【TCG店員が語る】タイトル別高騰パターン分析してみた(バトルスピリッツ編)

TCG店員コラム

みなさま初めまして、現在「Re」と言う名前でゲーム実況をしている者です。

読み方は「り」って呼んだり「れ」って呼ばれたりしますが公式では「り」推奨です。(不安定)

Re:【やり込み系ゲーム実況者】
まったりと動画投稿していく予定です。 更新頻度に関してはそんな期待しないでね( ;∀;)

本日のブログ記事は・・・

『【TCG店員が語る】タイトル別高騰パターン分析してみた(バトルスピリッツ編)』

といった内容で書いていきます。

各タイトル別に高騰パターンを分析!

少し前に書いた記事で、デュエマの『天災デドダム』を引き合いに高騰パターンのお話をしました。

今回の記事は、そこから派生して『各タイトルごとの高騰パターン』と題して、TCG店員歴5年目の筆者が、各TCGの高騰パターンを分析してまとめていきます。

他のTCGタイトルの高騰パターンを後々記事にしていきますので、合わせて一読していただけると幸いです。

ちなみに筆者は・・・?

ちなみに筆者は現在、某リサイクルショップでカードゲームの査定なんかを本業にしています。

なんだかんだでこの業界で5年ぐらい働いてるので、プレイヤーから見た視線とはまた違ったお話ができるかと思います。

文章力は皆無なのですが、最後まで暖かい目で一読してもらえると非常に嬉しいです。

バトスピの高騰パターンは…?

バトスピの高騰パターンは個人的にはデュエマに近い印象を受けます。

デュエマはカードの強さが値段に直結しているとこちらの記事で触れましたが、バトルスピリッツも強さが値段に直結しているタイプの高騰をします。

さらにこれはバトルスピリッツに限った話ではないのですが、XXや転醒Xのような封入率が極端に低い=流通枚数が少ない且つカードとしての強さを備えているカードはもれなく高騰します。

デュエマに比べると昔のカードは…

前回のデュエマ編で触れましたが、デュエマは最新のカードだろうが昔のカードだろうが強いカードが値段に直結していると記事にしました。

先ほどバトルスピリッツはデュエマと似たタイプの高騰をしていると書きましたが、昔のカードに関して言えば、ちょっと違います。

もちろん昔のカードでも強さが備わっていればそれなりの値段が付きますが、バトルスピリッツは他のTCGに比べてインフレ加速が尋常じゃなく早いです。

なので最新のカードになればなるほど強力なカードが収録されていくので、昔のカードがトーナメントシーンで日の目を浴びる機会が他のTCGに比べると少ないです。

ポイントまとめ!
  • デュエマと似た強さ=値段に直結しているタイプの高騰。
  • これに限った話ではないが、高レアリティ且つ強いカードほど高騰していく。
  • 似たタイプのデュエマに比べて、昔のカードが高騰するシーンはあまり無い。

バトスピのコレクションカードってどんな感じなの?

バトスピのコレクション需要は他のTCGに比べるとやや特殊。

というのも、バトルスピリッツは仮面ライダーやデジモン、ガンダムやウルトラマンといった面々とのコラボカードを展開しています。

このコラボカードはかなり売れているのですが、おそらく他のTCGに比べると普段バトスピをプレイしていない層が一定数多いはずです。

コラボカードのイラストの評価もかなり高く、コレクション需要としては間違いなくあるでしょうね。

遊戯王やポケカのコレクション需要とは違い、別コンテンツに依存したコレクション需要なので、ある意味これはバトスピの強みでしょう。他に比べるとだいぶ安定していると思います。

もちろんコラボカードの中にも強力なカードが一定数存在し、高額で取引されるカードも多いです。

バトスピ本編のコレクション需要の高いカードは…?

さて、コラボカード群について触れましたが、バトスピ本筋のコレクション需要に付いても触れていきます。

結論から申し上げますと、他のTCGに比べると市場の規模が小さい印象。

個人的な見解としては、バトスピ本筋のコレクター層+コラボ層を足せば、デュエマのコレクター市場は超えてるような気がします。

それだけデュエマの強さ=高騰が目立っているってだけなんですが…笑

ポイントまとめ!
  • バトスピのコレクター市場はかなり特殊。
  • バトスピのコラボカードは、コンテンツ依存で安定しているのが特徴。
  • コラボカードのコレクション層が強いので、ワンチャンデュエマのコレクター層の規模超えてそう?(わからんけど)

総括

今回は遊戯王の高騰パターンを深掘りしていきました!

次回はデュエルマスターズを深掘りしていきますので、よろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました