動画投稿するなら切り抜きが熱い!】切り抜きチャンネルを始めるなら是非知ってほしいこと(デメリット編)

動画投稿

昨今のYouTube界隈で熱いのが”切り抜き”

現在、YouTubeでは再生数や収益が得られやすい”切り抜きチャンネル”を立ち上げる方が数多く見受けられます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2021-06-07-7.44.49-1024x809.png

特にひろゆき氏の動画再生数が、切り抜きチャンネルも含めると2億回再生を突破し、ヒカキン越えをしたことで一気に話題となった印象。

自分も切り抜きチャンネルを始めたい!でもどうすれば…?

”切り抜きチャンネル”は、俗に言うユーチューバーのような編集能力やトーク力を必要としてないので…

読者
読者

自分でもできそう!切り抜きチャンネル始めたい!

そこで今回は、切り抜きチャンネルの始め方や注意点、メリットデメリットなどを記事別で分けて、それぞれ解説していきます。

今回はデメリット編ということなので、切り抜きチャンネルを始めるにあたってのデメリットについて深掘りしていきます。

↓別記事はこちら

切り抜きチャンネルを始めるデメリット

前回の記事では、切り抜きチャンネルを始めるにあたってのデメリットについてまとめました。

今回はその逆で、デメリットについてまとめていきます。

デメリット①大きな収益は得られない

切り抜きチャンネルの仕組み編でもお話ししましたが、基本的に収益は元動画の動画配信者と折半という形になります。

後述しますが、他の切り抜きチャンネルとの差別化も非常に難しいので、『でっかくドカンと再生回数を稼ぐぜ!』ってのは中々ハードルが高いです。

最近は、切り抜き界隈でも露骨なサムネ釣りも増えてきたので、現在の収益に満足していない切り抜きチャンネルも増えてるのかも…

デメリット②他のチャンネルとの差別化が難しい

先ほどのお話に付随する形になりますが、切り抜きチャンネルを始める敷居が非常に低い分、似たようなチャンネルや動画が増えがち。

切り抜きチャンネルも日に日に増え続け、似たような内容の動画が溢れかえる中で、そこから差別化を測って再生回数を増やそうとしても、難しいのが現状。

少し前にビジネス系ユーチューバーたるチャンネルが一気に伸びた時期があったんですが、ビジネス系ユーチューバーも、その性質上、結局はどれも結論は似たようなものばかりになってしまうことから、衰退してしまった背景があります。

おそらく、差別化の難しい”切り抜き”も、いずれビジネス系の様に衰退してしまう気がします。

デメリット③良くも悪くも動画配信者に依存してしまう。

これは既に実例があるのですが…

少し前に動画配信者の”加藤純一”さんが1ヶ月の間『謹慎』してた時期があります。(なぜ謹慎したかは長くなるので割愛します。)

加藤純一切り抜き集
【概要】 加藤純一(junchannel)さん本人から許可を頂き、活動を黙認して頂いているチャンネルです。 チャンネルの収益は毎月、加藤純一さん本人と折半して運営しております。(2018年10月~) 【お知らせ】 ある特定の人物による著作権侵害の虚偽通報(嫌がらせ)がYouTube上で横行しており このチャンネルも...

”加藤純一”さんが1ヶ月の間『謹慎』したことにより、”加藤純一切り抜きチャンネル”は、いきなり動画のネタが無くなってしまうという自体に…

ネームバリューにあやかってチャンネルを伸ばしてる分、動画配信者本人の行動がそのまま切り抜きチャンネルに影響を及ぼしてしまうのが個人的には一番のデメリットのように思えます。

総括

今回は切り抜きチャンネルを始めるにあたってのデメリットをまとめてみました。

次回は、切り抜きチャンネルの差別化方法のアイデアをまとめてみます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました