発売当時から人気のデッキタイプをサクッと解説!『青魔道具』

【デュエマ】最新情報

こんにちは!『Re:(り)』です!

リアルでは所謂”カードショップ店員”として生活しつつ、個人的な趣味で『Re:blog』を運営しています。

当ブログ『Re:blog』では、TCG関連の最新情報や、大会で使われているデッキや安くて長く遊べるデッキを紹介するデッキ解説記事などを投稿しています。

前述した通り、筆者は”カードショップ店員”というわけで、そのキャリアを存分に活かして深い情報を提供できるブログを目指して、日々精進しています。

皆さまのお役に立てるような情報を提供できれば幸いです。

Re
Re

主にデッキ解説記事と高騰情報をまとめた記事を投稿しています!

デッキを作る際や、手持ちのカードを整理する際に参考になれば幸いです!

今回記事で解説するデッキは、発売当時から人気のデッキタイプであり、今もなお大会で結果を残している”青魔道具”です!

月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍』 SR 水文明 (99)
呪文:ドルスザク
ドルスザクを4体まで、自分の手札または墓地からコストを支払わずに召喚してもよい。
このターンの後に自分のターンを追加する。

今回紹介する”青魔道具”は大会で活躍しているいわゆるテンプレに近いデッキレシピです。

青魔道具”の肝でもある『卍 新世壊 卍』をいち早く設置し、”堕呪”と呼ばれる呪文を4回撃つことで上記の『月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍』をタダで唱えて一気にゲームを終わらせるという他のデッキでは再現することができない独特が動かし方をするのがこの”青魔道具”最大の魅力ではないでしょうか?

今回はそんな”青魔道具”をDM初心者向けになるべくわかりやすく紹介します!

卍 新世壊 卍』 VR 水文明 (2)
無月フィールド
自分の魔導具を持つ呪文を唱えた時、唱えた後で墓地に置くかわりに、このフィールドの下に置いてカードを1枚引いてもよい。
自分の魔導具またはドルスザクを持つ呪文を唱えられなくする能力を無視する。
無月の門99:自分のターンの終わりに、このフィールドの下に4枚以上カードがあれば、ゲーム中で一度、水のコスト99以下の呪文を1枚、自分の手札または墓地からコストを支払わずに唱えてもよい。
”青魔道具”はこんなデッキ!

①発売当時から人気のデッキタイプであり、今もなお大会で結果を残している実力のあるデッキタイプ!

②『卍 新世壊 卍』をいち早く設置し、”堕呪”と呼ばれる呪文を4回撃つことで一気に勝負を決めるというある意味非常にわかりやすい!

③他のデッキでは再現することができない独特が動かし方をするのがこの”青魔道具”最大の魅力!

”青魔道具”はこんな方におすすめ!

①とにかく強いデッキを組んでみたい方!

②大会に参加してみたい方!

③他と変わったデッキを回してみたい方!

当ブログでは、初心者向けに記事を書いていますので、TCG専門用語や、一般的にわかりにくいと思われる呼称などを捕捉しながら進めていきます。

ある程度TCGに精通している中級者・上級者の方からすると読みにくい・長い記事になっていると思います。予めご了承下さい。

デッキレシピ公開

カード名枚数
堕呪 ゾメンザン4
卍 新世壊 卍4
堕呪 ウキドゥ4
堕呪 ギャプドゥ3
堕呪 ゴンパドゥ4
堕呪 バレッドゥ4
堕呪 カージグリ3
堕呪 エアヴォ3
凶鬼卍号 メラヴォルガル4
ガル・ラガンザーク3
卍月 ガ・リュザーク 卍
/卍・獄・殺
1
月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍3

※このデッキレシピは筆者の脳内構築なので欠陥がある場合がございます。

「こんなアイディアがあるんだー」程度で見ていただけると幸いです。

デッキ解説

まずは大まかなデッキの動かし方を解説し、各カードの採用理由などを後述していきます。

青魔道具”を使うにあたって一番重要なのが『卍 新世壊 卍』です。

大量のドローソースを採用しているので、これらを使ってまずは『卍 新世壊 卍』の設置を目指しましょう。

卍 新世壊 卍』を設置した後は”魔道具”を持つ呪文を4回撃つことで『卍 新世壊 卍』の”無月の門99”を起動することができます。

無月の門99:自分のターンの終わりに、このフィールドの下に4枚以上カードがあれば、ゲーム中で一度、水のコスト99以下の呪文を1枚、自分の手札または墓地からコストを支払わずに唱えてもよい。

この”無月の門99”を起動することができれば、メインである『月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍』を詠唱することができます!

月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍』を唱えると”ドルスザク”を4体までタダで場に出すことができるため、『凶鬼卍号 メラヴォルガル』を大量展開しましょう!

凶鬼卍号 メラヴォルガル』 VR 闇文明 (8)
クリーチャー:マフィ・ギャング/デーモン・コマンド/ドルスザク 11000
無月の門:自分の魔導具が出た時、自分の魔導具をバトルゾーンと墓地から2つずつ選び、このクリーチャーを自分の手札または墓地からそれら4枚の上にコストを支払わずに召喚してもよい。
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、相手のシールドを2つブレイクする。その後、自分のシールドを2つブレイクする。
自分のシールドが1つもなければ、このクリーチャーに「ブロッカー」を与える。

凶鬼卍号 メラヴォルガル』を場に出すと、お互いにシールドを2枚ずつブレイクできるため、3〜4体並べることができれば全てのシールドをブレイクすることができます。

そして『月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍』にはエクストラターンの追加効果があるため、相手にターンが渡ることなく『凶鬼卍号 メラヴォルガル』のダイレクトアタックまで行うことができます!

青魔道具”は上記の勝ち筋を通すために特化した構築にすることが多いですね。

①大量のドローソースで『卍 新世壊 卍』をいち早く確保し、展開!

②呪文を4回撃つことで『卍 新世壊 卍』の”無月の門99”を起動!『月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍』をタダで詠唱!

③『月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍』の効果で『凶鬼卍号 メラヴォルガル』を3〜4体並べ、一気に勝ちまで持って行こう!

各カードの採用理由

それでは各カードの採用理由を役割別で紹介していきます。

採用カード①『卍 新世壊 卍』、『月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍』

まずはデッキの根幹を担っている『卍 新世壊 卍』、『月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍』です。

今回のデッキレシピに限らず『卍 新世壊 卍』が4枚、『月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍』が3枚の枚数配分が主流ですね。

卍 新世壊 卍』は何がなんでも引きたいカードなので4枚、『月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍』も何が何でも引きたいカードではありますが、1枚引くだけで十分なので3枚といった感じです。

卍 新世壊 卍』は相手のメタをケアするために2枚目、3枚目を設置する…っといったプレイングをすることが多いため『月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍』よりも優先度が高いです。

採用カード②魔道具

どの構築でもデッキの大半を占めるのがこの”魔道具”でしょう。今回は多めの25枚採用しています。

大まかに”デッキの回転率を上げるカード”、”除去やメタ用のカード”と2種類のカードに分けることができます。

①デッキの回転率を上げる”魔道具”

ここに当てはまるのは『堕呪 ゾメンザン』『堕呪 ウキドゥ』『堕呪 ゴンパドゥ』『堕呪 バレッドゥ』の4種類と、”スーパー・S・トリガー”持ちで防御札としても機能する『堕呪 ギャプドゥ』を含めた計5種類が当てはまります。

ここら辺の枠は人や環境によって調整が効く枠になっていますので、お好きなように調整してみて下さい。

現在の主流ですと、速度を重視した『堕呪 ゾメンザン』、実質山札を3枚掘りすすめられる唯一の2コスト”青魔道具”である『堕呪 ゴンパドゥ』が4積み採用されることが多い印象。

月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍』と『凶鬼卍号 メラヴォルガル』は墓地に落ちていても問題なく機能するため『堕呪 ウキドゥ』、『堕呪 バレッドゥ』も複数枚採用されることが多いですが、ここら辺は人の好みによって枚数が増減していく枠かなと思います。

堕呪 ギャプドゥ』は『凶鬼卍号 メラヴォルガル』の効果でブレイクした際に、”S・トリガー”を誘発させることで2枚目の『卍 新世壊 卍』を効率良く育てることができるのがメリットですが、ここも人によって採用枚数が変わってくるイメージです。

堕呪 ゾメンザン』 P(C) 水文明 (1)
呪文:魔導具
堕呪 ウキドゥ』 UC 水文明 (2)
呪文:魔導具
いずれかのプレイヤーのシールドを1つ見る。それを持ち主の墓地に置いてもよい。そうしたら、そのプレイヤーは自身の山札の上から1枚目をシールド化する。
カードを1枚引く。
堕呪 ゴンパドゥ』 C 水文明 (2)
呪文:魔導具
自分の山札の上から3枚を見る。その中から1枚を自分の手札に加え、残りを好きな順序で山札の下に置く。
堕呪 バレッドゥ』 C 水文明 (2)
呪文:魔導具
カードを2枚引く。その後、自分の手札を1枚捨てる。
堕呪 ギャプドゥ』 P 水文明 (2)
呪文:魔導具
スーパー・S・トリガー(この呪文を自分のシールドゾーンから手札に加えるとき、コストを支払わずにすぐ唱えもよい。その時自分のシールドが1つもなければ、この呪文にS能力を与える)
カードを1枚引く。
S−次の自分のターンの終わりまで、相手のクリーチャーは攻撃もブロックもできない。
除去やメタ用の”青魔道具”

主に相手のデッキに対する対応力を補強するために採用されることが多いです。コストが比較的高めなので『卍 新世壊 卍』との相性は手打ちする分にはよろしくないので枚数配分は少なめです。

今回のデッキレシピでは『堕呪 カージグリ』『堕呪 エアヴォ』がここの役を担うでしょう。

どちらも”S・トリガー”持ちなので『凶鬼卍号 メラヴォルガル』の効果でブレイクした際に、”S・トリガー”を誘発させることで2枚目の『卍 新世壊 卍』を効率良く育てることができるのがポイント!

堕呪 カージグリ』 C 水文明 (3)
呪文:魔導具
S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
相手のクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻す。
堕呪 エアヴォ』 UC 水文明 (4)
呪文:魔導具
S・トリガー(この呪文を自分のシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
バトルゾーンにある、コスト7以下のカードを1枚選び、持ち主の手札に戻す。

現在の環境では、『堕呪 エアヴォ』のカード指定は重宝するので、多めに採用される傾向にあります。

同型対決でも数少ない『卍 新世壊 卍』の除去札になり得ます。

逆に『堕呪 カージグリ』は人によっては削られてしまう枠かもしれませんね。

採用カード③フィニッシャー

最後はフィニッシャーです。主に『月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍』で出す”ドルスザク”を採用することになるかと思います。

上記で触れた『凶鬼卍号 メラヴォルガル』は基本的に4枚採用され、残りは人によって変わってくるかと思います。

今回は『ガル・ラガンザーク』を3枚、『卍月 ガ・リュザーク 卍/卍・獄・殺』を1枚といった具合で採用しました。

どちらもコントロール、ビッグマナ系統に刺さるメタ効果を持っていますが、『ガル・ラガンザーク』の”夢幻無月の門”に必要な魔導具の数が4枚と比較的緩い条件なので『月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍』を使わずともプレイする機会の多いカードのため、多めに採用しています。

夢幻無月の門:自分の魔導具クリーチャーを出した時、または自分の魔導具呪文を唱えた時、自分の魔導具をバトルゾーンと墓地から合計4枚選び、このクリーチャーを自分の手札または墓地からそれら4枚の上にコストを支払わずに召喚してもよい。

ガル・ラガンザーク』 P 水/闇文明 (8)
クリーチャー:ドルスザク/マフィ・ギャング 9000
夢幻無月の門:自分の魔導具クリーチャーを出した時、または自分の魔導具呪文を唱えた時、自分の魔導具をバトルゾーンと墓地から合計4枚選び、このクリーチャーを自分の手札または墓地からそれら4枚の上にコストを支払わずに召喚してもよい。
ブロッカー
W・ブレイカー
呪文の効果によって相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。
相手のターン中に、相手のクリーチャーが召喚以外の方法で出る時、相手はかわりにそのクリーチャーを墓地に置く。
卍月 ガ・リュザーク 卍』 MDS 闇文明 (9)
クリーチャー:マスター・ドルスザク/マフィ・ギャング 11000
無月の門・絶:各ターンの終わりに、自分の魔導具をバトルゾーンまたは墓地から合計6つ選び、このクリーチャーを自分の手札または墓地からそれら6枚の上にコストを支払わずに召喚してもよい。
相手のターンのはじめに、相手は自身のマナゾーンのカードを3枚までしかアンタップできない。
W・ブレイカー
卍・獄・殺』 MDS 闇文明 (9)
呪文
クリーチャーをすべて破壊する。
すべての墓地にあるカードの合計が13枚以上であり、この呪文が自分のシールドゾーンにあれば、この呪文は「S・トリガー」を得る。
created by Rinker
¥400 (2022/05/20 20:20:01時点 楽天市場調べ-詳細)

デッキ改造案

さて、”青魔道具”を一通り紹介し終えましたが、最後にちょっとした改造案などを紹介して終わりにしたいと思います。

デッキ改造案①火文明の採用

前述した”魔道具”の枠を削って火文明を採用する構築もよく見かけます。

主に採用されるのは『ゴゴゴ・Cho絶・ラッシュ』『MEGATOON・ドッカンデイヤー』でしょうか。

ゴゴゴ・Cho絶・ラッシュ』は『月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍』を捨てることでコストの合計99になるように好きなだけ破壊することができるので相性が非常に良いです!

MEGATOON・ドッカンデイヤー』は溜まった手札を捨てて一気にGRクリーチャーを展開することができるので採用するだけで勝ち筋を一つ増やすことができます。

ゴゴゴ・Cho絶・ラッシュ』は単体でも機能しますが『MEGATOON・ドッカンデイヤー』を採用する場合は火文明の枚数をある程度増やす必要があるため、『ゴゴゴ・Cho絶・ラッシュ』とセットで採用する必要があります。

ゴゴゴ・Cho絶・ラッシュ』 R 火文明 (4)
呪文
S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
自分の手札を1枚捨てる。相手のクリーチャーを、コストの合計がその捨てた手札のコスト以下になるように好きな数選び、破壊する。
MEGATOON・ドッカンデイヤー』 VR 火文明 (5)
クリーチャー:ビートジョッキー/ワンダフォース 5000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札をすべて捨てる。
自分の手札を1枚捨てた時、GR召喚する。(GR召喚:自分の超GRの上から1枚目を、コストを支払ったものとして召喚する)
created by Rinker
¥120 (2022/05/20 20:20:01時点 楽天市場調べ-詳細)
【デュエルマスターズ】赤(DMRP10) MEGATOON・ドッカンデイヤー(VR)(10/103)◇ベリーレア

デッキ改造案②『スローリー・チェーン』

最近のガチ仕様”青魔道具”に『スローリー・チェーン』を採用することも多いため合わせて紹介します。

主に”赤単我我我”のメタとして採用されることが多いですね。

シールドを墓地に置く効果も『月下卍壊 ガ・リュミーズ 卍』か『凶鬼卍号 メラヴォルガル』が墓地に送ることができれば御の字なため、相性が良いです。

スローリー・チェーン』 R 光文明 (4)
呪文
S・トリガー(この呪文を自分のシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
このターン、クリーチャーは攻撃できない。
この呪文をシールド化する。その後、自分のシールドを1つ墓地に置く。
Re
Re

最後までお読みいただきありがとうございました!

今後もデュエマ、遊戯王を中心にデッキ解説記事、カードの高騰情報をまとめた記事を投稿していきますのでよろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました