【遊戯王高騰】”ディメンション・アトラクター”が高騰中!高騰原因をTCG店員が解説!

遊戯王

”ディメンション・アトラクター”が高騰しているらしい。

『ディメンション・アトラクター』
効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻1200/守2200
(1):自分の墓地にカードが存在しない場合、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
次のターンの終了時まで、墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。
この効果は相手ターンでも発動できる。

現在『ディメンション・アトラクター』が高騰の動きを見せているらしいです。

この記事ではディメンション・アトラクター』の高騰理由と、相場の情報をまとめていきます。

✅この記事を読むとわかること

その前に・・・

筆者は某リサイクルショップでTCGの担当を任されており、普段はカードの査定などをしています。

現職がTCGの店員なので、プレイヤーとはまた違った視点からお話できるかなと思い、今回記事にさせていただきました。

Re
Re

主にデッキ解説記事と高騰情報をまとめた記事を投稿しています!

デッキを作る際や、手持ちのカードを整理する際に参考になれば幸いです!

『ディメンション・アトラクター』の高騰理由は・・・?

ディメンション・アトラクター』の高騰理由はずばり、”ふわんだりぃず”に採用されるケースが増えたからでしょう。

ふわんだりぃず×えんぺん』
効果モンスター
星10/風属性/鳥獣族/攻2700/守1000
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ふわんだりぃず」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
その後、モンスター1体を召喚できる。
(2):アドバンス召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手フィールドの特殊召喚された攻撃表示モンスターは効果を発動できない。
(3):このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に1度、手札を1枚除外して発動できる。
その相手モンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで半分になる。
ふわんだりぃず×すのーる』
効果モンスター
星10/水属性/鳥獣族/攻2900/守 800
(1):アドバンス召喚したこのカードが存在する場合、1ターンに1度、発動できる。
このターン自分は通常召喚を3回まで行う事ができる。
(2):アドバンス召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分のモンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
(3):相手ターンに1度、手札を1枚除外して発動できる。
相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て裏側守備表示にする。

ふわんだりぃず”は最新弾『BURST OF DESTINY』で登場した”アドバンス召喚”を主軸に置いた鳥獣族のテーマデッキ。

かなり強力なテーマなので環境入りも期待されています。

  • 最新弾に収録された”アドバンス召喚”を主軸に置いたテーマ。
  • 近年登場したテーマの中では珍しく、墓地をあまり活用しない。
  • 除外ゾーンメインで展開していくので、墓地メタの影響をあまり受けない。

ふわんだりぃず×いぐるん』
効果モンスター
星1/風属性/鳥獣族/攻 800/守1000
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからレベル7以上の鳥獣族モンスター1体を手札に加える。
その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
(2):表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
(3):このカードが除外されている状態で、
自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。
このカードを手札に加える。

ふわんだりぃず”は基本的に除外をメインに展開をしていくので、ディメンション・アトラクター』を積んでいても、特に影響が及ばないです。

そういった背景から、ふわんだりぃず”にディメンション・アトラクター』を採用する構築が多くなり、高騰に繋がりました。

筆者Re:
筆者Re:

ディメンション・アトラクター』は俗に言う”手札誘発”の一種だから

メタとしても高性能よね。

ディメンション・アトラクター
ディメンション・アトラクター

ちなみにおいらの効果は自分のターンでも発動できるから

好きなタイミングでふわんだりぃず”を除外させることもできるんだぜ( -`ω-)どや!

『ディメンション・アトラクター』の高騰情報

今回も”メルカリ”の落札を元に情報をまとめますね。

ディメンション・アトラクターの中古/未使用品を探そう! - メルカリ
ディメンション・アトラクターの人気アイテム「メルカリ」でお得に通販、誰でも安心して簡単に売り買いが楽しめるフリマサービスです。

ディメンション・アトラクター』はウルトラレア、シークレットレアの2種類が存在していますが、現在以下の通りでの取引が目立ってます。

ウルトラレアメルカリ相場:600円
シークレットレアメルカリ相場:800円

発売当初から注目されており、ウルトラレアでも400円くらいでの取引が目立ってましたが、”ふわんだりぃず”が登場するまでは下落し続けており、1枚200円くらいでの取引が目立ってました。

いい感じに高騰をしているのでふわんだりぃず”のシェア率が上がればもう少し値段が上がりそう。

『ディメンション・アトラクター』はどこまで高騰する?

ここからは個人的な見解になるのですが、現在ふわんだりぃず”が環境入りしたばかりなのでこれから使用数が伸びてくる可能性も全然あります。

そうなると必然的にふわんだりぃず”の採用候補になっているディメンション・アトラクター』の需要も増えてくるはずなので高騰する可能性はふわんだりぃず”次第と言ったところ。

しかし、このくらいの金額帯かつ汎用的な手札誘発系はストラクチャーデッキにしれっと再録される可能性があるように思います

今のところ、ふわんだりぃず”よりも”相剣”の方が環境で目立っているので、どうしても必要!って方以外は無理して集めなくても大丈夫かと思います。

まとめ

今回はディメンション・アトラクター』をの高騰情報についてまとめました。

今後もこういった高騰情報を発信していきますので、よろしくお願いします。

Re
Re

最後までお読みいただきありがとうございました!

今後もデュエマ、遊戯王を中心にデッキ解説記事、カードの高騰情報をまとめた記事を投稿していきますのでよろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました