【デュエル・マスターズ】実は密かに強化されていた!『武者ワンショット』【デッキレシピあり】

デュエル・マスターズ

今回記事で解説するデッキは、実は密かに強化されてた”武者ワンショット”です!

ボルメテウス・武者・ドラゴン』 SR 火文明 (6)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 6000
このクリーチャーが攻撃する時、自分のシールドを1つ、墓地に置いてもよい。そうしたら、相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体破壊する。
W・ブレイカー

武者ワンショット”は古くから存在していたデッキタイプであり、ボルメテウス・武者・ドラゴン』を召喚した後に”G・ゼロ”を駆使して大量のドラゴンを展開するめちゃくちゃカッコいいデッキタイプです!

実はちょこちょこ強化をもらってたテーマということで、今回ご紹介させていただきます!

環境で通用するか不透明ですが…かっこいいデッキなので接待用にいかがでしょうか?

筆者は某リサイクルショップでTCGの担当を任されており、普段はカードの査定などをしています。

現職がTCGの店員なので、プレイヤーとはまた違った視点からお話できるかなと思い、今回記事にさせていただきました。

Re
Re

主にデッキ解説記事と高騰情報をまとめた記事を投稿しています!

デッキを作る際や、手持ちのカードを整理する際に参考になれば幸いです!

まずはデッキレシピ公開!

メインデッキ 40枚
カード名枚数
海底鬼面城
勇愛の天秤
エマージェンシー・タイフーン
夜露死苦 キャロル
「伝説のサイバーパワー!」 
竜装 ザンゲキ・マッハアーマー
ボルメテウス・武者・ドラゴン
「祝え!この物語の終幕を!」
バルケリオス・ドラゴン
バルケリオス・武者・ドラゴン4
龍騎旋竜ボルシャック・バルガ

※このデッキレシピは筆者の脳内構築なので欠陥がある場合がございます。

「こんなアイディアがあるんだー」程度で見ていただけると幸いです。

デッキ解説

基本的に昔からある”武者ワンショット”と動きはあまり変わらず、非常にシンプルです。

序盤は『夜露死苦 キャロル』を捨てつつ『「伝説のサイバーパワー!」』などでひたすらドローをしてG・ゼロ持ちのドラゴンをかき集めます。

 

夜露死苦 キャロル』 P(C) 水/火文明 (3)
クリーチャー:アウトレイジ 2000
このクリーチャーがどこからでも自分の墓地に置かれる時、自分のマナゾーンに火と水の文明があれば、このクリーチャーを墓地に置くかわりに自分の手札に戻す
「伝説のサイバーパワー!」』 UC 水/火文明 (3)
呪文:美孔麗王国
<ビビッドロー>[水/火(2)](自分のターン中、攻撃の前にこの呪文をドローした時、表向きにしてもよい。そうしたら、このターンこの呪文を[水/火(2)]支払って唱えてもよい)
自分の手札を1枚捨て、その後、カードを3枚引く。

マナが4マナに達成したら『竜装 ザンゲキ・マッハアーマー』をジェネレート。

ドラゴンが1マナ軽くなるので次のターンにはボルメテウス・武者・ドラゴン』に繋げることができます。

竜装 ザンゲキ・マッハアーマー』 R 火文明 (4)
クロスギア:サムライ
このカードがどのクリーチャーにもクロスされていない時、自分のドラゴンとサムライ・クリーチャーの召喚コストを1少なくしてもよい。ただし、コストは0以下にはならない。
このカードがドラゴンまたはサムライにクロスされている時、バトルゾーンにある自分のドラゴンとサムライ・クリーチャーのパワーは+2000され、「スピードアタッカー」を得る。
このカードは、コストを支払わずに《ボルメテウス・武者・ドラゴン》にクロスしてもよい。

ボルメテウス・武者・ドラゴン』を召喚したら『バルケリオス・武者・ドラゴン』のG・ゼロが反応し、展開することが可能です。

また、バルケリオス・武者・ドラゴン』の召喚に成功できればバトルゾーンにドラゴンが2体になるので『バルケリオス・ドラゴン』のG・ゼロが反応します。

このような感じでG・ゼロを連鎖的に達成して展開し、竜装 ザンゲキ・マッハアーマー』の効果でSAが付与されているのでワンショットを決めていきましょう!

バルケリオス・武者・ドラゴン』 P 火文明 (7)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/サムライ 6000
G・ゼロ−バトルゾーンに自分の《ボルメテウス・武者・ドラゴン》があれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
バトルゾーンにある自分のドラゴンはすべて、種族にサムライを追加する。
W・ブレイカー
バルケリオス・ドラゴン』 VR 火文明 (7)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 6000
G・ゼロ−バトルゾーンにアーマード・ドラゴンが2体以上あれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
W・ブレイカー

以前までの武者ワンショット”は上記の動きでほぼほぼ解説は終わりなのですが、直近で登場した以下の新規カードにより強化されています。

「祝え!この物語の終幕を!」』と『龍騎旋竜ボルシャック・バルガ』ですね。

「祝え!この物語の終幕を!」』 R 水/火文明 (6)
呪文:美孔麗王国
<ビビッドロー>[水/火(4)](自分のターン中、攻撃の前にこの呪文をドローした時、表向きにしてもよい。そうしたら、このターンこの呪文を[水/火(4)]支払って唱えてもよい)
カードを1枚引く。その後、水または火のコスト7以下のクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出す。そのクリーチャーに「スピードアタッカー」を与える。このターンの終わりに、そのクリーチャーを山札の上に置く。
龍騎旋竜ボルシャック・バルガ』 P 火文明 (19)
クリーチャー:ボルケーノ・ドラゴン/アーマード・ドラゴン 17000
G・ゼロ:バトルゾーンに自分の火のドラゴンが4体以上あれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
スピードアタッカー
T・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、相手の「ブロッカー」を持つクリーチャーをすべて破壊する。
このクリーチャーが攻撃する時、カードを1枚引く。その後、自分の手札からドラゴンを1体出してもよい。

「祝え!この物語の終幕を!」』は1ターン限定ですが早いターンに『ボルメテウス・武者・ドラゴン』を踏み倒すことができますので手札に溜まってるバルケリオス・武者・ドラゴン』を出してビートダウンを仕掛けることができます。

龍騎旋竜ボルシャック・バルガ』は単純に強力なフィニッシャーとして採用されています。

G・ゼロもこのデッキではワンショットムーヴ中に達成できるので攻撃力が上がったと言えるでしょう。

決して大会で優勝できるほどのデッキではありませんが、めちゃくちゃかっこいい動きをするので気になる方はぜひ試して頂けると嬉しいです!

Re
Re

最後までお読みいただきありがとうございました!

今後もデュエマ、遊戯王を中心にデッキ解説記事、カードの高騰情報をまとめた記事を投稿していきますのでよろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました