【デュエル・マスターズ】新世代の5cグッドスタッフ!『ヒャクメ軸5cコントロール』【デッキレシピあり】

デュエル・マスターズ

今回記事で解説するデッキは、最新弾の『禁断龍VS禁断竜』で収録された『霊宝 ヒャクメ-4』を使った”5cコントロール”です!

霊宝 ヒャクメ-4』 R 光/闇/自然文明 (6)
クリーチャー:パンドラボックス/アーク・セラフィム/ディスタス 4000
S・トリガー
ブロッカー
このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
このクリーチャーが出た時または相手に選ばれた時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。その後、相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。
ササゲール4(ディスペクターを召喚する時、コストを4少なくしてもよい。そうしたら、このクリーチャーを破壊する。そのディスペクターのコストは0以下にはならない)

まず、注目すべきは”ササゲール4”

ディスペクターを召喚するときにこいつ一体生贄に捧げることで4コスト軽減が可能なので、少ないマナでも強力なディスペクターを召喚することが可能になります!

また、Sトリガー持ちのブロッカーであり、召喚時にマナブーストとハンデスも備えているのでこれ一枚でも多方面での仕事が期待できます。

今回はそんな『霊宝 ヒャクメ-4』を軸にして、5cコントロール”に様々がディスペクターを採用した”5cグッドスタッフディスペクター”の紹介です!

筆者は某リサイクルショップでTCGの担当を任されており、普段はカードの査定などをしています。

現職がTCGの店員なので、プレイヤーとはまた違った視点からお話できるかなと思い、今回記事にさせていただきました。

Re
Re

主にデッキ解説記事と高騰情報をまとめた記事を投稿しています!

デッキを作る際や、手持ちのカードを整理する際に参考になれば幸いです!

まずはデッキレシピ公開!

デッキ解説

5cグッドスタッフディスペクター”というわけで様々なディスペクターを採用した結果、レシピが非常に長くなりましたね…笑

何はともあれ、このデッキの動かし方です。

まずは『フェアリー・ミラクル』、『天災 デドダム』、『獅子王の遺跡』がこのデッキの初動でございます。

ひとまず8マナ貯めることを目標にブーストしていきましょう。

フェアリー・ミラクル』 C 自然文明 (3)
呪文
自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。
自分のマナゾーンにすべての文明が揃っていれば、さらにもう1枚、自分の山札の上からカードをマナゾーンに置く。
天災 デドダム』 P 水/闇/自然文明 (3)
クリーチャー:トリニティ・コマンド/侵略者 3000
このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から3枚を見る。そのうちの1枚を自分の手札に加え、1枚をマナゾーンに置き、残りの1枚を墓地に置く。
獅子王の遺跡』 UC 自然文明 (4)
呪文
S・トリガー
自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。
マナ武装4:自分のマナゾーンに多色カードが4枚以上あれば、自分の山札の上からさらに2枚をマナゾーンに置く。

8マナまで伸ばしたら大型ディスペクターをどんどん出して場を制圧していきましょう!

ここで始めに出しておきたいのが『砕慄接続 グレイトフル・ベン』!

砕慄接続 グレイトフル・ベン』 SR 光/闇/自然文明 (8)
クリーチャー:ディスペクター/キング・コマンド・ドラゴン/ガイア・コマンド 13000
EXライフ(このクリーチャーを出す時、自分の山札の上から1枚目をシールド化する。このクリーチャーが離れる時、かわりにそのシールドを墓地に置く)
ブロッカー
T・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、自分の墓地のカードをすべて、タップしてマナゾーンに置いてもよい。
各ターンに一度、クリーチャーを1体、自分のマナゾーンから召喚してもよい。それがディスタスならコストを支払わずに召喚する。

出た時の能力でマナを伸ばしつつ、マナゾーンからクリーチャーを召喚できるようになるので大量のマナが手札のように使えます!

しかもディスタスをマナから召喚する場合、コストを払う必要がないので霊宝 ヒャクメ-4』を出してディスペクターに繋げる動きや『Disアイ・チョイス』→『蒼龍の大地』で繋ぐ動きも可能になります。

砕慄接続 グレイトフル・ベン』から上記の動きに繋げて相手のデッキに合わせて大型ディスペクターを出して制圧していくのがこのデッキの基本戦術になります。

Disアイ・チョイス』 VR 水/闇/自然文明 (6)
クリーチャー:サイバー・コマンド/ディスタス 3000
ブロッカー
スレイヤー
このクリーチャーが出た時、「S・トリガー」を持つカードを1枚、自分のマナゾーンからコストを支払わずに使ってもよい。
蒼龍の大地』 R 火/自然文明 (8)
呪文
S・トリガー
自分のマナゾーンにあるカードの枚数より小さいコストを持つ、進化ではないクリーチャーを1体、自分のマナゾーンから出す。それが火または自然のクリーチャーなら、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その2体をバトルさせる。

他採用カードの解説

今回採用した大型ディスペクターは、『勝災電融王 ギュカウツ・マグル』、『真邪連結 バウ・M・ロマイオン』、『聖魔連結王 ドルファディロム』、『禁時混成王 ドキンダンテXXII』、『禁断竜王 Vol-Val-8』と豪華な面々。

勝災電融王 ギュカウツ・マグル』は8マナ溜まった時点で出しても『砕慄接続 グレイトフル・ベン』に繋げることができる可能性があるので『砕慄接続 グレイトフル・ベン』を引けなかった場合は勝災電融王 ギュカウツ・マグル』を出すのも有りですね。

勝災電融王 ギュカウツ・マグル』 SR 水/火/自然文明 (8)
クリーチャー:ディスペクター/アウトレイジMAX/ジ・アンサー 15000
EXライフ
T・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から4枚を見る。その中からコストの合計が9以下になるよう、多色クリーチャーを好きな数選び、出す。残りを好きな順序で山札の下に置く。

真邪連結 バウ・M・ロマイオン』は5cコントロール”だと珍しいカードかと思いますが、”グッドスタッフ”ということで採用しました。

このデッキの展開札である蒼龍の大地』や、受け札兼単色カードとして採用した『謎帥の艦隊』を使いまわせる上、EXライフが剥がれた時などはこれらを手札から打つことでかなりの耐久性を誇ります。

主に”ビートダウン”のデッキに対して有効な受け札になってくると思います。

真邪連結 バウ・M・ロマイオン』 P 光/火文明 (8)
クリーチャー:ディスペクター/エンジェル・コマンド/ナイト 14000
EXライフ(このクリーチャーを出す時、自分の山札の上から1枚目をシールド化する。このクリーチャーが離れる時、かわりにそのシールドを墓地に置く)
ブロッカー
T・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、呪文を2枚まで、自分の墓地から手札に戻す。
このクリーチャーが攻撃する時、またはこのクリーチャーの「EXライフ」シールドが自分のシールドゾーンを離れた時、コスト8以下の呪文を1枚、自分の手札からコストを支払わずに唱えてもよい。

聖魔連結王 ドルファディロム』、『禁時混成王 ドキンダンテXXII』は主に〆として採用しています。

相手によって呪文制約やクリーチャーの能力無視の効き具合が変わってくるはずなのでこれらも使い分けが必要ですね。

聖魔連結王 ドルファディロム』 KGM 光/闇/火文明 (8)
クリーチャー:ディスペクター/エンジェル・コマンド/デーモン・コマンド 13500
EXライフ(このクリーチャーを出す時、自分の山札の上から1枚目をシールド化する。このクリーチャーが離れる時、かわりにそのシールドを墓地に置く。)
スピードアタッカー
T・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、またはこのクリーチャーの「EXライフ」シールドが自分のシールドゾーンを離れた時、相手の多色ではないクリーチャーをすべて破壊する。
相手は多色ではない呪文を唱えられない。
禁時混成王 ドキンダンテXXII』 KGM 光/水/火文明 (9)
クリーチャー:ディスペクター/エンジェル・コマンド・ドラゴン/禁断 99999
EXライフ(このクリーチャーを出す時、自分の山札の上から1枚目をシールド化する。このクリーチャーが離れる時、かわりにそのシールドを墓地に置く)
T・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、次の自分のターンのはじめまで、相手のクリーチャーの能力をすべて無視する。
相手のターン中、相手がコスト9以下のクリーチャーを召喚した時またはコスト9以下の呪文を唱えた時、自分はカードを1枚引いてもよい。その後、コスト9以下の呪文を1枚、自分の手札からコストを支払わずに唱えてもよい。

禁断竜王 Vol-Val-8』は小型クリーチャーを展開する”速攻”や”ビートダウン”に対して採用しています。

このデッキの軸でもある『霊宝 ヒャクメ-4』がSトリガー持ちブロッカーなので、攻撃受けてシールドから出てきた霊宝 ヒャクメ-4』を捧げて禁断竜王 Vol-Val-8』に繋ぐ動きを狙っていきたいので、”速攻”や”ビートダウン”相手の場合はマナに置かないで手札にキープしておきたい1枚。

運良く出すことができれば、場を一掃してEXターンをもぎ取って無理やり展開していきましょう。

禁断竜王 Vol-Val-8』 KGM 水/火/自然文明 (9)
クリーチャー:ディスペクター/アーマード・ドラゴン/アース・ドラゴン/禁断 54321
EXライフ
スピードアタッカー
T・ブレイカー
ジャストダイバー(このクリーチャーが出た時、次の自分のターンのはじめまで、このクリーチャーは相手に選ばれず攻撃されない)
このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から5枚を見て、その中から2枚まで手札に加える。残りを好きな順序で山札の下に置く。その後、パワー6000以下のクリーチャーをすべて破壊してもよい。
自分のターンの終わりに、このターン、クリーチャーが4体以上破壊されていれば、このターンの後に自分のターンを追加する。

このデッキの改造案

今回は採用を見送りましたが、ディスタスに寄せてるので竜界電融 N・EXT』を採用するのもアリかもしれませんね。

マナゾーンさえうまく合えばかなりの展開力が期待できるかと思います。

竜界電融 N・EXT』 KGM 水/火/自然文明 (7)
クリーチャー:ディスペクター/アーマード・ドラゴン/アース・ドラゴン/サイバー・コマンド 6000
EXライフ(このクリーチャーを出す時、自分の山札の上から1枚目をシールド化する。このクリーチャーが離れる時、かわりにそのシールドを墓地に置く)
スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
このクリーチャーが出た時、自分のマナゾーンにあるディスペクターとディスタスをすべてアンタップする。
このクリーチャーが攻撃する時、プレイヤーを1人選んでもよい。そのプレイヤーは自身の手札と墓地にあるカードをすべて山札に加えてシャッフルし、カードを5枚引く。

あとは軸になってる大型ディスペクターが8コストなので襲来、鬼札王国!』、灰燼と天門の儀式』も従来の5cコントロール”と同じく相性が良いはず。

受け札としてもかなり強そうなのでおすすめです!

襲来、鬼札王国!』 R 闇/火文明 (6)
呪文:鬼札王国
S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
次のうちいずれか1つを選ぶ。
►相手のコスト8以下のクリーチャーを1体破壊する。
►コスト8以下のクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。
<鬼タイム>自分と相手のシールドの数が合計6つ以下なら、1つのかわりに両方選んでもよい。
灰燼と天門の儀式』 VR 光/闇/火文明 (6)
呪文
S・トリガー
コスト8以下のクリーチャーを1体、自分の墓地から出す。次の自分のターンのはじめまで、そのクリーチャーに「ブロッカー」を与える。その後、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その2体をバトルさせる。

デッキを調整する際は単色カードの枚数にだけ気をつければ幸いです。

Re
Re

最後までお読みいただきありがとうございました!

今後もデュエマ、遊戯王を中心にデッキ解説記事、カードの高騰情報をまとめた記事を投稿していきますのでよろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました