【デュエル・マスターズ】入賞報告多数!「赤黒邪王門」【デッキレシピあり】

デュエル・マスターズ

今回記事で解説するデッキは、最近のCSで結果を残してる”赤黒邪王門”を筆者流に大胆アレンジしたバージョンです!

百鬼の邪王門』 R 闇/火文明 (6)
呪文:鬼札王国
<鬼エンド>クリーチャーが攻撃する時、シールドが1つもないプレイヤーがいて、自分のマナゾーンに闇のカードと火のカードがそれぞれ1枚以上あれば、この呪文を自分の手札からコストを支払わずに唱えてもよい。
自分の山札の上から4枚を墓地に置く。こうして墓地に置いたカードの中から、闇または火のコスト6以下の進化ではないクリーチャーを1体選び、出す。その後、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その2体をバトルさせる。

赤黒邪王門”というデッキタイプ自体、少し前から存在していたのですが、ここ最近のCSで入賞数が激増している注目のデッキです!

特に新しいカードが登場した…というわけではないですが、主力カードが再録されているので以前よりは組みやすくなった印象。逆に再録されていないカードが軒並み高騰していますが…笑

今回はそんな赤黒邪王門”の紹介です!

筆者は某リサイクルショップでTCGの担当を任されており、普段はカードの査定などをしています。

現職がTCGの店員なので、プレイヤーとはまた違った視点からお話できるかなと思い、今回記事にさせていただきました。

Re
Re

主にデッキ解説記事と高騰情報をまとめた記事を投稿しています!

デッキを作る際や、手持ちのカードを整理する際に参考になれば幸いです!

まずはデッキレシピ公開!

メインデッキ 40枚
カード名枚数
カンゴク入道
赤い稲妻 テスタ・ロッサ
極悪!獄鬼夜城
「大蛇」の鬼 ジャドク丸
「魂狩」の鬼 ガシャド髑髏
一王二命三眼槍
“乱振”舞神 G・W・D
百鬼の邪王門
バサラ
我我我ガイアール・ブランド4

※このデッキレシピは筆者の脳内構築なので欠陥がある場合がございます。

「こんなアイディアがあるんだー」程度で見ていただけると幸いです。

デッキ解説

4×10の非常にシンプルな構成ですね。

このままでも十分強いですが、ここから各々調整して周りの環境に適応させることをおすすめします。

回し方としては非常に簡単で『カンゴク入道』、『「大蛇」の鬼 ジャドク丸』でシールドをリソースに変えつつ展開。フィニッシャーとして『我我我ガイアール・ブランド』をプレイして〆まで持ち込みます。

カンゴク入道』 P 火文明 (2)
クリーチャー:デモニオ/鬼札王国 2000+
自分のターンの終わりに、自分のシールドを1つ、手札に加える。ただし、その「S・トリガー」は使えない。
<鬼タイム>自分と相手のシールドが合計6つ以下であれば、このクリーチャーのパワーを+3000する。
「大蛇」の鬼 ジャドク丸』 VR 闇文明 (3)
クリーチャー:デモニオ/鬼札王国 2000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のシールドを1つ手札に加える。ただし、その「S・トリガー」は使えない。その後、相手のアンタップしているクリーチャーを1体破壊する。
<鬼タイム>自分と相手のシールドの数が合計6つ以下なら、このクリーチャーのパワーを+4000し、「W・ブレイカー」を与える。
我我我ガイアール・ブランド』 KGM 火文明 (8)
スター進化クリーチャー:ビートジョッキー/レッド・コマンド・ドラゴン/レクスターズ 9000
このクリーチャーを、コストを3少なくし、さらに、このターン、自分の他の火のクリーチャーを召喚していれば、追加で3少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンこのクリーチャーは可能なら攻撃し、その攻撃の後でこのクリーチャーを破壊する。
スター進化:レクスターズまたは火のクリーチャー1体の上に置く。(このクリーチャーが離れる時、かわりに一番上のカードが離れる)
W・ブレイカー
このカードが離れた時、自分のクリーチャーをすべてアンタップし、このターンそれらに「スピードアタッカー」を与える。

シールドをリソースに変えながら展開していくので、相手の攻撃は手札を使って受けていきます。

今回のデッキレシピだと主に『百鬼の邪王門』、『一王二命三眼槍』ですね。

百鬼の邪王門』の場合、『“乱振”舞神 G・W・D』をめくることができれば百鬼の邪王門』の効果、“乱振”舞神 G・W・Dの効果を合わせて最大2面除去+2ドローを行えるので狙っていきたいですね。

百鬼の邪王門』 R 闇/火文明 (6)
呪文:鬼札王国
<鬼エンド>クリーチャーが攻撃する時、シールドが1つもないプレイヤーがいて、自分のマナゾーンに闇のカードと火のカードがそれぞれ1枚以上あれば、この呪文を自分の手札からコストを支払わずに唱えてもよい。
自分の山札の上から4枚を墓地に置く。こうして墓地に置いたカードの中から、闇または火のコスト6以下の進化ではないクリーチャーを1体選び、出す。その後、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その2体をバトルさせる。
一王二命三眼槍』 SR 闇/火文明 (5)
クリーチャー:デモニオ/鬼札王国 6000
自分がゲームに負ける時または相手がゲームに勝つ時、これが相手のターンで、自分のマナゾーンに闇のカードと火のカードがそれぞれ1枚以上あれば、かわりに自分の手札にあるこのカードを相手に見せ、山札の下に置いてもよい。
スピードアタッカー
W・ブレイカー
<鬼エンド>このクリーチャーが出た時、シールドが1つもないプレイヤーがいれば、自分の山札の一番下のカードを墓地に置く。それがコスト5以下のクリーチャーなら出してもよい。
“乱振”舞神 G・W・D』 SR 火文明 (6)
クリーチャー:ビートジョッキー 5000
B・A・D2
スピードアタッカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時または攻撃する時、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その選んだクリーチャーとこのクリーチャーをバトルさせる。
このクリーチャーは、可能なら毎ターン、相手プレイヤーを攻撃する。
自分のクリーチャーがバトルに勝った時、カードを1枚引く。

この受け性能が現環境にマッチしており、CSでの入賞数が増えている印象。

攻め切るにも手札から受け札が飛んでくるため無効化が難しく、耐えて蓋をしてから攻めるにしても我我我ガイアール・ブランド』の速度に負けてしまいます。

この対策の難しさが、CSで数を伸ばした要因になっているかと思います。

今回のデッキレシピは、解説のしやすさも考慮してシンプルにしています。

繰り返しになりますが、ここから各々調整して周りの環境に適応させることをおすすめします。

Re
Re

最後までお読みいただきありがとうございました!

今後もデュエマ、遊戯王を中心にデッキ解説記事、カードの高騰情報をまとめた記事を投稿していきますのでよろしくお願いします!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました