コロナ禍におけるTCGの未来、『ゲートルーラー』が目指す新しいTCGの在り方、ビジネスモデルとは?

TCG店員コラム

みなさま初めまして、現在「Re」と言う名前でゲーム実況をしている者です。

読み方は「り」って呼んだり「れ」って呼ばれたりしますが公式では「り」推奨です。(不安定)

さてさて、本日のブログ記事は

『コロナ禍におけるTCGの未来、ゲートルーラーが目指す新しいTCGの在り方、ビジネスモデルとは?』

といった内容で書いて行きます。

コロナ禍における現在のTCG

さて、世間では相変わらずコロナが猛威を振るっていますが、みなさんも体調管理には気をつけてくださいね。

現在コロナの影響で対面で行うTCGをする機会はめっきり減り、カードショップも売り上げが下がり、閉店も相次いでいるでしょう。

正直今回のコロナ禍はTCG業界にとって大打撃もいい所。会心の一撃を食らって瀕死状態。

正直ここまで来てると筆者自身は感じています。

筆者も一応端くれのTCG店員ではあるんですけど、明らかにお客さんも減りましたし、正直きつい所はもっと大変そうですね・・・(現状なんとか売り上げは維持してます)

大きなニュースですと、コロナの影響も相まって客層が子どもメインだったカードキングダムの練馬春日も閉店したらしいですね。

(たしか生放送でそんな感じのことを言っていた気がする。違ったらごめんなさい訂正します)

売り上げ自体は若干回復傾向にあるのですが、全国でTCGショップ閉店が相次いでいる以上、そろそろ何か業界全体で対策を練らなければならないでしょうね。

コロナによって変わったもの

まず一番はリモート対戦の普及でしょうか。

対面できない以上、スマホ等で画面を通じて対戦をするやり方なのですがいつでも部屋の中で対人できるようになったのは大きな変化ではないでしょうか。

現状はイカサマのしやすさから大会での運用は厳しそうですが、発展次第では将来的にうまく形としてまとまるかなと。

理想としては今後VRが発展してバーチャル空間でデュエルすることかな・・・まんまヴレインズだけど。

あとは気兼ねなくカードショップに行って交流ができない昨今ですと、プレイヤーを辞めてコレクターになったって人は結構増えたんじゃないかなって個人的に思います。

最近だと遊戯王は、売り方的にこの傾向が強いですね。

コロナの影響で加速的に増えたと売り場に立ってる筆者は思いますね。

今後のTCG業界はどうなる?

さて、ここからはTCGの未来について話すのですが・・・

まず直近だとゲートルーラーが発売されますね。

なんだかんだ色々言われてますが個人的にはこのゲートルーラーがコケたらTCGは終わると踏んでます。

そもそもコロナ以前にこの業界って良くも悪くも新規TCGの参入って少なすぎるんですよね。

裏を返すと大手TCGは安定しているとも取れますが、新規TCGを常に参入させてTCGプレイヤーを獲得しないと業界自体衰退するんですよね。

そういった意味でゲートルーラーが売れる・売れないは今後のTCG業界の在り方を具現化してると個人的に見ています。

売れたら新規プレイヤーが参入してきて、売れると分かれば他メーカーが新規TCGを提げて参入する。そして新規プレイヤーが参入して・・・の好循環が生まれると推測しています。

逆に売れなかったら・・・・循環が生まれないので衰退に一直線ですね。

次にありそうなのはTCGの競技化が加速することでしょうか。

最近だとデュエマはその傾向が強いですね。

CSなどの大型大会の景品を豪華にして枚数も絞って価値を付与させることで最近のデュエマはガチで勝ちを狙う人が増えました。

これは正直ネットの意見を見る限り賛否両論ですね。

ガチで勝ちを狙う人が増えるってことは初心者参入の障壁が高くなる、とか景品が豪華なのでモチベが上がるとか・・・

個人的な推測としては遊戯王やデュエマは新規に取り込むことを諦めて、そのコミュニティ内にいるプレイヤーを活性化させることでシェアを広げる動きにシフトしてるんじゃないかなーっと・・・

遊戯王の場合は昔のカードをリメイクしたりと、やり方は違えど大手TCGはその傾向が強いと感じています。

新規参入が増えないことを見越して、今後はこの動きはさらに加速すると推測しています。

最終的に競技性を限界突破してスポンサーがついて賞金制の大会を開いてプロプレーヤーとして生活する・・・

そういった人ももしかしたら今後出てくるかもしれないと思うと結構楽しみだったりする。

新しいTCGのあり方とTCG業界を救うビジネスモデル

さて、ここまではTCGは現在こうなっていて今後はこうなるんじゃないって話をしてきました。

これまでのことを一言でまとめると結構やばいかんじ。

特にコロナが云々関係なく、新規TCGの参入が少なすぎるのがこの業界においてもっとも危惧しなければならないこと。

これに関してはゲートルーラーの製作者いけっち店長氏や、ブシロード社長の木谷氏、これを見ているプレイヤー様はわざわざ筆者が言わなくてもわかりきってることだし、理解しているはずです。

なのでここからが本題。TCGだからこそできるかもしれないビジネスモデルを考えてみました。

もちろんただのTCG店員一個人が考えたものなのでロジックの成立としては欠陥だらけなのを前提として話をさせて下さいな。(プロトタイプ的な?)

(ここからが本題)筆者が提唱する新しいTCGの作り方

まずこのコロナ禍において対面で会うことができず、ネットの至るところに閉鎖されたコミュニティ、オンラインサロンが多数誕生しました。

中には閉鎖されたコミュニティ内でクラウドファンディングを利用して資金をかき集めて事業を起こしたり、オンラインサロン内で盛り上がりを見せたりビジネスとして十分成立しているのが証明できてると思います。

また、YouTuberやSNSで個の強い個人が影響力と経済力を手に入れることができる時代でもあります。

なので閉鎖された少数のコミュニティ内でTCGって作ることができて、そのコミュニティ内で作ったTCGを発展させることって形としては可能なのでは?

もうちょっと具体的に話を派生させると、インターネットが普及した現代において、同人系TCGってクオリティもある程度担保しつつ、挑戦する敷居もかなり下がったよねって話です

例としてはユーチューバーがTCGを作る→TCGを作る仲間を集う→TCGを製作。

資金はユーチューバー個人で投資的な心構えで出してもいいし、TCGを作る仲間からかき集めるでもいいし。クラウドファンディングって手も。

そして作ったTCGをコミュニティ内で試行錯誤、発展させてコミュニティの人数を増やして規模を大きくして・・・

この繰り返しで最終的にはまぁまぁの規模のTCGって個人でも作ることって可能ではないでしょうか。

全国に販売しなくともコミュニティ内でお金の流れを完結させればビジネスとして形になるかと思います。

もしこれがTCG界隈の中で多数生まれれば結構な数新規TCGって生まれませんかね。

そうすることで新規層も獲得して業界全体が大きくなると考えると、個人的には有りかなと(現状妄想内で完結してるけどね)

実は現在話題沸騰のとあるTCGって・・・

まるで「筆者はこんなこと考えてるんだ!頭いいでしょ!」って言いたげですが

むしろこのビジネスモデルってゲートルーラーそのものなんですよね。

影響力のあるいけっち店長氏が個人で人を集めて、お金を出して、生放送やSNSでお客様とのコミュニケーションを取ることで深いコミュニティは既に形成されています。

なのでゲートルーラーが売れなかったらTCGは終わるって意味はこのことです。

今までのやり方では新規TCGが参入する敷居が高すぎた。

なのでこの新しいビジネスモデルが成功するかどうかで今後の業界の動きは全くの別物になっているはず。

もしここで個人でTCGが成功できたことを証明すれば、コロナ禍になる前よりも新規TCGの誕生が全国的に見て活発的に増えると推測しています。

今までは企業が作るものって常識が個人でもできるって認識になりますからね

そうなってくると業界全体が好循環に回っていくし、ぜひそうなってほしいと筆者は思います。

ただのTCG店員の端くれが妄想した未来を記事におこしてみましたが、おそらく読みにくい記事になっているとおもいます。申し訳ないです。

反応を見次第、ある程度精査してから書き直しをするかもしれないですが今日のところは一旦こんな感じで締めます。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました