今話題のリペア構築!”デーモンコマンド型墓地退化”を紹介!

【デュエマ】デッキ解説記事

こんにちは!『Re:(り)』です!

リアルでは所謂”カードショップ店員”として生活しつつ、個人的な趣味で『Re:blog』を運営しています。

当ブログ『Re:blog』では、TCG関連の最新情報や、大会で使われているデッキや安くて長く遊べるデッキを紹介するデッキ解説記事などを投稿しています。

前述した通り、筆者は”カードショップ店員”というわけで、そのキャリアを存分に活かして深い情報を提供できるブログを目指して、日々精進しています。

皆さまのお役に立てるような情報を提供できれば幸いです。

Re
Re

主にデッキ解説記事と高騰情報をまとめた記事を投稿しています!

デッキを作る際や、手持ちのカードを整理する際に参考になれば幸いです!

今回記事で解説するデッキは、”墓地退化”です!

”墓地退化”は先日発表された殿堂入りの思考によって弱体化されましたが、各地でリペアが行われており、実際に結果も残し続けているデッキタイプです!

今回はその中の一つ、『覇王ブラックモナーク』を使ったちょっと変わった”墓地退化”を紹介します!

覇王ブラックモナーク』は攻撃する時に、闇の進化ではないクリーチャーと、闇のクリーチャーを墓地からバトルゾーンに出せる効果を持っています。

元々は、1回目の蘇生で進化元を出し、2回目の蘇生で進化を出して制圧…っといった感じのデザインだと思いますが、今回はこの効果を利用した”デーモン・コマンド型墓地退化”をデッキレシピ付きで解説していきます!


”墓地退化”はこんなデッキ!

①先日発表された殿堂入りの思考によって弱体化されましたが、各地でリペアが行われており、実際に結果も残し続けているデッキタイプ!

②その中の一つ、『覇王ブラックモナーク』を使ったちょっと変わった”墓地退化”が流行中!

③『覇王ブラックモナーク』は攻撃する時に、闇の進化ではないクリーチャーと、闇のクリーチャーを墓地からバトルゾーンに出せる効果を持っている!

”墓地退化”はこんな方におすすめ!

①”墓地退化”を愛用していた方!

②墓地や蘇生を使ったデッキが好きな方!

③動きがシンプルなデッキが好きな方!

当ブログでは、初心者向けに記事を書いていますので、TCG専門用語や、一般的にわかりにくいと思われる呼称などを捕捉しながら進めていきます。

ある程度TCGに精通している中級者・上級者の方からすると読みにくい・長い記事になっていると思います。予めご了承下さい。

デッキレシピ公開

デッキ解説

基本的には既存の”墓地退化”と動かし方は変わりなく、フィニッシャーが『覇王ブラックモナーク』に代用されたイメージで良いかと思います。

今までの”墓地退化”に比べて、『覇王ブラックモナーク』の蘇生先を考慮する必要があるため、『ブラッディ・タイフーン』のような多くの枚数を墓地へ落とせるカードが採用されています。

基本的には序盤から『戦略のD・H アツト』や『氷牙レオポル・ディーネ公/エマージェンシー・タイフーン』を使って墓地を肥やすことが重要です。

上記の『ブラッディ・タイフーン』もガンガン使って墓地に強力な闇クリーチャーを落としていきましょう!

墓地が肥えてきたらいつも通り、コンボパーツを揃えて”退化”を行なっていきます。

”退化”は少しトンチが効いた効果処理を行うので、初心者の方にもわかりやすくがコンセプトの記事なので、ここは少し深掘りしますね。

”退化”に必要なカードは、今回の構築だと『死神術士デスマーチ』と『龍脈術 落城の計』の2枚です。

龍脈術 落城の計』のところは『堕呪 エアヴォ』でも代用できます。

龍脈術 落城の計』や『堕呪 エアヴォ』は、よくある除去効果に見えますが、他とは違ったテキストになっているので、これらのカードじゃないとダメな理由があります。

そのテキストとは”カードを1枚選び”という部分です。

龍脈術 落城の計』や『堕呪 エアヴォ』の効果は、”カードを1枚選び”という書き方になっているので、自分の『死神術士デスマーチ』に打つと、手札に戻るのは『死神術士デスマーチ』1枚のみです。進化元はバトルゾーンに残ります。

いわゆるこの効果は、”カード指定除去”と呼ばれており、よくあるクリーチャー除去とはまた違った効果なので、このような現象が起こります。

ちなみに本来は”ドラグハート・ウェポン”のようなクリーチャーではないカードに対する除去として登場したものらしいです。結果的にこの効果は悪用されましたが…笑

何はともあれ、強力な闇クリーチャーを進化元にした『死神術士デスマーチ』に対して、『龍脈術 落城の計』や『堕呪 エアヴォ』を打つことによって、進化元が場に残るのを利用した一連の流れを”退化”と呼びます。

この”退化”を使って、『覇王ブラックモナーク』を踏み倒して、さらに踏み倒し効果を連鎖させるのが、この”デーモンコマンド型墓地退化”の特徴です!

覇王ブラックモナーク』の踏み倒したあとは、『奈落の葬儀人デス・シュテロン』や『∞龍 ゲンムエンペラー』をさらに踏み倒して試合の主導権を握っていきます。

2回目の蘇生効果では進化クリーチャーも対応しているため、『悪魔神ドルバロム』や『悪魔神バロム・クエイク』も問題なく出すことができます。

これらのフィニッシャーを踏み倒して一気に勝利を目指しましょう!

Re
Re

最後までお読みいただきありがとうございました!

今後もデュエマ、遊戯王を中心にデッキ解説記事、カードの高騰情報をまとめた記事を投稿していきますのでよろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました