【TCG店員が語る】タイトル別高騰パターン分析してみた(デュエル・マスターズ編)

デュエル・マスターズ

みなさま初めまして、現在「Re」と言う名前でゲーム実況をしている者です。

読み方は「り」って呼んだり「れ」って呼ばれたりしますが公式では「り」推奨です。(不安定)

Re:【やり込み系ゲーム実況者】
まったりと動画投稿していく予定です。 更新頻度に関してはそんな期待しないでね( ;∀;)

本日のブログ記事は・・・

『【TCG店員が語る】タイトル別高騰パターン分析してみた(デュエル・マスターズ編)』

といった内容で書いていきます。

各タイトル別に高騰パターンを分析!

少し前に書いた記事で、デュエマの『天災デドダム』を引き合いに高騰パターンのお話をしました。

今回の記事は、そこから派生して『各タイトルごとの高騰パターン』と題して、TCG店員歴5年目の筆者が、各TCGの高騰パターンを分析してまとめていきます。

他のTCGタイトルの高騰パターンを後々記事にしていきますので、合わせて一読していただけると幸いです。

ちなみに筆者は・・・?

ちなみに筆者は現在、某リサイクルショップでカードゲームの査定なんかを本業にしています。

なんだかんだでこの業界で5年ぐらい働いてるので、プレイヤーから見た視線とはまた違ったお話ができるかと思います。

文章力は皆無なのですが、最後まで暖かい目で一読してもらえると非常に嬉しいです。

デュエマの高騰パターンは…?

まず「デュエマで高い!」イメージがあるといえばやはりこのカード。

前に書いた記事でも触れた『天災デドダム』でしょうね。

デュエマは、強いカードはとことん高くなる傾向がここ最近特に強いです。

結論:最新カードでも強かったら大高騰する!

前回の遊戯王編で触れましたが、遊戯王はここ最近だと最新弾でも高いカードはそんなに無いことについてお話しました。

デュエル・マスターズの特徴としては遊戯王の真逆で、最新弾のカードでも、強いカードは平気で2000円や3000円、調子のいい時は4000円を超えてきます。

この傾向は遊戯王では見られない動きでしょうね。

デュエル・マスターズは大会の景品が非常に豪華で競技性の強いTCGなので、必然的にユーザーは勝てるデッキ・強いデッキを組む人が他のTCGに比べて非常に多い印象。

とにかく強いカードならば昔のカードでもなんでもとりあえず高騰してしまうのが、デュエル・マスターズの特徴ではないでしょうか?

昔のカードだと、流通量が必然的に少なくなるので高騰具合がどんどん加速していきますね。

ポイントまとめ!
  • デュエマは他のTCGと比べても、強いカードに対する需要が非常に高い。
  • 強ければ昔のカードだろうが、昔のカードだろうがとりあえず高騰する。
  • 最新カードとの組み合わせが発見されて、思わぬ初期カードが高騰する機会も非常に多い。

デュエマのコレクションカードってどんな感じなの?

結論から言ってしまうと、デュエマのコレクション需要は他のTCGに比べてもかなり低い印象。

流通量が1桁台のGP景品でも50万〜100万前後と、他のTCGに比べるとやや弱め。

先ほども述べた通り、デュエマのユーザーは強いカードや強いデッキを作るためにお金を出すユーザーが大多数を占めるため、コレクターが少ない印象。

遊戯王やポケカは世界的なコンテンツなのに対して、デュエマは主に日本国内だけで展開されているのもコレクターの少なさに拍車をかけているのだと思われます。

初期カードは…?

デュエマの初期カードも、市場に需要を見出せているプレイヤーが少ないことから、そんなに高騰することはない印象。

有名所のカードはそれなりにいい値段が付いているのですが、遊戯王やポケカに比べるとかなり弱めな印象。

デュエマの高騰パターンは他と違って強さが値段に直結しやすいTCGなのかもしれませんね。

ポイントまとめ!
  • デュエマのコレクション需要は、他のタイトルに比べるとかなり弱め
  • 初期カードも値段は付くけど、遊戯王やポケカに比べるとどうしても…
  • デュエマは強さが値段に直結してるタイプの高騰が多い。

総括

今回は遊戯王の高騰パターンを深掘りしていきました!

次回はポケカを深掘りしていきますので、よろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました