【TCG店員が語る】タイトル別高騰パターン分析してみた(遊戯王編)

TCG店員コラム

みなさま初めまして、現在「Re」と言う名前でゲーム実況をしている者です。

読み方は「り」って呼んだり「れ」って呼ばれたりしますが公式では「り」推奨です。(不安定)

Re:【やり込み系ゲーム実況者】
まったりと動画投稿していく予定です。 更新頻度に関してはそんな期待しないでね( ;∀;)

本日のブログ記事は・・・

『【TCG店員が語る】タイトル別高騰パターン分析してみた(遊戯王編)』

といった内容で書いていきます。

各タイトル別に高騰パターンを分析!

前回の記事で、デュエマの『天災デドダム』を引き合いに高騰パターンのお話をしました。

今回の記事は、そこから派生して『各タイトルごとの高騰パターン』と題して、TCG店員歴5年目の筆者が、各TCGの高騰パターンを分析してまとめていきます。

他のTCGタイトルの高騰パターンを後々記事にしていきますので、合わせて一読していただけると幸いです。

ちなみに筆者は・・・?

ちなみに筆者は現在、某リサイクルショップでカードゲームの査定なんかを本業にしています。

なんだかんだでこの業界で5年ぐらい働いてるので、プレイヤーから見た視線とはまた違ったお話ができるかと思います。

文章力は皆無なのですが、最後まで暖かい目で一読してもらえると非常に嬉しいです。

遊戯王の高騰パターンは…?

まず「遊戯王カードで高い!」イメージがあるといえばやはり初期カード。

たまに買取に持って来られるお客様で…

遊戯王カードってめちゃくちゃ人気だから初期カードって高いはず!

っと、過度に期待を寄せるお客様をたまに見かけますが、結論から申し上げますと…

筆者Re
筆者Re

値段が付くのって案外少ないっす笑

結論:初期カードで値段が付くのは極々一部

遊戯王の初期カードは高いイメージが世間に浸透しているようですが、実際は期待を上回るような全部が全部が高騰しているとかはそんなにしていない印象。

しかし、『原作人気のある最初期カード』や『レリーフ加工』のカードは年々高騰の動きを見せています。

これらのカード群は、市場の中に「コレクション需要」を見出せたプレイヤーやコレクターが増えて、需要が増えたから起こった高騰でしょう。

一方で、初期カードだからといっても、知名度の低いカードは思ったほどの高騰はしていないのが現状です。

ポイントまとめ!
  • 初期カードだからといって、全部が全部高騰しているわけではない。
  • 『知名度の高いカード』や『レリーフ加工』の初期カードが年々高騰している!
  • 現状『知名度の低いカード』はレアリティが高くてもそんなに高騰していない。

遊戯王の初期コレクターがもう少し増えてくれば、初期カードはまるまる高騰していくと思うので、伸び代があると見ていいのではないでしょうか?

いわゆる「強いカード」って高騰するの?

TCG全体を通してみても、強いカードはみんなが欲しがるので値段が釣り上がる傾向があります。

もちろんこの動きは遊戯王も例外ではないのですが、他のTCGに比べると「めちゃくちゃ顕著に影響が出る!」っとは言い難い印象。

理由としては、遊戯王はデッキタイプの種類が多すぎて、強いデッキを作るとしてもみんながみんな同じカードを欲しがる現象ってそんなに起こらないんですよね。

現状、いろんなデッキに入る『灰流うらら』や『無限泡影』などがありますが、定期的に再録してくれているので600〜700円台をキープしています。

この辺は新規ユーザーに優しいですね。

実は最新のカードもそんなに…

先ほど、遊戯王は「デッキタイプの種類が多すぎて、みんながみんな違うカードを欲しがる」とお話しましたが、その影響を象徴する一つの事例として最新弾の価格についても一言。

遊戯王の最新弾のカードの値段は、意外にも他のTCGに比べるとリーズナブルな印象を受けます。

これも、デッキタイプや選択肢が多くなりすぎて、ユーザー一人一人が同じ特定のカードを欲しがる現象が減ったのだと個人的には思っています。

最近だとどんなに強力なトップレアでも2000円は行かない印象。

強いカードが高騰するタイミングとは…?

しかし、遊戯王もTCGの一つなので、やはり一部の強力カードはたまに大高騰する時があります。

最近だと『ガーデン・ローズ・メイデン』でしょうね。

詳しい高騰経緯はここでは省きますが、このカードが高騰した理由の一つに「流通量の少なさ」が挙げられます。

このカードは”デュエリストパック ーレジェンドデュエリスト編4ー”にて封入されているカードなのですが、それっきり再録などはされていません。

最新弾のカードに値段が付くことは減りましたが、ある一定の時期までくると、再録の少ない強カードから順当にどんどん高騰していくのが、ここ最近の動きでしょうね。

ポイントまとめ!
  • 他のTCGに比べて、強いから値段が釣り上がることがここ最近はあまりない。
  • 最新弾のカードでも、初動1000円が普通。2000円超えることも減ってきた。
  • 初動は低いけど、強くて流通量の少ないカードから順当に高騰していく動きがここ最近の通例。

総括

今回は遊戯王の高騰パターンを深掘りしていきました!

次回はデュエルマスターズを深掘りしていきますので、よろしくお願いします!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました