【デュエル・マスターズ】最近流行りのガチデッキ!『4cガイアッシュ覇道(ドラグハート型)』【デッキレシピあり】

【デュエマ】デッキ解説記事

今回記事で解説するデッキは、最近のCSで結果を残してる”4cガイアッシュ覇道”です!

名前の通り、『流星のガイアッシュ・カイザー』『勝利龍装 クラッシュ“覇道”』の並びを意識したデッキですね。

流星のガイアッシュ・カイザー』 SR 水/自然文明 (6)
クリーチャー:ブルー・コマンド・ドラゴン/グリーン・コマンド・ドラゴン/ハンター 8000
相手のターンの終わりに、相手がそのターン中、マナゾーンのカードをタップせずに、クリーチャーを出すか呪文を唱えていて、バトルゾーンに自分の 《流星のガイアッシュ・カイザー》がなければ、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、カードを2枚引く。
自分のコスト10以上のクリーチャーの召喚コストを4少なくする。ただし、コストは0以下にはならない。
相手のクリーチャーは出たターン、自分を攻撃できない。
勝利龍装 クラッシュ“覇道”』 SR 火文明 (10)
クリーチャー:ドラゴンギルド/ビートジョッキー 9000+
B・A・D 2(このクリーチャーの召喚コストを2少なくしてもよい。そうしたら、このターンの終わりにこのクリーチャーを破壊する)
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーが破壊された時、タップしていたら、このターンの後に自分のターンを追加する。
バトル中、このクリーチャーのパワーを+5000する。

流星のガイアッシュ・カイザー』のコスト軽減効果に『勝利龍装 クラッシュ“覇道”』が対応している…という点に着目して組まれた感じなので「コンボデッキ」というよりは「強いカードと相性の良い強いカードを組み合わせた超強いデッキ」っぽいですよね…笑

何はともあれ、この”ガイアッシュ覇道”は非常に強力なデッキタイプなので「今後CSに出るなら知らないとやばい!」というわけで今回ご紹介します!

少し前に”革命チェンジ”を軸にしたタイプを紹介しましたが、今回は”ドラグハート”を採用したタイプを紹介します!

筆者は某リサイクルショップでTCGの担当を任されており、普段はカードの査定などをしています。

現職がTCGの店員なので、プレイヤーとはまた違った視点からお話できるかなと思い、今回記事にさせていただきました。

Re
Re

主にデッキ解説記事と高騰情報をまとめた記事を投稿しています!

デッキを作る際や、手持ちのカードを整理する際に参考になれば幸いです!

まずはデッキレシピ公開!

メインデッキ 40枚

※このデッキレシピは筆者の脳内構築なので欠陥がある場合がございます。

「こんなアイディアがあるんだー」程度で見ていただけると幸いです。

デッキ解説

ガイアッシュ覇道”の構築としては、まず序盤のブースト枠が8〜10枚、中盤にプレイする『流星のガイアッシュ・カイザー』、『切札勝太&カツキング -熱血の物語-』が4枚ずつ、そしてフィニッシャー枠として『勝利龍装 クラッシュ“覇道”』が採用されることが多い印象。

切札勝太&カツキング -熱血の物語-』 DSR 水/火/自然文明 (5)
クリーチャー:アウトレイジ・ドラゴン/ヒューマノイド 5000+
マッハファイター
このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から5枚を見る。そのうちの1枚を相手に見せてから手札に加え、残りを好きな順で山札の下に置く。こうして見せたカードが火または自然なら、クリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻してもよい。
革命2:自分のシールドが2つ以下なら、自分のシールドゾーンにあるこのクリーチャーに「S・トリガー」を与える。
革命0:自分のシールドが1つもなければ、このクリーチャーのパワーを+10000し、「スピードアタッカー」と「T・ブレイカー」を与える。

これでデッキの半分近くが埋まりますが、残りの18〜20枚の枠にギミックを詰め込んだり、メタを積んだり、受け札を積む感じになってきますね。今回は”ドラグナー”のギミックを詰めた型ですが、他には”RX+進化クリーチャー”や”革命チェンジ”を採用するタイプが多い印象。

”ドラグナー”の強みとしてはなんといっても対応力の高さでしょう・

今回は『龍覇 ラブエース』『最終龍覇 ロージア』を4枚ずつ採用して4cに仕上げてみました。

龍覇 ラブエース』は置きドロソ、最終龍覇 ロージア』は”Sトリガー”持ちの受け札になれる万能クリーチャーたちですね。ドラゴン持ちなのも○

龍覇 ラブエース』 P 光文明 (4)
クリーチャー:エンジェル・ドラゴン/ジャスティス・ウイング/ドラグナー 3500
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンにあるカードと同じ文明を持つ、コスト3以下のドラグハート・ウエポンを1枚、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。(このクリーチャーに装備する)
自分のドラグハートをバトルゾーンに出した時、カードを1枚引いてもよい。
最終龍覇 ロージア』 P(R) 光文明 (6)
クリーチャー:エンジェル・コマンド・ドラゴン/ジャスティス・ウイング/ドラグナー 3500
S・トリガー(このクリーチャーをシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい)
ブロッカー(このクリーチャーをタップして、相手クリーチャーの攻撃先をこのクリーチャーに変更してもよい)
このクリーチャーが出た時、自分のマナゾーンにあるカードと同じ文明を持つ、コスト4以下のドラグハート・ウエポンを1枚、自分の超次元ゾーンから出す。(このクリーチャーに装備して出す)

また、今回は『「修羅」の頂 VAN・ベートーベン』を採用してみました。

最近の環境デッキはドラゴンに寄せてる構築が非常に多いのでこれ一枚で完封まで持っていける強力なフィニッシャーですね。

流星のガイアッシュ・カイザー』のコスト軽減にも対応してるのも合間って、最近注目を浴びてる一枚ですね!みなさんもぜひお試しあれ!

「修羅」の頂 VAN・ベートーベン』 SR 無色 (11)
クリーチャー:キング・コマンド・ドラゴン/アンノウン/ゼニス 14000
T・ブレイカー
このクリーチャーが召喚によって出た時、相手のクリーチャーをすべて持ち主の手札に戻す。
相手のコマンドまたはドラゴンが出る時、相手はそのクリーチャーを出すかわりに墓地に置く。
エターナル・Ω(このクリーチャーが離れる時、かわりに手札に戻す)
Re
Re

最後までお読みいただきありがとうございました!

今後もデュエマ、遊戯王を中心にデッキ解説記事、カードの高騰情報をまとめた記事を投稿していきますのでよろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました