多色に強いジョーカーズが登場!『ジョリー・ザ・ジョニー Final』を使ったジョーカーズデッキを紹介!

【デュエマ】デッキ解説記事

こんにちは!『Re:(り)』です!

リアルでは所謂”カードショップ店員”として生活しつつ、個人的な趣味で『Re:blog』を運営しています。

当ブログ『Re:blog』では、TCG関連の最新情報や、大会で使われているデッキや安くて長く遊べるデッキを紹介するデッキ解説記事などを投稿しています。

前述した通り、筆者は”カードショップ店員”というわけで、そのキャリアを存分に活かして深い情報を提供できるブログを目指して、日々精進しています。

皆さまのお役に立てるような情報を提供できれば幸いです。

Re
Re

主にデッキ解説記事と高騰情報をまとめた記事を投稿しています!

デッキを作る際や、手持ちのカードを整理する際に参考になれば幸いです!

今回記事で解説するデッキは、『ジョリー・ザ・ジョニー Final』を使った”ジョーカーズ”です!

ジョリー・ザ・ジョニー Final』 SR 無色[ジョーカーズ] (10)
クリーチャー:ジョーカーズ 15000
相手のマナゾーンにある文明1つにつき、このクリーチャーの召喚コストを2少なくする。
このクリーチャーは、出たターン、相手プレイヤーに攻撃できる。
T・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃する時、バトルゾーンまたはマナゾーンに自分のジョーカーズが合計5枚以上あれば、バトルゾーンにある相手のカードを各文明1つずつ選ぶ。相手はそれらのカードを好きな順序で山札の下に置く。

ジョリー・ザ・ジョニー Final』は、コストが10と重いものの、相手のマナゾーンにある文明一つにつき召喚コストを2軽減できるので、2色以上採用していることが多い現環境だと、コストの重さを気にせずに使うことができるカードです!

さらに『ジョリー・ザ・ジョニー Final』の攻撃時に、各文明1つずつのカードを除去することができるので制圧力もかなり高いのも評価されているポイントです!

この除去効果がカード指定なので、クリーチャーだけでなく、”D2フィールド”のようなものも指定できるため、色んなデッキに対して対応することができます!

今回はそんな『ジョリー・ザ・ジョニー Final』を採用した”ジョーカーズ”デッキを、デッキレシピ付きで解説していきます!

”ジョーカーズ”はこんなデッキ!

①『ジョリー・ザ・ジョニー Final』は、コストが10と重いものの、相手のマナゾーンにある文明一つにつき召喚コストを2軽減できるので、2色以上採用していることが多い現環境だと、コストの重さを気にせずに使うことができるカード!

②『ジョリー・ザ・ジョニー Final』の攻撃時に、各文明1つずつのカードを除去することができるので制圧力もかなり高いのも評価されているポイント!

③除去効果がカード指定なので、クリーチャーだけでなく、”D2フィールド”のようなものも指定できるため、色んなデッキに対して対応することが可能!

”ジョーカーズ”はこんな方におすすめ!

①扱いが簡単なデッキを組みたい方!

②周りと違ったデッキを組みたい方!

③守りよりも攻撃重視のデッキが好きな方!

当ブログでは、初心者向けに記事を書いていますので、TCG専門用語や、一般的にわかりにくいと思われる呼称などを捕捉しながら進めていきます。

ある程度TCGに精通している中級者・上級者の方からすると読みにくい・長い記事になっていると思います。予めご了承下さい。

デッキレシピ公開

カード名枚数
ジョジョジョ・ジョーカーズ
チョコっとハウス
ヤッタレマン
パーリ騎士
ポクチンちん
ゼロの裏技ニヤリー・ゲット
勝熱と弾丸と自由の決断
ガヨウ神
破界秘伝ナッシング・ゼロ
ガンバトラーG7
ジョリー・ザ・ジョニー Final

※このデッキレシピは筆者の脳内構築なので欠陥がある場合がございます。

「こんなアイディアがあるんだー」程度で見ていただけると幸いです。

デッキ解説

基本的には前から存在していた”ジョーカーズ”の動かし方とあまり変わりがなく、『ジョリー・ザ・ジョニー Final』を採用したことにより、これまで以上に対応力と攻撃力が増しているのが特徴です。

相手が多色気味のデッキならば『ジョリー・ザ・ジョニー Final』、『ジョリー・ザ・ジョニー Final』の召喚が難しそうなデッキ相手ならば『ガンバトラーG7』と、2枚のフィニッシャーをうまく使い分けていくのが良いでしょう。

どちらも自分のバトルゾーンにジョーカーズを複数枚並べることで真価を発揮するカードなので、序盤から小型ジョーカーズを並べていくのがこのデッキの基本的な動かし方です。

1ターン目から『ジョジョジョ・ジョーカーズ』で『ヤッタレマン』をサーチし、2ターン目に『ヤッタレマン』を召喚していくのが理想的な動きです。

ヤッタレマン』の召喚に成功したら、コスト軽減効果を利用して『チョコっとハウス』や『パーリ騎士』を展開していってバトルゾーンに”ジョーカーズ”を増やしていきましょう。

これらのカードは自分のマナを増やすことができるので、さらに展開していくことが可能になります!

これらのカードで展開していって、前述した『ジョリー・ザ・ジョニー Final』や『ガンバトラーG7』へ繋げてそのまま勝負を決めにいくのがこのデッキの基本的な戦い方です。

また、これらのカードに加え、『破界秘伝ナッシング・ゼロ』を使うことでより確実に勝負を決めることができるので、状況に応じて使い分けていきましょう。

Re
Re

最後までお読みいただきありがとうございました!

今後もデュエマ、遊戯王を中心にデッキ解説記事、カードの高騰情報をまとめた記事を投稿していきますのでよろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました