大会で大活躍!『ガイアハザード退化』を紹介!

【デュエマ】デッキ解説記事

こんにちは!『Re:(り)』です!

リアルでは所謂”カードショップ店員”として生活しつつ、個人的な趣味で『Re:blog』を運営しています。

当ブログ『Re:blog』では、TCG関連の最新情報や、大会で使われているデッキや安くて長く遊べるデッキを紹介するデッキ解説記事などを投稿しています。

前述した通り、筆者は”カードショップ店員”というわけで、そのキャリアを存分に活かして深い情報を提供できるブログを目指して、日々精進しています。

皆さまのお役に立てるような情報を提供できれば幸いです。

Re
Re

主にデッキ解説記事と高騰情報をまとめた記事を投稿しています!

デッキを作る際や、手持ちのカードを整理する際に参考になれば幸いです!

今回記事で解説するデッキは、大会で大活躍中の”ガイアハザード退化”です!

自然の四君子 ガイアハザード』 SR 自然文明 (11)
クリーチャー:グランセクト/レクスターズ 12000+
マッハファイター
パワード・ブレイカー
相手のクリーチャーが出る時、自分のマナゾーンのカードが相手のより多ければ、相手はかわりにそのクリーチャーをマナゾーンに置く。
自分のマナゾーンにあるカード1枚につき、このクリーチャーのパワーを+1000する。
相手のクリーチャーが攻撃する時、可能ならこのクリーチャーを攻撃する。

自然の四君子 ガイアハザード』は発表当時こそ注目されていなかったものの、発売後に再評価されてじわじわと需要が増しているカードです!

コストが11と高いものの、早期に踏み倒すことができればかなりの制圧力を誇るフィニッシャーカードです!

種族に”レクスターズ”が付いているので『禁断英雄 モモキングダムX』の進化元になることができ、すなわち”モモキングダム退化”で踏み倒すことができるというわけです!

禁断英雄 モモキングダムX』 KGM 闇/火文明[ジョーカーズ] (2)
スター進化クリーチャー:ジョーカーズ/禁断/レクスターズ 99999
禁断スター進化:このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から進化ではないレクスターズが出るまで表向きにし、それをこのクリーチャーの下に置く。その後、山札をシャッフルする。(このクリーチャーが離れる時、かわりに一番上のカードが離れる)
自分の他のレクスターズが出た時、自分の山札の上から1枚目を表向きにしてこのクリーチャーの下に置いてもよい。
このクリーチャーは、カードが6枚以上含まれていなければ、攻撃できず、相手に選ばれない。
このクリーチャーに含まれるカードが6枚になった時、このターン、相手のクリーチャーすべてのパワーを-99999する。
T・ブレイカー

既存の”モモキングダム退化”は”退化”を行ったそのターン中に決着をつけるための構築に寄せてますが、今回フィニッシャーとして採用する『自然の四君子 ガイアハザード』は、圧倒的な制圧力で数ターンかけてじわじわと攻撃していくことになりますので、デッキレシピが既存の”モモキングダム退化”と大きく変わっているのが特徴です!

当ブログでも過去に紹介しましたが、今回は大会で活躍しているガチ仕様の紹介です!

”ガイアハザード退化”はこんなデッキ!

①『禁断英雄 モモキングダムX』の”禁断スター進化”を悪用したコンボデッキ!

②デッキに採用する”レクスターズ”を『自然の四君子 ガイアハザード』のみにすることで確定で踏み倒しが可能!

③『自然の四君子 ガイアハザード』の圧倒的な制圧力で数ターンかけてじわじわと攻撃していく新規軸!

”ガイアハザード退化”はこんな方におすすめ!

①大会に参加してみたい方!

②勝ちにこだわっている方!

③最新の環境デッキを組んでみたい方!

当ブログでは、初心者向けに記事を書いていますので、TCG専門用語や、一般的にわかりにくいと思われる呼称などを捕捉しながら進めていきます。

ある程度TCGに精通している中級者・上級者の方からすると読みにくい・長い記事になっていると思います。予めご了承下さい。

デッキレシピ公開

デッキ解説

まずは大まかなデッキの動かし方を解説し、各カードの採用理由などを後述していきます。

基本的には前からある”モモキングダム退化”や”JO退化”の動きそのまんまですが、制圧力を武器にして戦っていく『自然の四君子 ガイアハザード』を踏み倒す関係上、既存のテンプレレシピとは大きくかけ離れたレシピになっていますね。

何はともあれまずは、『禁断英雄 モモキングダムX』のプレイを目指しましょう。

メインデッキに採用している”レクスターズ”は『自然の四君子 ガイアハザード』のみなので、『禁断英雄 モモキングダムX』をプレイすると確定で進化元が『自然の四君子 ガイアハザード』の『禁断英雄 モモキングダムX』を場に出すことができます。

進化元が『自然の四君子 ガイアハザード』の『禁断英雄 モモキングダムX』を場に出すことができたら、自壊するカードを使って『禁断英雄 モモキングダムX』を除去しましょう。この一連の動きで最速3ターン目に『自然の四君子 ガイアハザード』をバトルゾーンに出すことができます!

今回採用したカードは『禁断英雄 モモキングダムX』を破壊すると2マナ加速が行える『生魂転霊』です。これを使って『自然の四君子 ガイアハザード』を着地させつつ、マナを伸ばして後続に繋げていきます。

生魂転霊』 C 自然文明 (2)
呪文
S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
自分のクリーチャーを1体破壊する。その後、そのクリーチャーが持っていた文明の数だけ、自分の山札の上からカードをマナゾーンに置く。

マナを伸ばした後は、『絶望と反魂と滅殺の決断』や『闘争と成長の決断』、『切札勝太&カツキング -熱血の物語-』に繋げて相手の盤面を処理しつつ『戦武の無限皇 ジャッキー』の着地を目指します。

戦武の無限皇 ジャッキー』は相手の呪文のコストを無限にするので、実質的に呪文を封じることができます。この効果と『自然の四君子 ガイアハザード』のクリーチャーの召喚を無効にする効果を組み合わせて蓋をしていきます。

戦武の無限皇 ジャッキー』の下面である『俺たちの夢は終わらねぇ!」』は”S・トリガー”であり、『切札勝太&カツキング -熱血の物語-』を踏み倒すこともできるため、防御札としても優秀です。

イメージとしては『自然の四君子 ガイアハザード』でロックをかけて、その間に持ち前のカードパワーの高いカードを投げつけて主導権を握っていく感じですね。

絶望と反魂と滅殺の決断』 SR 闇文明 (5)
呪文
この呪文を、自分の墓地から唱えてもよい。そうしたら、唱えた後、墓地に置くかわりに自分の山札の下に置く。
次の中から2回選ぶ。(同じものを選んでもよい)
►相手は自身の手札を1枚選んで捨てる。
►コスト4以下の闇のクリーチャー1体またはコスト4以下の闇のオーラを1枚、自分の墓地から出す。
►相手のクリーチャーを1体選ぶ。このターン、そのクリーチャーのパワーを-4000する。
闘争と成長の決断』 VR 火/自然文明 (5)
呪文
自分のパワー6000以上のクリーチャーがあれば、この呪文を唱えるコストを2少なくする。
次の中から2回選ぶ。(同じものを選んでもよい)
▶自分の山札の上から1枚目をタップしてマナゾーンに置く。
▶自分と相手のクリーチャーを1体ずつ選び、その2体をバトルさせる。
▶クリーチャーではないカードを1枚破壊する。
切札勝太&カツキング -熱血の物語-』 DSR 水/火/自然文明 (5)
クリーチャー:アウトレイジ・ドラゴン/ヒューマノイド 5000+
マッハファイター
このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から5枚を見る。そのうちの1枚を相手に見せてから手札に加え、残りを好きな順で山札の下に置く。こうして見せたカードが火または自然なら、クリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻してもよい。
革命2:自分のシールドが2つ以下なら、自分のシールドゾーンから手札に加えるこのクリーチャーに「S・トリガー」を与える。
革命0:自分のシールドが1つもなければ、このクリーチャーのパワーを+10000し、「スピードアタッカー」と「T・ブレイカー」を与える。
戦武の無限皇 ジャッキー』 P 水文明 (6)
クリーチャー:アウトレイジMAX 6000
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
相手の呪文を唱えるコストは無限のマナを必要とする。

『俺たちの夢は終わらねぇ!」』 P 火文明 (6)
呪文
S・トリガー
コスト8以下のアウトレイジを1体、自分の手札から出してもよい。その後、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。そうしたら、この2体をバトルさせる。

各カードの採用理由

それでは各カードの採用理由を役割別で紹介していきます。

採用カード①メイン

このデッキのメインは『禁断英雄 モモキングダムX』と踏み倒し先の『自然の四君子 ガイアハザード』でしょう。

禁断英雄 モモキングダムX』は何が何でも引きたいカードなので4枚確定、踏み倒し先の『自然の四君子 ガイアハザード』は踏み倒しだけでなく、普通にマナを貯めて出すプランで攻めていくことも考慮して4枚採用です。

採用カード②初動

このデッキの初動は前述した『禁断英雄 モモキングダムX』と『地龍神の魔陣』、『天災 デドダム』の12枚です。また、自壊カードである『生魂転霊』もコンボパーツだけでなく、初動で使うこともあります。

マナを伸ばすというよりも、序盤から終盤にかけて腐りにくいカードを選出していった感じです。

基本的には『禁断英雄 モモキングダムX』、『禁断英雄 モモキングダムX』を引いてない場合は『地龍神の魔陣』か『天災 デドダム』でコンボパーツを探しにいきましょう。

生魂転霊』は基本的には『禁断英雄 モモキングダムX』に打つカードですが、手札と状況次第では『天災 デドダム』に打って3マナブースト、そのまま後述する中コスト域カードに繋げていくこともあります。

これらのカードは枚数を減らしすぎると安定性が下がるため、調整する際は慎重に行った方が良いでしょう。

地龍神の魔陣』 UC 水/自然文明 (2)
呪文
G・ストライク(この呪文を自分のシールドゾーンから手札に加える時、相手に見せ、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。このターン、そのクリーチャーは攻撃できない)
自分の山札の上から3枚を見る。そのうちの1枚を手札に加えるかマナゾーンに置き、残りを好きな順序で山札の下に置く。
天災 デドダム』 P 水/闇/自然文明 (3)
クリーチャー:トリニティ・コマンド/侵略者 3000
このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から3枚を見る。そのうちの1枚を手札に加え、1枚をマナゾーンに置き、残りの1枚を墓地に置く。

採用カード③中コスト域

自然の四君子 ガイアハザード』で蓋をした後や、前述したマナブーストから繋げて制圧していくための枠です。

絶望と反魂と滅殺の決断』『切札勝太&カツキング -熱血の物語-』『戦武の無限皇 ジャッキー』『闘争と成長の決断』の4種類が該当します。

マナブーストから繋げて制圧していくプランで行く場合は、ある程度高いカードパワーがあった方がよいため『絶望と反魂と滅殺の決断』と『切札勝太&カツキング -熱血の物語-』を採用しています。コンボパーツが揃わなかった場合はこれらで戦況を維持していきましょう。

戦武の無限皇 ジャッキー』は前述したフィニッシャーとしての運用だけでなく、普通にマナを貯めてプレイして『自然の四君子 ガイアハザード』の代わりに制圧…っといったこともできますので枚数は多めの3枚です。

自然の四君子 ガイアハザード』や『禁断英雄 モモキングダムX』がバトルゾーンにある場合は『闘争と成長の決断』が3コストで打てるようになるため、非常に強力です。

ここら辺の枠は人によって採用カードや採用枚数が変わってくると思いますので、各々で差し替えていただければと思います。

採用カード③中コスト域

余った枠は完全に調整枠です。

最近のトレンドだと、この枠に『新世界王の思想』『新世界王の権威』『新世界王の闘気』を2枚ずつ採用してサブフィニッシャー兼色合わせとして採用されることが多い模様。

多色が多くなりがちなので、これらの存在は非常にありがたいですね。

最後の枠は『蒼き団長 ドギラゴン剣』を採用しました。

切札勝太&カツキング -熱血の物語-』や『戦武の無限皇 ジャッキー』を踏み倒すことができるので、状況次第ではそのまま勝ちにまで繋げられる切り札的存在ですね。

新世界王の闘気』 KGM 光/闇/自然文明 (マナコストなし)
キング・セル
G・ストライク
このカードを自分の手札からマナゾーンに置いた時、アンタップする。

『Volzeos-Balamord』 KGM 光/水/闇/火/自然文明 (9)
キング・クリーチャー:ディスペクター/ニュー・ワールド・ドラゴン 555555
自分の手札またはマナゾーンに3種のキング・セル《新世界王の権威》《新世界王の思想》《新世界王の闘気》が揃っていれば、合体させ、コストを支払ってこのキング・クリーチャーを召喚してもよい。
エクストラEXライフ(このクリーチャーを出す時、自分の山札の上から2枚をシールド化する。このクリーチャーが離れる時、かわりにそのシールドのうち1つを墓地に置く)
スピードアタッカー
ワールド・ブレイカー
このクリーチャーは、出たターンの間、ブロックされない。
このクリーチャーが攻撃する時、相手は自身の手札をすべて捨てる。
自分が「G・ストライク」を使った時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置き、相手のクリーチャーを1体選んでタップしてもよい。
新世界王の思想』 KGM 水/火/自然文明 (マナコストなし)
キング・セル
G・ストライク
このカードを自分の手札からマナゾーンに置いた時、アンタップする。
新世界王の権威』 KGM 光/闇/火文明 (マナコストなし)
キング・セル
G・ストライク
このカードを自分の手札からマナゾーンに置いた時、アンタップする。
蒼き団長 ドギラゴン剣』 LEG 火/自然文明 (8)
クリーチャー:メガ・コマンド・ドラゴン/革命軍/ハムカツ団 13000
革命チェンジ:火または自然のコスト5以上のドラゴン
T・ブレイカー
自分の多色クリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。
ファイナル革命:このクリーチャーが「革命チェンジ」によって出た時、そのターン中に他の「ファイナル革命」をまだ使っていなければ、コストの合計が6以下になるよう、進化ではない多色クリーチャーを好きな数、自分のマナゾーンまたは手札から選び、出す。
Re
Re

最後までお読みいただきありがとうございました!

今後もデュエマ、遊戯王を中心にデッキ解説記事、カードの高騰情報をまとめた記事を投稿していきますのでよろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました