【2021年最新版初心者向け】これからデュエマを始めるならこれだけは買っておけ!(自然文明レア編)

デュエル・マスターズ

みなさま初めまして、現在「Re」と言う名前でゲーム実況をしている者です。

読み方は「り」って呼んだり「れ」って呼ばれたりしますが公式では「り」推奨です。(不安定)

Re:【やり込み系ゲーム実況者】
まったりと動画投稿していく予定です。 更新頻度に関してはそんな期待しないでね( ;∀;)

本日のブログ記事は・・・

『【2021年最新版初心者向け】これからデュエマを始めるならこれだけは買っておけ!(自然文明レア編)』

といった内容で書いて行きます。

まずはじめに自己紹介を。

冒頭で筆者はゲーム実況をしていると書きましたが、実は中の人はTCGショップの店員を5年ほど務めています。

このブログでも”TCGショップ店員歴5年”というちょっと珍しい肩書きを活かしてTCG業界について話したり、TCG業界のトレンドを解説しています。

現在筆者はプレイヤーを引退しており、昔のカードをコレクションしながらTCG店員らしく最新情報を追っかけていたり、環境を考察したりしています。

最近バイラスとダクマ1面にしました。

なので今回はそんなTCG店員歴5年の筆者が”今から始める人はこれだけは買っておけ!”ってカードを各文明をレアリティ別で紹介していこうかなと思います。

紹介するカードの選考基準。

今回はあくまでも”今から始める人はこれだけは買っておけ!”を掲げていますので具体的な選考基準としましては・・・。

  1. なるべく色んなデッキに入る可能性のあるカード。
  2. ”特定のデッキタイプのみ採用される”カードは極力避ける。
  3. 値段はできるだけリーズナブルなカード。

この3点を重点においてこれから紹介していきます。

では、本日の記事は”自然文明、レアカード編”というわけで早速紹介していきます!

自然文明・レアカードでのおすすめカード集

おすすめカード①闘争類拳嘩目ステゴロ・カイザー

『ツインパクト』と呼ばれる上面のクリーチャーと下面の呪文を使い分けることができる特殊なカード。

上のクリーチャー面は、出したターンにクリーチャーを殴れる『マッハファイター』持ちかつ、マナ回収持ちなのでマナが増えた終盤で役に立ちます。

対する下の呪文面はマナブーストと墓地メタを備えているので序盤のブースト札として採用することができます。

以上の事から腐る場面はほとんどなく、3コストブースト枠として様々なデッキに採用されています。

墓地メタも現環境の”オカルトアンダケイン”など刺さるデッキタイプが多いので何かと役に立ちます。

おすすめカード②デスマッチ・ビードル

2コストでパワー13000と素のスペックはバケモノ。

しかし攻撃することができないので実際はただの置物なのですが、このクリーチャーがバトルゾーンにある間、相手がコストを支払わずに召喚した時にこのクリーチャーと強制バトルが行われます。

場に出た時効果は使われるんですが、踏み倒しメタとして使われる一枚。

自然文明のメタカードって他の文明に比べるとそんなにないのでこのカードの存在は覚えておいて損はないはずです。

おすすめカード③神秘の宝箱

3コストのマナブーストカードで山札の中から自然以外のカードをマナゾーンに置けます。

”コンボデッキ”などでは、好きなカードをマナゾーンに置けるカードが貴重だったりします。

例えば出したい進化クリーチャーをマナゾーンに置いて『母なる聖域』で踏み倒したり、『パーフェクトネイチャー』で出したいクリーチャーをマナゾーンに置いたり・・・

主にマナゾーンを扱う”コンボデッキ”等によく採用される一枚かと思います。

おすすめカード④再生妖精スズラン

2コストのクリーチャーでマナゾーンからコストを払って召喚できます。

その代わりターンの終わりにマナゾーンに置かれるクリーチャーです。

ターンの終わりにマナゾーンに行くので2コストブーストとして使う事ができ、マナゾーンから召喚できるので終盤はその特殊な効果を用いてコンボを始動させる場合が多いです。

例えばマナゾーンにスズランがあり、『シャドーウェーブ・サイクロン』が手札にあると7マナで相手のマナをバウンス出来る上、『シャドーウェーブ・サイクロン』は使う前にクリーチャーを出していると、使った後手札に戻るのでこれでロックを決められます。

他にも『他のクリーチャーが召喚されば場合〜』などの効果もこのカードがマナゾーンにあるだけで誘発できるので、”コンボデッキ”に置いては何かと重要な一枚です。

おすすめカード⑤薫風妖精コートニー

このクリーチャーがバトルゾーンにある間、マナゾーンにあるカードは全ての文明を持ちます。

このカードも”コンボデッキ”を作るにあたっては覚えておきたい一枚です。

簡単な例だとこのクリーチャーを出した後に『フェアリー・ミラクル』を使うと確実に2ブーストが決められます。

あとはマナゾーンに置かれた文明を参照する”スペース・チャージ”やマナゾーンの文明の数によって効果が発揮される”マナ武装”、”マナドライブ”など、マナゾーンの文明を参照するキーワード能力を扱った”コンボデッキ”で真価を発揮します。

おすすめカード⑥Dの花道 ズンドコ晴れ舞台

『D2フィールド』と呼ばれる特殊な類のカードです。

『D2フィールド』は相手の場も含めて、合計一枚しか貼る事ができないかわりに永続的な効果が備わっています。(共存できないので相手がD2フィールドを貼ったら張り替えが起こる)

この『D2フィールド』が場にある間、自分がクリーチャーを召喚する度に、山札から一枚ブーストする事ができます。

さらにゲーム中に一度このカードをひっくり返す事でマナゾーンの枚数以下のコストを持つクリーチャーをマナゾーンから場に出す事ができます。

このカードも”コンボデッキ”において主軸になり得るカードなので覚えておきたい一枚。

よく無限ループに組み込まれるので気になる方はググってみてはいかがでしょうか?

総括

今回の記事で自然文明・レアカードのおすすめカードをまとめてみました。

これらのカードは何かと使う機会が多いカード達なので初心者の内はこれらを集めておけば、なんとかなると思います。

値段もなるべく手頃なものを厳選したので参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました