【デュエマ】山札からのカードを使用する際の裁定変更を完結に解説!

TCG店員コラム

先日、山札からのカードを使用する際の処理に関する裁定変更が通知されました。

今日から土日というわけでCSにも影響を及ぼすこの裁定変更。CSに参加するプレイヤーは知っておかないとまずい!というわけでこの記事でもわかりやすく、完結にまとめてみます。

【結論】めくったカードは効果の影響を受けない!

結論として、今回の裁定変更はめくったカードは効果の影響を受けない!”です。

文字に起こしただけだとピンとこないと思いますので…

上記の画像の状況通り、『蒼き守護神 ドギラゴン閃』の”ファイナル革命”効果で”EXライフ”持ちを場に出した場合で解説します。

蒼き守護神 ドギラゴン閃』 LEG 光/火文明 (8)
クリーチャー:メガ・コマンド・ドラゴン/革命軍/ハムカツ団 13000
革命チェンジ:光または火のコスト5以上のドラゴン
ブロッカー
T・ブレイカー
自分のターンの終わりに、自分の多色クリーチャーをすべてアンタップする。
ファイナル革命:このクリーチャーが「革命チェンジ」によって出た時、そのターン中に他の「ファイナル革命」をまだ使っていなければ、自分の山札の上から4枚を表向きにする。その中から進化ではない多色クリーチャーを、コストの合計が6以下になるように好きな数選び、出す。残りを好きな順序で山札の下に置く。

蒼き守護神 ドギラゴン閃』の”ファイナル革命”効果で『魔帝連結 ガイゼキアール』が4枚めくれたとしましょう。魔帝連結 ガイゼキアール』は多色クリーチャーなので踏み倒しが可能な”EXライフ”持ちですね。

魔帝連結 ガイゼキアール』 VR 光/闇/火文明 (6)
クリーチャー:ディスペクター/デーモン・コマンド/レッド・コマンド・ドラゴン 9000
EXライフ(このクリーチャーを出す時、自分の山札の上から1枚目をシールド化する。このクリーチャーが離れる時、かわりにそのシールドを墓地に置く)
スピードアタッカー
W・ブレイカー
カードが自分のシールドゾーンから墓地に置かれた時、次のうちいずれか1つを選ぶ。
▶カードを1枚引く。
▶相手は自身の手札を1枚選んで捨てる。
▶相手のクリーチャーを1体選び、タップする。

わかりやすく説明するために、めくれた順番でA、B、C、Dと名付けますね。

(A)

(B)
(C)
(D)

以前までの裁定だと、魔帝連結 ガイゼキアール(A)を踏み倒した場合、魔帝連結 ガイゼキアール(B)が山札の一番上にあたるカードなので、”EXライフ”効果で(B)がシールドに置かれました。

(B)を踏み倒した場合は(A)が山札の1番上になるので(A)がシールドに置かれます。

…っと、以前までの裁定だとなんだかややこしい処理になってました。

今回の裁定変更により、めくったカードは効果の影響を受けない!”のでどの『魔帝連結 ガイゼキアール』を踏み倒しても捲ったあとの山札の一番上がシールドに置かれます!

【補足】めくったカードは効果の影響を受けないならメタカードは…?

めくったカードは効果の影響を受けない!”とのことなので、『とこしえの超人』のようなメタクリーチャーの効果も影響しないかと言われると全然そんなことないです。

そこは普段通りの処理で大丈夫です。

とこしえの超人』 UC 自然文明 (1)
クリーチャー:ジャイアント 4000
G・ストライク(このクリーチャーを自分のシールドゾーンから手札に加える時、相手に見せ、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。このターン、そのクリーチャーは攻撃できない)
このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
相手が自身の手札以外からカードを出す時、かわりにマナゾーンに置く。

めくったカードは効果の影響を受けない!”といえど、場に出したらその影響はなくなるのでとこしえの超人』の効果が誘発してマナゾーンに送られます。

『表向きにしたカードは効果の影響は受けない。出す、使用するカードのみは影響を受ける。永続的に続いてる効果の影響は表向きにするカード達も関係なく受ける』

これを覚えておけばとりあえず大丈夫かと思います。処理がわからない場合は近くのジャッジを呼びましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました