディア・NEX』などの出したい闇のクリーチャーを墓地に落としておき、それを進化元にして『死神術士デスマーチ』を召喚します。

ちょっと変わった進化方法ですが、”墓地進化”がそういった能力ですのでこのような挙動でバトルゾーンに出すことができます。

墓地進化…墓地に存在する同文明のクリーチャーの上に重ねてバトルゾーンに出す。

そして、強力な進化クリーチャーを進化元にした『死神術士デスマーチ』に『龍脈術 落城の計』を打つことでコンボが成立します!

龍脈術 落城の計』のテキストは、他の除去カードと異なり、クリーチャー1体ではなくカード1枚を指定しているので、手札に戻るのは一番上のカード一枚のみなのです!

少しトンチが効いた効果処理ですがこの場合、一番上になっているであろう『死神術士デスマーチ』が手札に戻り、進化元だった『竜魔神王バルカディア・NEX』が残った状態になります!

この”墓地進化”を特定のカードで剥がし、進化ではなく退化のような一連の動きを”墓地退化”と呼び、このコンボを狙ったデッキタイプというのが今回紹介する”アナカラー墓地退化”です!

①『竜魔神王バルカディア・NEX』などの出したい闇のクリーチャーを墓地に落としておき、それを進化元にして『死神術士デスマーチ』を召喚!

②『龍脈術 落城の計』を『死神術士デスマーチ』に対して打つことで進化元だった『竜魔神王バルカディア・NEX』が残った状態に!

各カードの採用理由

それでは各カードの採用理由を役割別で紹介していきます。

採用カード①『死神術士デスマーチ』『龍脈術 落城の計』『ロイヤル・ドリアン』

上記で触れたコンボの主軸を担うカードたちです。

コンボパーツになっている『死神術士デスマーチ』と『龍脈術 落城の計』は4枚ずつ採用されることが多く、確定枠と言って良いでしょう。

ロイヤル・ドリアン』も後述する使い方以外にも『龍脈術 落城の計』と同じような使い方ができるので4枚採用されることが多いです。

『ロイヤル・ドリアン』が現環境に強い理由。

ロイヤル・ドリアン』がここまで台頭した理由として挙げられるのが”JO退化”の存在と『アルカディアス・モモキング』の除去ですね。『ロイヤル・ドリアン』はこれらに対して強く出れるので各地で流行っています。

禁断英雄 モモキングダムX』 KGM 闇/火文明[ジョーカーズ] (2)
スター進化クリーチャー:ジョーカーズ/禁断/レクスターズ 99999
禁断スター進化:このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から進化ではないレクスターズが出るまで表向きにし、それをこのクリーチャーの下に置く。その後、山札をシャッフルする。(このクリーチャーが離れる時、かわりに一番上のカードが離れる)
自分の他のレクスターズが出た時、自分の山札の上から1枚目を表向きにしてこのクリーチャーの下に置いてもよい。
このクリーチャーは、カードが6枚以上含まれていなければ、攻撃できず、相手に選ばれない。
このクリーチャーに含まれるカードが6枚になった時、このターン、相手のクリーチャーすべてのパワーを-99999する。
T・ブレイカー
アルカディアス・モモキング』 KGM 光/火文明[ジョーカーズ] (6)
スター進化クリーチャー:ジョーカーズ・ドラゴン/エンジェル・コマンド/レクスターズ 12500
スター進化:レクスターズ、光のクリーチャー、または火のクリーチャー1体の上に置く。(このクリーチャーが離れる時、かわりに一番上のカードが離れる)
T・ブレイカー
自分の他のレクスターズすべてのパワーを+2000する。
相手は光以外の呪文を唱えられない。
各ターン、はじめて出る相手のクリーチャーは、タップして出る。

現環境に存在する”JO退化”は進化元を『未来王龍 モモキングJO』にした状態で自壊することで最速3ターン目には攻撃してくる強力なコンボデッキです。

この『未来王龍 モモキングJO』は手札にある”モモキング”名称の進化クリーチャーを重ねる→破壊を繰り返して半永久的に攻撃することができますが、攻撃の途中で『ロイヤル・ドリアン』が”S・トリガー”すると、アンタップするために必要な進化クリーチャーが剥がれるので攻撃を止めることができます!

未来王龍 モモキングJO』 KGM 火/自然文明[ジョーカーズ] (5)
クリーチャー:ジョーカーズ/ヒーロー・ドラゴン/レクスターズ 7000
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーから進化できる、名前に《モモキング》とある進化クリーチャーを1体、自分の手札からこのクリーチャーの上に置いてもよい。
シンカパワー:このクリーチャーが進化する時、このターン、このクリーチャーの攻撃の終わりに、このクリーチャーの一番上のカードを墓地に置いてもよい。そうしたら、このクリーチャーをアンタップし、カードを1枚引く。

また、色んなデッキのフィニッシャーとして良く採用されている『アルカディアス・モモキング』に対しても有効な除去札として機能します。

アルカディアス・モモキング』は光文明以外の呪文を封じるので『ロイヤル・ドリアン』を採用していないデッキだと除去するために光文明持ちの除去呪文を採用したり…などの工夫が必要になってきます。”アナカラー墓地退化”だと『ロイヤル・ドリアン』がコンボパーツになっているので変に工夫する必要が無いというわけです。

採用カード②墓地肥やし

”墓地進化”をする際に必要になるのがフィニッシャーを墓地へ送ること。

上記のコンボパーツが低コストなので、それよりもさらに早い段階で落とすことができればスムーズにコンボを決めることができます。

かつ、墓地に落としておきたいカードはフィニッシャー1枚のみなため、量よりもコストが低いこと・いかにしてピンポイントで落とせるかが重要になってきます。

そういった背景から選ばれたのが『Disジルコン』『天災 デドダム』『ダンディ・ナスオ』『氷牙レオポル・ディーネ公/エマージェンシー・タイフーン』の4種類です。どのカードも墓地を肥やしつつ、デッキの回転をサポートすることができるので多めに採用することが多いです。

ここら辺の枠はほぼほぼ確定枠ですが、人によっては『Disジルコン』を少し減らして…ってこともあり得ますね。

Disジルコン』 R 水/闇/自然文明 (3)
クリーチャー:スピリット・クォーツ/ディスタス 3000
ブロッカー(このクリーチャーをタップして、相手クリーチャーの攻撃先をこのクリーチャーに変更してもよい)
このクリーチャーを、自分のマナゾーンまたは墓地から召喚してもよい。
このクリーチャーが出た時、カードを2枚引き、自分の手札を1枚捨てる。
天災 デドダム』 P 水/闇/自然文明 (3)
クリーチャー:トリニティ・コマンド/侵略者 3000
このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から3枚を見る。そのうちの1枚を手札に加え、1枚をマナゾーンに置き、残りの1枚を墓地に置く。
ダンディ・ナスオ C 自然文明 (2)
クリーチャー:ワイルド・ベジーズ 1000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札を見る。その中からカードを1枚選んでマナゾーンに置き、マナゾーンからカードを1枚選んで墓地に置く。その後、山札をシャッフルする。
氷牙レオポル・ディーネ公』 C 水文明 (4)
クリーチャー:サイバー・ウイルス/ナイト 2000
自分が呪文を唱えた時、カードを1枚引いてもよい。
エマージェンシー・タイフーン』 C 水文明 (2)
呪文
S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
カードを2枚まで引く。その後、自分の手札を1枚捨てる。

採用カード③フィニッシャー

”墓地進化”の進化元になれる闇文明であれば採用を検討できるため、拡張性が高いのも”墓地退化”の強みでしょう。『竜魔神王バルカディア・NEX』の効果で山札からドラゴンかコマンドを踏み倒せるので、これらも意識して採用すると尚良き。

基本的にはどのデッキに対してもフィニッシャーとして活躍できる『竜魔神王バルカディア・NEX』が4枚確定。残りの枠は人によって変わってくる枠かと思います。

今回は選択肢として良く候補に挙がる『The邪悪 寄成ギョウ』と『∞龍 ゲンムエンペラー』と『大樹王 ギガンディダノス』を全て採用しました。

強力なクリーチャーを扱う”コントロール”やクリーチャーを主力にした”ビートダウン”相手には『The邪悪 寄成ギョウ』や『大樹王 ギガンディダノス』、呪文主体のデッキには『∞龍 ゲンムエンペラー』といった感じでしょうか?どのカードもも”墓地退化”で直接場に出すこともできますが、この構築だと基本的に『竜魔神王バルカディア・NEX』の攻撃時効果で出すことになるでしょう。

禁断竜王 Vol-Val-8』は”墓地退化”で直接バトルゾーンに出すことはできませんが、状況次第では『竜魔神王バルカディア・NEX』の効果で出してエクストラターンを獲得することもできるので、選択肢の一つとして最近良く採用されている印象です。

The邪悪 寄成ギョウ』 SR 水/闇/自然文明 (11)
クリーチャー:ジュラシック・コマンド・ドラゴン 12000
T・ブレイカー
相手のクリーチャーが出て、その能力がトリガーする時、かわりに自分がその能力を使う。
相手のターンのはじめに、クリーチャーを1体、相手の墓地から選んでもよい。そうしたら、相手はそれをタップして出す。
∞龍 ゲンムエンペラー』 KGM 水/闇文明 (∞)
クリーチャー:∞マスター・ドラゴン/チーム零 ∞
<ムゲンクライム>4(自分のクリーチャーを4体タップして、[水/闇(4)]支払って、このクリーチャーを自分の手札または墓地から召喚してもよい)
∞ブレイカー(「∞ブレイカー」を持つクリーチャーは、相手のシールドを好きな数ブレイクできる)
ブロッカー
コスト5以下のクリーチャーの能力とコスト5以下の呪文の効果を無視する。
大樹王 ギガンディダノス』 KGM 闇/自然 (12)
クリーチャー:ジャイアント・ドラゴン/不死樹王国 50000
ワールド・ブレイカー(このクリーチャーは相手のシールドをすべてブレイクする)
このクリーチャーが出た時、相手は自身の手札をすべてマナゾーンに置く。
自分は、このクリーチャーよりパワーが小さいクリーチャーに攻撃されない。
<フシギバース>[闇/自然(14)](自分のクリーチャーを1体タップしてマナゾーンに置き、[闇/自然(14)]からそのクリーチャーのコストを引いた数のコストを支払って、このクリーチャーを自分の墓地から召喚してもよい。ただし、コストは[闇/自然(2)]より小さくならない)
禁断竜王 Vol-Val-8』 KGM 水/火/自然文明 (9)
クリーチャー:ディスペクター/アーマード・ドラゴン/アース・ドラゴン/禁断 54321
EXライフ
スピードアタッカー
T・ブレイカー
ジャストダイバー(このクリーチャーが出た時、次の自分のターンのはじめまで、このクリーチャーは相手に選ばれず攻撃されない)
このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から5枚を見て、その中から2枚まで手札に加える。残りを好きな順序で山札の下に置く。その後、パワー6000以下のクリーチャーをすべて破壊してもよい。
自分のターンの終わりに、このターン、クリーチャーが4体以上破壊されていれば、このターンの後に自分のターンを追加する。

採用カード④防御・その他

ここまででデッキの大半が埋まったので、空いたスペースで防御札や汎用カードなんかを採用していきます。

今回採用したのは『終末の時計 ザ・クロック』『戯具 ヴァイモデル』、そしていつ引いても腐らない『生命と大地と轟破の決断』です。

墓地肥やしを多く採用しているので余裕があれば『終末の時計 ザ・クロック』を落としておき、『戯具 ヴァイモデル』で蘇生してターンを凌ぐっていう寸法ですね。”アナカラー墓地退化”以外のところでも見かける組み合わせです。

生命と大地と轟破の決断』は1枚でコンボへ持っていくことができるため、今回採用しました。

ここら辺の枠は全て調整枠になってきますので、周りの環境に応じて色々変えてみると良いかと思います。

終末の時計 ザ・クロック』 R 水文明 (3)
クリーチャー:アウトレイジMAX 3000
S・トリガー(このクリーチャーをシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい)
このクリーチャーが出た時、ターンの残りをとばす。(次のプレイヤーのターンをすぐに始める)
戯具 ヴァイモデル』 P(UC) 闇文明 (5)
クリーチャー:マフィ・ギャング/チーム零 3000
S・トリガー(このクリーチャーをシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい)
このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から3枚を墓地に置く。その後、コスト3以下のクリーチャーを1体、自分の墓地から出す。
生命と大地と轟破の決断』 SR 自然文明 (5)
呪文
この呪文を自分のマナゾーンから唱えてもよい。そうしたら、唱えた後、墓地に置くかわりに自分の山札の一番下に置く。
次の中から2回選ぶ。(同じものを選んでもよい)
►自分の山札の上から1枚目を、タップしてマナゾーンに置く。
►コスト5以下のクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出す。
►このターン、自分のクリーチャー1体はパワー+3000され、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる。

デッキ改造案

さて、”アナカラー墓地退化”を一通り紹介し終えましたが、最後にちょっとした改造案などを紹介して終わりにしたいと思います。

デッキ改造案①コンボパーツの増量

墓地退化”のコンボパーツになっている”墓地進化”持ちクリーチャーである『鬼面妖蟲ワーム・ゴワルスキー』や『龍脈術 落城の計』と同じような効果を持っている『堕呪 エアヴォ』を採用するのもおすすめです。

鬼面妖蟲ワーム・ゴワルスキー』 C 闇文明 (2)
進化クリーチャー:パラサイトワーム/デビルマスク 4000
墓地進化−闇のクリーチャーを1体自分の墓地から選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
このクリーチャーが破壊された時、相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。
堕呪 エアヴォ』 UC 水文明 (4)
呪文:魔導具
S・トリガー(この呪文を自分のシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
バトルゾーンにある、コスト7以下のカードを1枚選び、持ち主の手札に戻す。

デッキ改造案②フィニッシャーを自分好みに差し替えてみよう!

今回はテンプレに近い構築でしたが”墓地進化”の進化元になれる闇文明であれば採用を検討できるため、フィニッシャーの枠は自分の好きな闇文明クリーチャーに差し替えても問題ないです!

なるべく強さを保ちつつ、フィニッシャーを差し替えるとなれば『奈落の葬儀人デス・シュテロン』辺りが有力です。周りの環境に応じて採用してみるのもおすすめです!

奈落の葬儀人デス・シュテロン』 SR 闇文明 (9)
クリーチャー:デーモン・コマンド 13000
T・ブレイカー
各ターンの終わりに、プレイヤーは自身の手札をすべて捨てる。
このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、クリーチャーをすべて破壊する。
Re
Re

最後までお読みいただきありがとうございました!

今後もデュエマ、遊戯王を中心にデッキ解説記事、カードの高騰情報をまとめた記事を投稿していきますのでよろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました