【2021年最新版初心者向け】これからデュエマを始めるならこれだけは買っておけ!(光文明キラ編)

デュエル・マスターズ

みなさま初めまして、現在「Re」と言う名前でゲーム実況をしている者です。

読み方は「り」って呼んだり「れ」って呼ばれたりしますが公式では「り」推奨です。(不安定)

Re:【やり込み系ゲーム実況者】
まったりと動画投稿していく予定です。 更新頻度に関してはそんな期待しないでね( ;∀;)

本日のブログ記事は・・・

『【2021年最新版初心者向け】これからデュエマを始めるならこれだけは買っておけ!(光文明キラ編)』

といった内容で書いて行きます。

まずはじめに自己紹介を。

冒頭で筆者はゲーム実況をしていると書きましたが、実は中の人はTCGショップの店員を5年ほど務めています。

このブログでも”TCGショップ店員歴5年”というちょっと珍しい肩書きを活かしてTCG業界について話したり、TCG業界のトレンドを解説しています。

現在筆者はプレイヤーを引退しており、昔のカードをコレクションしながらTCG店員らしく最新情報を追っかけていたり、環境を考察したりしています。

最近バイラスとダクマ1面にしました。

なので今回はそんなTCG店員歴5年の筆者が”今から始める人はこれだけは買っておけ!”ってカードを各文明をレアリティ別で紹介していこうかなと思います。

紹介するカードの選考基準。

今回はあくまでも”今から始める人はこれだけは買っておけ!”を掲げていますので具体的な選考基準としましては・・・。

  1. なるべく色んなデッキに入る可能性のあるカード。
  2. ”特定のデッキタイプのみ採用される”カードは極力避ける。
  3. 値段はできるだけリーズナブルなカード。

この3点を重点においてこれから紹介していきます。

例でいうと、『絶対の楯騎士』は”ギャラクシールド”で必須級ではあるのですが、それ以外のデッキタイプではあまり採用されないので今回の紹介では除外しています。

では、本日の記事は”光文明、キラカード編”というわけで早速紹介していきます!

光文明・キラカードでのおすすめカード集

おすすめカード①正義の煌き オーリリア

最初にオススメするのは『正義の煌き オーリリア』

自分のシールドが多い時に発動する『ラビリンス』持ちで発動中は相手プレイヤーのコスト5以下の呪文を封じる事ができる。

いわゆる『メタカード』と呼ばれる類のカードで、環境デッキ相手に刺さる場面が多い。

主に光を入れた”ビートダウン”で採用される事が多く、それ以外では採用されるケースは少ないが、値段が比較的手頃なので今回おすすめにピックアップしました。

値段は200円から300円の間くらい。

おすすめカード②煌龍 サッヴァーク

次にオススメするカードは『煌龍 サッヴァーク』

このクリーチャーがブレイクした数に応じてシールドを表向きか新しいシールドとして追加する事ができる『ドラゴンWブレイカー』持ち。

更にバトルゾーンを離れる時に表向きのシールドカードを破壊する事で場に止まる事もできるのでフィニッシャー向きのカード。

光のドラゴンは『ドラゴンズ・サイン』で踏み倒す事ができるので、主に『ドラゴンズ・サイン』を採用するデッキで投入されるケースが多い。

値段は600円から800円の間ぐらい。

比較的安価でフィニッシャーを揃えられるという意味でもおすすめ。

おすすめカード③無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース

前回の記事で触れた『水上第九院 シャコガイル』とような立ち位置にいるカード。

効果は端的に説明すると自分のクリーチャーが10体以上いる状態でこいつを出すとゲームに勝てるエクストラウィン持ちで主な使用用途としては”コンボデッキ”や”ループデッキ”のフィニッシュ手段。

値段も比較的安価で、かつデッキ構築の幅が広がるので今回おすすめにピックアップしました。

値段は200円〜400円ほど。

最近の環境ではこのカードを採用するケースは減ってきたが、便利なカードなので確保しておいて間違いない。

おすすめカード④無双の縛り 達閃

主に”GR召喚”などのメタとしてよく使われる一枚。

最近再録に恵まれており、値段も300円程で入手可能。

一部のデッキタイプはこれ一枚で苦戦を強いられることが多い上、値段も手頃という事なのでピックアップ。

使用用途としては”ビッグマナ”と呼ばれるマナを加速する事に特化させたデッキタイプでメタとして投入されたり。『ヘブンズ・ゲート』なんかでも採用されるケースが多い。

おすすめカード⑤龍装の調べ 初不

昔DMをやっていた人なら、もしかしたら馴染み深いかもしれない『ホーリー・スパーク』を内臓したツインパクト。

先ほどの達閃の時に触れなかったが、『ツインパクト』は上はクリーチャー、下の呪文を使い分ける事ができる便利なカード。

このカードは『ホーリー・スパーク』として使う事ができ、もちろんシールド・トリガーも発動する。

主に、”ドロマー”、”ロージア”のような光を採用するデッキで、受け札として採用される事が多い。

値段は800円程。

おすすめカード⑥「煌メク聖壁 灰瞳」

効果は『シールドを全て手札に加えて、新たに5枚シールドを追加する』という豪快なシールドリセット効果。

主に”ビッグマナ”と呼ばれるデッキタイプや、環境デッキだと”5c蒼龍”と呼ばれるデッキタイプで受け札兼手札補充として使われる事が多い。

値段は500円程で、採用する枚数も1、2枚の場合が多いので財布にも優しい。

おすすめカード⑦光神龍スペル・デル・フィン

こちらも先ほどの灰瞳と似たような立ち位置。

灰瞳は受け札兼手札補充だが、こちらは相手の呪文を封じる事ができるので基本的にはフィニッシャーとして採用される。

採用されるデッキとしては”ビッグマナ系統”や”5c蒼龍”、”ミステリー・キューブ”のような踏み倒しを軸に添えたデッキタイプでもたまに採用される。

この追加ターンがものすごく強力で、更にこの効果を『大当たり!もう一本!!』で二回発動して2ターンの追加ターンを得るのが鉄板。

値段は500円程。採用枚数も1、2枚のパターンが多く、再録にも恵まれているため運が良ければもう少し安くで買う事ができるかもしれない。

総括

今回の記事では光文明・キラカードのおすすめカードをまとめてみました。

これらのカードは何かと使う機会が多いカード達なので初心者の内はこれらを集めておけば、なんとかなると思います。

値段もなるべく手頃なものを厳選したので参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました