【デッキレシピあり】マイナーカードでループしちゃう!?『リゲタリアループ』

デュエル・マスターズ

今回記事で解説するデッキは『特急潜湿艦 リゲタリア』を使った”ループデッキ”です。

強さは保証できませんが…マイナーカードを使ったコンボデッキなので、初見相手だとびっくりするはずです!

特急潜湿艦 リゲタリア』 R 水文明 (7)
クリーチャー:ムートピア 7000
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを2枚引く。その後、自分の手札の枚数よりコストが小さい他のクリーチャーをすべて持ち主の手札に戻す

筆者は某リサイクルショップでTCGの担当を任されており、普段はカードの査定などをしています。

現職がTCGの店員なので、プレイヤーとはまた違った視点からお話できるかなと思い、今回記事にさせていただきました。

Re
Re

主にデッキ解説記事と高騰情報をまとめた記事を投稿しています!

デッキを作る際や、手持ちのカードを整理する際に参考になれば幸いです!

まずはデッキレシピ公開!

デッキ解説

このデッキを扱う際に注意したいのはコンボ始動時の手札枚数。

劇場戦艦 カァテンコヲル』の効果で『特急潜湿艦 リゲタリア』を踏み倒すため、コンボ中でも手札の枚数が7枚切ることがないようにしたいです。

劇場戦艦 カァテンコヲル』 SR 水/火文明 (6)
クリーチャー:ムートピア/美孔麗王国 6000
<ビビッドロー>[水/火(8)](自分のターン中、攻撃の前にこのクリーチャーをドローした時、表向きにしてもよい。そうしたら、このターンこのクリーチャーを[水/火(8)]支払って召喚してもよい)
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、「ビビッドロー」能力を使って召喚していれば、カードを3枚引く。
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札の枚数以下のコストを持つ水または火のカードを1枚、自分の手札から選んでもよい。そうしたら、そのカードをコストを支払わずに使う

さて、まずはループの手順について解説します。

ループに必要なカードは『爆龍皇 ダイナボルト』×1、劇場戦艦 カァテンコヲル×2、特急潜湿艦 リゲタリア×2、そして手札の総数が10枚あれば確実にコンボが始動できます。

爆龍皇 ダイナボルト』爆龍皇 ダイナボルト KGM 光/火文明 (7)
クリーチャー:ダイナマイト・ドラゴン/チームボンバー 9500
スピードアタッカー
W・ブレイカー
<W・マジボンバー>6(このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から2枚を見る。コスト6以下のクリーチャーを2体まで、その山札の2枚または自分の手札から選び、バトルゾーンに出す。見た山札の残りを好きな順序で山札の一番上に戻す)

手札の総数10枚が厳しそうですが、『夜露死苦 キャロル』+『「伝説のサイバーパワー!」』などで低コストでも手札の総数を増やせるギミックを採用しているので普通のデッキに比べると楽です。

序盤、中盤はコンボパーツを集めながら手札総数11枚を目指しましょう。

夜露死苦 キャロル』 P(C) 水/火文明 (3)
クリーチャー:アウトレイジ 2000
このクリーチャーがどこからでも自分の墓地に置かれる時、自分のマナゾーンに火と水の文明があれば、このクリーチャーを墓地に置くかわりに自分の手札に戻す。
「伝説のサイバーパワー!」』 UC 水/火文明 (3)
呪文:美孔麗王国
<ビビッドロー>[水/火(2)](自分のターン中、攻撃の前にこの呪文をドローした時、表向きにしてもよい。そうしたら、このターンこの呪文を[水/火(2)]支払って唱えてもよい)
自分の手札を1枚捨て、その後、カードを3枚引く。

まずは爆龍皇 ダイナボルト』を召喚して攻撃、”<W・マジボンバー>6”が発動します。

<W・マジボンバー>6”の効果でコスト6以下のクリーチャー2体を踏み倒せるので『劇場戦艦 カァテンコヲル』を2体場に出します。

劇場戦艦 カァテンコヲル』の出た時効果が2回発動しますが、まずは一回目で『特急潜湿艦 リゲタリア』を召喚。

劇場戦艦 カァテンコヲル』2体目の効果は置いといてまずは特急潜湿艦 リゲタリア』の効果を解決します。

2枚ドローして手札の枚数よりコストが小さいクリーチャーが全部手札に戻るので自分の場にある爆龍皇 ダイナボルト』、劇場戦艦 カァテンコヲル』2体が手札に戻ります。

そして劇場戦艦 カァテンコヲル2体目の効果を解決。場に出すのは先ほど手札に戻った『爆龍皇 ダイナボルト』!

爆龍皇 ダイナボルト』で攻撃して再び劇場戦艦 カァテンコヲル2体を場に出して、劇場戦艦 カァテンコヲル』の効果で2体目の特急潜湿艦 リゲタリア』を場に出します。

特急潜湿艦 リゲタリア』の効果を解決して2枚ドロー、そして場にある爆龍皇 ダイナボルト』、劇場戦艦 カァテンコヲル』2体、最初に出した特急潜湿艦 リゲタリア』が手札に戻ります。

そして劇場戦艦 カァテンコヲル』の効果で爆龍皇 ダイナボルト』を召喚…

これがループの手順になります。

このループを一回行うごとに特急潜湿艦 リゲタリア』の2枚ドローを行うことが可能です。

山札を引ききったタイミングで劇場戦艦 カァテンコヲル』の踏み倒し効果で『ジョリー・ザ・ジョニー Joe』を踏み倒してエクストラウィンです。

ジョリー・ザ・ジョニー Joe』 LEG 火文明 (10)

クリーチャー:(種族無し) 19000
スピードアタッカー
Q・ブレイカー
このクリーチャーが召喚によって出た時、バトルゾーンに相手のクリーチャーがなければ、自分はゲームに勝つ。バトルゾーンに相手のクリーチャーがあれば、他のクリーチャーをすべて破壊する。

比較的安価で作れるループデッキなので、接待用でひとつ組んでみるのはいかがでしょうか?

デッキ改造案

初期段階では、エクストラウィンの手段として水上第九院 シャコガイル』を採用してました。

水上第九院 シャコガイル』 SR 水文明 (9)
クリーチャー:ムートピア 13000
T・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、自分の墓地にあるカードをすべて山札に加え、シャッフルする。
相手のターンのはじめに、カードを5枚引き、その後、自分の手札を3枚捨てる。
自分の山札の最後の1枚を引く時、ゲームに負けるかわりに勝つ。

しかし、水上第九院 シャコガイル』を出すタイミングで劇場戦艦 カァテンコヲル』の踏み倒し効果が足りなくなり、爆龍皇 ダイナボルト』が攻撃してしまうか、ループが止まる動きになってしまいました…

ループデッキ”において相手を攻撃して逆転の可能性を与えてしまうのは致命的だったので、色々試した結果、『ジョリー・ザ・ジョニー Joe』になりました。

水上第九院 シャコガイル』を出したタイミングでループが止まり、墓地が溜まりすぎるとエクストラウィンが失敗してしまうのも理由の一つです。

できれば水上第九院 シャコガイル』の方が確実のエクストラウィンに持っていけるため、何かコンボが閃いた方は水上第九院 シャコガイル』をフィニッシャーに添えた構築もいいかと思います。

その際は墓地を増やしすぎないように夜露死苦 キャロル』を確実に引き込む構築にしておきたいところ。

Re
Re

最後までお読みいただきありがとうございました!

今後もデュエマ、遊戯王を中心にデッキ解説記事、カードの高騰情報をまとめた記事を投稿していきますのでよろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました