【動画投稿するなら切り抜きが熱い!】切り抜きチャンネルを始めるなら是非知ってほしいこと(メリット編)

動画投稿

昨今のYouTube界隈で熱いのが”切り抜き”

現在、YouTubeでは再生数や収益が得られやすい”切り抜きチャンネル”を立ち上げる方が数多く見受けられます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2021-06-07-7.44.49-1024x809.png

特にひろゆき氏の動画再生数が、切り抜きチャンネルも含めると2億回再生を突破し、ヒカキン越えをしたことで一気に話題となった印象。

自分も切り抜きチャンネルを始めたい!でもどうすれば…?

”切り抜きチャンネル”は、俗に言うユーチューバーのような編集能力やトーク力を必要としてないので…

読者
読者

自分でもできそう!切り抜きチャンネル始めたい!

このように考えている方が非常に多いかと思います。

そこで今回は、切り抜きチャンネルの始め方や注意点、メリットデメリットなどを記事別で分けて、それぞれ解説していきます。

今回はメリット編ということなので、切り抜きチャンネルを始めるにあたってのメリットについて深掘りしていきます。

↓別記事はこちら

切り抜きチャンネルを始めるメリット

切り抜きチャンネルを始めるメリットは大きく以下の3つ

メリット①最初から強力なネームバリュー

個人的に切り抜きチャンネルを始めるにあたって一番のメリットだと思います。

影響力の高いインフルエンサーのネームバリューを使って、動画投稿していくので再生回数の確保に関しては、0からチャンネルを作る場合よりも比較的楽だと思います。

メリット②収益も通常に比べて安定しやすい

さきほどの再生回数に関して付随する形になりますが、再生回数の確保がしやすいので、その分収益を安定しています。

メリット③編集能力・トーク力が必要ない

切り抜きチャンネルは性質上、元々あった動画をカットして繋げる編集と、テロップを付けて見やすくする編集が大半なので、編集能力があまり必要ないです。

自分が動画に出るわけでもないので、トーク力や見た目に関しても、通常のユーチューバーに比べて敷居はかなり低いです。

”切り抜き動画”に必要な編集技術
  • カット編集
  • テロップ挿入
  • サムネイル作成

この3つだけで大体なんとかなります。

総括

今回は切り抜きチャンネルを始めるにあたってのメリットをまとめてみました。

次回は、切り抜きチャンネルを始めるにあたってのデメリットについてまとめていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました