【デュエル・マスターズ】現環境で急浮上中の注目デッキ!『ガイアッシュ覇道(革命チェンジ型)』【デッキレシピあり】

【デュエマ】デッキ解説記事

今回記事で解説するデッキは、最近のCSで結果を残してる”ガイアッシュ覇道”です!

名前の通り、流星のガイアッシュ・カイザー勝利龍装 クラッシュ“覇道”』の並びを意識したデッキですね。

流星のガイアッシュ・カイザー』 SR 水/自然文明 (6)
クリーチャー:ブルー・コマンド・ドラゴン/グリーン・コマンド・ドラゴン/ハンター 8000
相手のターンの終わりに、相手がそのターン中、マナゾーンのカードをタップせずに、クリーチャーを出すか呪文を唱えていて、バトルゾーンに自分の 《流星のガイアッシュ・カイザー》がなければ、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、カードを2枚引く。
自分のコスト10以上のクリーチャーの召喚コストを4少なくする。ただし、コストは0以下にはならない。
相手のクリーチャーは出たターン、自分を攻撃できない。
勝利龍装 クラッシュ“覇道”』 SR 火文明 (10)
クリーチャー:ドラゴンギルド/ビートジョッキー 9000+
B・A・D 2(このクリーチャーの召喚コストを2少なくしてもよい。そうしたら、このターンの終わりにこのクリーチャーを破壊する)
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーが破壊された時、タップしていたら、このターンの後に自分のターンを追加する。
バトル中、このクリーチャーのパワーを+5000する。

流星のガイアッシュ・カイザー』のコスト軽減効果に『勝利龍装 クラッシュ“覇道”』が対応している…という点に着目して組まれた感じなので「コンボデッキ」というよりは「強いカードと相性の良い強いカードを組み合わせた超強いデッキ」っぽいですよね…笑

何はともあれ、このガイアッシュ覇道”は非常に強力なデッキタイプなので「今後CSに出るなら知らないとやばい!」というわけで今回ご紹介します!

ガイアッシュ覇道”は自由度が高く、様々なデッキタイプが存在しますが、今回は”革命チェンジ”を採用したタイプを紹介します!

筆者は某リサイクルショップでTCGの担当を任されており、普段はカードの査定などをしています。

現職がTCGの店員なので、プレイヤーとはまた違った視点からお話できるかなと思い、今回記事にさせていただきました。

Re
Re

主にデッキ解説記事と高騰情報をまとめた記事を投稿しています!

デッキを作る際や、手持ちのカードを整理する際に参考になれば幸いです!

まずはデッキレシピ公開!

デッキ解説

ガイアッシュ覇道”の構築としては、まず序盤のブースト枠が8〜10枚、中盤にプレイする流星のガイアッシュ・カイザー』、『切札勝太&カツキング -熱血の物語-』が4枚ずつ、そしてフィニッシャー枠として『勝利龍装 クラッシュ“覇道”』が採用されることが多い印象。

切札勝太&カツキング -熱血の物語-』 DSR 水/火/自然文明 (5)
クリーチャー:アウトレイジ・ドラゴン/ヒューマノイド 5000+
マッハファイター
このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から5枚を見る。そのうちの1枚を相手に見せてから手札に加え、残りを好きな順で山札の下に置く。こうして見せたカードが火または自然なら、クリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻してもよい。
革命2:自分のシールドが2つ以下なら、自分のシールドゾーンにあるこのクリーチャーに「S・トリガー」を与える。
革命0:自分のシールドが1つもなければ、このクリーチャーのパワーを+10000し、「スピードアタッカー」と「T・ブレイカー」を与える。

これでデッキの半分近くが埋まりますが、残りの18〜20枚の枠にギミックを詰め込んだり、メタを積んだり、受け札を積む感じになってきますね。今回は”革命チェンジ”のギミックを詰めた型ですが、他には”RX+進化クリーチャー”や”ドラグナー”を採用するタイプが多い印象。

”革命チェンジ”の強みはなんといってもデッキの軸になっている『流星のガイアッシュ・カイザー』、『切札勝太&カツキング -熱血の物語-』が”革命チェンジ”に対応しており、使い回すことが可能なのでリソースが尽きない点ですね!しかもどちらも多色なので『蒼き守護神 ドギラゴン閃』で踏み倒すことも可能なのが魅力的!

蒼き守護神 ドギラゴン閃』 LEG 光/火文明 (8)
クリーチャー:メガ・コマンド・ドラゴン/革命軍/ハムカツ団 13000
革命チェンジ:光または火のコスト5以上のドラゴン
ブロッカー
T・ブレイカー
自分のターンの終わりに、自分の多色クリーチャーをすべてアンタップする。
ファイナル革命:このクリーチャーが「革命チェンジ」によって出た時、そのターン中に他の「ファイナル革命」をまだ使っていなければ、自分の山札の上から4枚を表向きにする。その中から進化ではない多色クリーチャーを、コストの合計が6以下になるように好きな数選び、出す。残りを好きな順序で山札の下に置く。

蒼き守護神 ドギラゴン閃』で踏み倒せる点に着目し、今回は別プランとして『“龍装”チュリス』を採用してみました。

マナブーストがうまくいけなくても3ターン目に“龍装”チュリス』→蒼き守護神 ドギラゴン閃』に”革命チェンジ”して流星のガイアッシュ・カイザー』、『切札勝太&カツキング -熱血の物語-』を山札から展開するルートも可能です!

“龍装”チュリス』 R 火文明 (5)
クリーチャー:ドラゴンギルド/ビートジョッキー 5000
B・A・D2(このクリーチャーを、コストを2少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりにこのクリーチャーを破壊する)
スピードアタッカー

このように”革命チェンジ”型は流星のガイアッシュ・カイザー』、『切札勝太&カツキング -熱血の物語-』が多色持ちドラゴンをいいことに様々なところで噛み合ってる印象。

しかし、もちろん弱点も存在します。

一番大きいのは多色が増えがちなのでどうしても構築に制限がかかる点でしょう。

ドラゴンに寄せてるので『メンデルスゾーン』を入れたいところではありますが…これ以上多色を入れてしまうと初動に支障をきたすため今回は断念。

メンデルスゾーン』 P 火/自然文明 (2)
呪文
自分の山札の上から2枚を表向きにする。その中のドラゴンをすべて、タップしてマナゾーンに置き、残りのカードを墓地に置く

また、”革命チェンジ”の性質上、デッキに”革命チェンジ元”と”チェンジ先”の両方を採用してバランスと取らないといけないので受け札やメタカードを積むスペースがないのも弱点ですね。その分、安定性と打点を確保しているといった感じ。

気になる方は“龍装”チュリス』の枠や”チェンジ先”の枠、勝利龍装 クラッシュ“覇道”』辺りを削ってみていいかもしれませんね

Re
Re

最後までお読みいただきありがとうございました!

今後もデュエマ、遊戯王を中心にデッキ解説記事、カードの高騰情報をまとめた記事を投稿していきますのでよろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました