この記事だけで”我我我”の全てが分かる!タイプ別デッキ紹介記事

【デュエマ】デッキ解説記事

こんにちは!『Re:(り)』です!

リアルでは所謂”カードショップ店員”として生活しつつ、個人的な趣味で『Re:blog』を運営しています。

当ブログ『Re:blog』では、TCG関連の最新情報や、大会で使われているデッキや安くて長く遊べるデッキを紹介するデッキ解説記事などを投稿しています。

前述した通り、筆者は”カードショップ店員”というわけで、そのキャリアを存分に活かして深い情報を提供できるブログを目指して、日々精進しています。

皆さまのお役に立てるような情報を提供できれば幸いです。

Re
Re

主にデッキ解説記事と高騰情報をまとめた記事を投稿しています!

デッキを作る際や、手持ちのカードを整理する際に参考になれば幸いです!

この記事では、大会でよく見かける様々な”我我我”系列のデッキをタイプ別で紹介します。

それぞれの強みや弱み、デッキ全体で掛かるおおよそな値段などをまとめましたので、デッキを組む際に参考になればと思います。

我我我ガイアール・ブランド』 KGM 火文明 (8)
スター進化クリーチャー:ビートジョッキー/レッド・コマンド・ドラゴン/レクスターズ 9000
このクリーチャーを、コストを3少なくし、さらに、このターン、自分の他の火のクリーチャーを召喚していれば、追加で3少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンこのクリーチャーは可能なら攻撃し、その攻撃の後でこのクリーチャーを破壊する。
スター進化:レクスターズまたは火のクリーチャー1体の上に置く。(このクリーチャーが離れる時、かわりに一番上のカードが離れる)
W・ブレイカー
このカードが離れた時、自分のクリーチャーをすべてアンタップし、このターンそれらに「スピードアタッカー」を与える。

当ブログでは、初心者向けに記事を書いていますので、TCG専門用語や、一般的にわかりにくいと思われる呼称などを捕捉しながら進めていきます。

ある程度TCGに精通している中級者・上級者の方からすると読みにくい・長い記事になっていると思います。予めご了承下さい。

大まかなデッキ解説

まずは大まかなデッキの動かし方を解説し、各デッキタイプの特徴を後述していきます。

我我我”系列の主軸になっているのはデッキ名からもわかる通り『我我我ガイアール・ブランド』です!

8コストと”速攻”系列で採用されるカードの中だとトップクラスの高コストクリーチャーですが、自身の能力で最大コストを6下げることができるので実質2マナで召喚できるフィニッシャーです。

自身のコスト軽減効果を使用すると、攻撃の終わりに『我我我ガイアール・ブランド』が破壊されてしまいますが、破壊されると自分のクリーチャーが全てアンタップするので、要するに自己完結してるタイプのフィニッシャーです。

この『我我我ガイアール・ブランド』の攻撃力の高さを活かすために低コストクリーチャーを大量に採用し、序盤からばら撒いて『我我我ガイアール・ブランド』に繋げて一斉に攻撃していくのが我我我”系列の基本的な戦い方になります。

どのデッキタイプも3〜4ターン目辺りでゲームエンドを狙っていく構築が多く、どんな対面でも一定の勝率を担保できているのが”我我我”系列最大の強みでしょう!

他の環境デッキに比べてデッキパーツが大分安いのもありがたいです!

”我我我”はこんなデッキ!

①『我我我ガイアール・ブランド』を主軸にした”速攻”デッキ!

②どんなデッキ相手でも3〜4ターン目に決着が着けれるような構築にしているので、手札や相手の受け札次第ではどのデッキにも勝てるのが”我我我”最大のメリット!

③他の環境デッキに比べてデッキパーツが大分安い!

”我我我”はこんな方におすすめ!

①とりあえずガチデッキに触れてみたい方!

②大会でとにかく勝ちたい方!

③低予算で強いデッキを組んでみたい方!

各デッキタイプ別解説

ここからは大会でよく見かける”我我我”を大まかに分けて、それぞれの強みや弱み、デッキ制作に掛かる値段などをまとめてきます。

デッキタイプ①”赤単我我我”

まずは一番オーソドックスなタイプの赤単我我我です。

赤単我我我の中でもフィニッシャーに『“罰怒”ブランド』を採用しているタイプと『“逆悪襲”ブランド』を採用しているタイプ、はたまた両方とも採用しているタイプがあるとここからさらに細かく派生しています。

“罰怒”ブランド』 MAS 火文明 (7)
クリーチャー:ビートジョッキー 9000
マスターB・A・D(このクリーチャーを、コストを2少なくし、さらに、このターンに召喚した自分の他の火のクリーチャー1体につき追加で2少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりに自分のクリーチャーを1体破壊する。ただし、このクリーチャーのコストは0以下にならない)
W・ブレイカー
自分の火のクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。
“逆悪襲”ブランド 』VR 火文明 (7)
クリーチャー:ビートジョッキー 9000
G・G・G:自分の手札が1枚以下なら、このクリーチャーの召喚コストを6少なくする。
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体破壊する。

派生先①『“罰怒”ブランド』採用型

攻撃力★★★★★
速度★★★★★
コントロール★★
デッキ製作費用
(多ければ多いほど高い)
★★★★

“罰怒”ブランド』をフィニッシャーに添えているタイプは、攻撃力と速度が『“罰怒”ブランド』により他のデッキタイプよりも底上げされています。一番攻撃的なデッキタイプを言えるでしょう!

その代わりメタクリーチャーを除去する手段が乏しく、一回受け切られると返しのターンで制圧されて…ってこともあるので融通が効きにくいのが弱みかと。

“罰怒”ブランド』を採用している関係上、お値段も中々高めです。

派生先②『“逆悪襲”ブランド』採用型

攻撃力★★★★★
速度★★★★
コントロール★★★
デッキ製作費用
(多ければ多いほど高い)
★★

“逆悪襲”ブランド』をフィニッシャーに添えているタイプは、メタクリーチャーを除去しつつ展開することができるので対応力が上がったタイプと言えるでしょう。

ただし、『“逆悪襲”ブランド』は手札が一枚の場合のみにしかほとんど召喚できないので、ダブってしまった場合や、手札がうまく噛み合わなかった時の事故が唯一の懸念点。

“罰怒”ブランド』を採用しない分、値段も手頃なのはありがたいですね。

デッキタイプ②”赤白我我我”

赤単我我我に光文明を採用することで、アタッカーの質が向上し、強力なメタ性能と対応力を手に入れたデッキタイプです。

派生先①赤白我我我

攻撃力★★★★
速度★★★★
コントロール★★★★
デッキ製作費用
(多ければ多いほど高い)
★★

強力なメタ性能を手に入れた分、速度は他のデッキタイプよりもやや下火な印象。

文明が増えたことにより、手札事故の可能性が上昇しているのも影響ありそう。

しかし、アタッカーの質は他に比べるとかなり高めですし、デッキ制作費用もかなり安めです。個人的には一番バランスが取れてておすすめです。

派生先②『アルカディアス・モモキング』採用型

攻撃力★★★★
速度★★★
コントロール★★★★★
デッキ製作費用
(多ければ多いほど高い)
★★★

赤白我我我からさらに派生した亜種的な立ち位置にいるデッキタイプです。

デッキの半分以上が赤単我我我赤白我我我ではあまり採用されていないカードなのでオリジナリティ色の強いデッキタイプですね。

アルカディアス・モモキング』の制圧能力が非常に強力なので、コントロール性能はずば抜けていると言えるでしょう。以外にもデッキ製作費用は安め。

アルカディアス・モモキング』 KGM 光/火文明[ジョーカーズ] (6)
スター進化クリーチャー:ジョーカーズ・ドラゴン/エンジェル・コマンド/レクスターズ 12500
スター進化:レクスターズ、光のクリーチャー、または火のクリーチャー1体の上に置く。(このクリーチャーが離れる時、かわりに一番上のカードが離れる)
T・ブレイカー
自分の他のレクスターズすべてのパワーを+2000する。
相手は光以外の呪文を唱えられない。
各ターン、はじめて出る相手のクリーチャーは、タップして出る。

Re
Re

最後までお読みいただきありがとうございました!

今後もデュエマ、遊戯王を中心にデッキ解説記事、カードの高騰情報をまとめた記事を投稿していきますのでよろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました